モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈奥方様は、大事なものを失われるかもしれません〉読書感想:『チンギス紀 第三十回』(小説すばる 2019年 10月号 [雑誌])

ついに、医師に薬師まで合流したテムジン軍。 前回の法律家に続き、着実に国づくりに必要なメンバーが続々登場。 ホント梁山泊みたいになってきた。 ベルグティの病が気になるところだけど・・・ 決戦まで組織としての充実が増していくテムジン軍。 先を見据…

2019年8月読んだ本のまとめ。バイブル・北方大水滸伝読み直しスタート!

お盆を越えて、台風を越えて 気がつけば、音色は夏から秋へ。 風も雲も、季節の変化を自己主張。 ここから、一気に年末へ向かっていくんだろうなあ。 そんな中、8月は一つ大きなことを始めてみた。 北方大水滸伝(読本含めて全51巻)、その読み直しだ。 1日1冊…

〈帝が望む戦をするのが軍人だ〉読書感想:『史記 武帝紀 1 』(時代小説文庫)

北方史記、再読へ。 自らの境遇に屈せず、大いなる夢のために衛青を見出す武帝。 そしてそれに応える衛青。 衛青に(しごきのような)難題を与え、少しずつ実績を積ませる。 そして、地位を高めさせる"育成"要素が、武帝という男のすごさを物語る。 何かを変え…

〈どんなに堅牢でも、破られれば意味が無い〉読書感想:『塞王の楯 第二回』(小説すばる 2019年 9月号 [雑誌])

一つのことを極めなければいけない職人の世界。 でも、知っておかなくちゃいけないこともある。 その道の頂点にたつ(跡を継ぐ)ということの難しさと厳しさ。 それを理屈じゃなく、走ることで感じ取るなんて、男臭い展開だ(笑) 匡介が石と共に走り続ける…

〈俺は、地の果てに行ってみたい〉読書感想:『チンギス紀』 第二十九回(小説すばる 2019年 9月号 [雑誌])

ここ数回は、テムジンVS大連合の予感を漂わせた話しが続いている。 今回は、文字通り決戦前。 両陣営より、年明けの開戦が示唆された。その前の溜めの回だ。 決戦前だからこそ、その先のことを考えていたい。 破壊への渇望から、極めたことがないことを突…

〈おまえがこれから歩くのは、道のない荒野だ〉読書感想;『水滸伝 3 輪舞の章』 (集英社文庫)

本拠地を確保したことで、梁山泊が本格始動。 闇の部隊、補給部隊、そして闇塩の道など、ただの一反乱ではない、明確な革命の姿勢が鮮明になってきた。 そしてさんざんな目にあってきた(涙)楊志が魅せた二竜山奪取! さらには桃花山も開山することで、一気に…

〈「演義」だけではなく「正史」も〉読書感想:『三国志人物外伝 亡国は男の意地の見せ所』 (平凡社新書)

」 再読。 我々が知っている三国志のほとんどは「演義」であるといっても過言ではない。 『正史』(史実版)は意識して目を通さないとなかなかお目にかからない。 だからこそ、本書で紹介された話しがどれも新鮮。 それだけ、『演義』は吟味された内容である…

〈なにやら、心がふるえるな〉読書感想:『水滸伝 2 替天の章』 (集英社文庫)

志を宿した者たちのために、拠ってたつ場所をつくる。 知恵と戦略と人の縁でつかみ取る本拠地奪取計画が「24」のようなドキドキ展開の第二巻 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 梁山塞を王倫から奪取せよ。…