モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

2018年11月読んだ本のまとめ。年間300冊は目の前!

今年ものこり1ヶ月。 おそらく2018年は、のちのち何度も思い出す年になった。 今の時点で(笑) 少なくても長年目標にしていた,年間300冊読破に、もう手が届くのだから。 11月の読書メーター読んだ本の数:30読んだページ数:6103ナイス数:435 もう、「…

【終わるその時まで】読書感想:『三木城合戦記 第三回』(小説すばる 2018年 12月号 [雑誌])

約3ヶ月に一回の連載が続くこの作品。 次第にテイストが大好きになってきて、連載が楽しみ。 少しずつ滅びに進む三木城と、過ちや暗い過去をひきずりながらも懸命に生きる人々の姿。 そのコントラストが胸に染み渡るなあ。 1話からは想像も付かないほど、別…

【研ぎ起こす刃とつながる縁】読書感想:『チンギス紀 第二十回』(小説すばる 2018年 12月号 [雑誌])

「俺は玄翁を倒さないと、前に進めないんだ!」 みたいなテムジンの声が聞こえてきそうな展開(笑) 以前、玄翁軍の偽装部隊に、テムジン軍全軍がそこへ向かい突進して、殲滅した、ということがあったが、あれ、本心だったのか・・・ テムジンの心が、大きな…

【例え、下りゆく世界だとしても】読書感想:下山の思想 (幻冬舎新書)

この本が発売されたのが2011年12月。 当時、確かこの本は話題になり、著者の五木さんはテレビ番組に出演して「下山の思想」について、お話ししていたような気がする。 五木さんは『生きるヒント』など、様々な本を通じて、エネルギーをもらっていた。 だけど…

【たまにはこんな1冊も】読書感想:タイムスリップ信長vs三国志 (講談社ノベルス)

ふと、仮面ライダージオウを思い起こしたよ(笑) それだけ、歴史を変えたらどうなるか、という展開において、想起させる要素が多かったからかな。 信長が三国志の時代に行き しかも孫権になって 魏の曹操や、劉備になりすました未来人と闘う、というぶっ飛…

【本筋より、仏教史コーナーの方が価値高い】読書感想:『異端力――規格外の人物が時代をひらく』(祥伝社新書283)

啓発本の位置づけかもしれないが、この本最大の特徴は日本仏教史。 解釈には是非あるかもしれないが、仏教の変遷とキーマンの解説として、これほどコンパクトにまとまっている本はあまりない。 仏教史・宗教史は日本人の特色もあって、あまり深める機会が無…

2018年読破本 270冊突破越え! 年間読破冊数レコード更新!

昨日、北条氏滅亡と秀吉の策謀 (歴史新書y)を読破。 www.motiongreen.net これで、2018年読破本271冊目。 そして 年間読破数レコード更新! 2012年の270冊という記録が、これまでの最多冊数だった。 7年ぶりの更新だ。 毎年毎年、今年こそは今年こそ…

【勝者の論理で歪められた歴史】読書感想:『北条氏滅亡と秀吉の策謀』 (歴史新書y)

豊臣政権の物量作戦と北条氏の時代齟齬で滅亡したと言われる小田原合戦 そしてその原因・暗愚と言われ続けた北条氏政 果たして、実態はどうだったのか? 史料を徹底分析したことで、その真相を明らかにした1冊。 ある程度定説の正しさを享受しつつも、随所…