モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【改めて問う、あなたの未来構想図】読書感想:『半年だけ働く。』

ちゃんと成果を出して、それでいて毎日出勤しなくてもいい。 タイトルがとてもキャッチーだが、働き方を選んでいいんだよ、と小さく背中を押してくれる1冊だ。 今や、給料や拘束時間など、働く理由の全てを得ようとせず、その中から自分が本当に必要なものの…

【大河ドラマ】西郷どん 37話「江戸無血開城」やはり幕末は「1回1テーマ」が良回になる

先週台風報道で見送りになった37話。 が、プレミアムでの(先行)放送は予定通り流れていたため、観ていた方の感想をのぞいてみると「神回」との評価がちらほら。 西郷どんの中でも重要な回。 さて、どうだろうか。 西郷どん、という大河ドラマは、1話1テー…

2018年9月読んだ本のまとめ。300冊を超えて読破400冊へ・・・

今年も残り3ヶ月。 あの暑さが過ぎて、涼しくなって、周りを振り返ってみて・・・ やっぱり何か足りない。 そんな思いを抱きながら、どうにかこうにか9月を乗り切って。 色々考えた結果、インプットとアウトプットをもう一度見直すことにした。 より根本的に…

【イイ時代とイイ関係】読書感想:『頼朝の武士団 ~将軍・御家人たちと本拠地・鎌倉』 (歴史新書y)

歴史に触れる 歴史に学ぶ。 過去から学べるものは数え切れないほど存在する。 その中で最もイイ時代、それは過渡期と黎明期、混迷期だ。 この三つを一人が全て体験し構築し、次の時代への扉を開いた人は意外と少ない。 特に日本においては、このパラダイムシ…

チンギス紀 単行本第三巻 10/26発売!

まだ現時点でカバー出ていませんが・・・ (小説すばる2018年10月号誌面ではすでに告知されていたのを、読み直して気付く(苦笑)) 大水滸伝時代とは、連載時の文量が異なるため、単行本発刊ペースが遅くなってしまう『チンギス紀』。このペースでいくと年…

【結局、自分を高めることが近道】読書感想:すごい「会話力」 (講談社現代新書)

少し前の本ではあるが、内容はザ・斎藤本。 おそらく、これまで斎藤先生の本読んできた方にはおなじみの内容が多いと思われるだろうが、裏を返せば斎藤メソッドが詰まってる1冊なので、まずはこれから読んで見るのをオススメ。 タイトルには『会話力』とある…

【2018年、残り3ヶ月にして、妙な?ことに挑みます】①ここにきて、読破冊数増やします。

自分で自分の言ってることが理解できませんでした(苦笑) ですが、決めました。 《2018年読破冊数 300冊 → 400冊に増やす!》 つまり、2018年残り3ヶ月で約180冊読破に挑みます。 まあ、無謀だろうな、という理性の声が体の至る所から湧いてきてます(笑) 一応…

【具体的な方法が満載】読書感想:「集中力」を一瞬で引き出す心理学 (青春新書プレイブックス)

集中力を高める方法を紹介されている1冊。 それほど目新しい方法こそ少ないが、ケース別の方法がとても具体的で、実践しやすいものばかり。 中でも注目したいのは、「集中力」を高める=心への働きかけ、というコンセプト。 結局のところ、集中できないのは…