モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈最強の矛、現る!〉読書感想:『塞王の楯』第五回(小説すばる 2019年 12月号 [雑誌])

ついに現れた、最強鉄砲集団・国友衆。 そしてその鬼才・国友彦九郎。 現時点における“最強の矛”。 実績も知名度も匡介よりはるかに上。 そして、先々への需要も、目指す先も・・・ 絶対の戦力があるから戦いは起きづらくなる VS 絶対に落ちない城があるか…

〈よく、眼を開け〉読書感想:『チンギス紀 第三十二回』(小説すばる 2019年 12月号 [雑誌])

草原の覇者をかけた壮絶な戦い、いったんの完結。 丸々合戦パートという、息抜きが全く出来ない回。 しかも、岳飛伝ラストを彷彿とさせる全軍入り乱れての激闘。 第二部(仮)の終わりを告げるにふさわしい戦いの数々だった。 武力で若干勝るジャムカに対し、…

〈始めたなら、終わらせろ〉読書感想:『三木城合戦記 餓鬼と修羅 第6回』(小説すばる 2019年 9月号 [雑誌])

戦国時代、数多ある籠城戦の中でも特に凄惨なものとして取り上げられる三木城攻防戦。 秀吉による、犠牲の少ない戦い方として、一時は勝算の声すら上がっていたこの戦いも、最近では籠城側からの視点も意識されるようになり、その地獄絵図が、完全包囲の残酷…

2019年10月読んだ本のまとめ。読了300冊突破!ラスト2ヶ月でどこまで読めるかな。

あと少しで今年も終わり。 先月、この場に及んで「今年最後の夏日」がまたやってきた(汗) 秋通り越して冬に行きそうな気配があるなあ。 春夏秋冬はどうなっていくのやら・・・ と、いいつつ、あと2ヶ月。 年間読了300冊はすでに突破し、400冊へ向けて、あと…

『チンギス紀』単行本第六巻 11/26発売!

ついに、金国が草原の争いに介入。 これまで友好関係だったタタル族討伐のため、差し出された要請を受けるテムジン。 これにより、タタル族は敗北。金国からの認可を受けたテムジンはケレイト王国・金国との友好関係を確立するが、他諸勢力からの反発をうけ…

2019年読破本 300冊突破!

昨日、『ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 (フェニックスシリーズ)』を読了。 これで、2019年読破本、300冊突破! 昨年は12月に達成したこの記録に、1ヶ月以上早く到達!! きたな。 ここからは、400冊に向けて、ただ読むだけ。 体調を崩さない…

〈なにゆえわしが、街造りを先導せにゃいかんのじゃ〉読書感想:『剛心』 第一回(小説すばる 2019年 11月号 [雑誌])

新連載。 明治十八年東京、官庁集中計画のため、東京の街作りプロジェクトリーダーを勤めた井上馨の物語。 一流と思って頼んでいた外国人建築家が本国ではさほど著名じゃなかった事実とか メンバーが好き勝手言って収拾が付かないとか やるきのなさそーなメ…

〈やれる。三の石垣を守りつつ、甲賀衆を撥ね除けられる〉読書感想:『塞王の楯』 第四回(小説すばる 2019年 11月号 [雑誌])

日野城攻防戦。 戦闘が繰り広げられるなか、防備固める(石垣積む)って、いざその状態になると怖すぎる。 どう考えても無理そうなこの状況。 でも窮地の発想転換シーンは、どの作品でも燃えるな! 石垣(石積み)に関する知識、コツ、実態など、とにかく石垣作…