モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈いったいどうして、こうなってしまったのか?!〉読書感想:『なぜ日本人は学ばなくなったのか』 (講談社現代新書 1943)

日本人は勤勉だ。 というのが外国人からみた日本人の印象、とよく言われていた。 それが変わるかもしれない(既に変わっている?) 斎藤先生にしては珍しく、日本人の良くないところをこれでもか、と挙げ、日本人の総合的なレベルダウンに警鐘を鳴らしている1…

〈「運」を迎えられる「徳」の積み重ね〉読書感想:『島田秀平が3万人の手相を見てわかった! 「強運」の鍛え方』 (SB新書)

ここ最近、「運」に関する本を読んでいる。 非科学的と言われながら、どこか「運」に僕は可能性を感じているからだ。 だけど、読んできた本の中で、著者は研究や分析の結果、いずれも「運」の偶発性を否定してきた。 「運」の良い人は、そう見えるに足りるこ…

2019年3月読んだ本のまとめ。新年号発表、さあ、さらなる高みへ。

新年号が発表された。 令和。 万葉集から用いられたその言葉。 まだ慣れないけど、しばらくしたら今までと違う感じで響きそうだ。 元号を楽しんで(ワクワクして)待つ。 こういう機会に恵まれるとは・・・ 外側が変わってくれた。 だから、僕たちも変わらな…

〈再読:好きなように人生をブリコラージュするために〉読書感想:『野の医者は笑う: 心の治療とは何か?』

最近、近視眼的な目線を先へ向けたい、と思っている。 目の前の人が喜べば、自分が満たされれば、それが一番。 そう思っていた。 実感が湧かない日々が続いたから、余計そう思ったのだろう。 先々のために、未来のために。 その考えは間違っていないと思うの…

〈生き様を変える惨劇〉読書感想:『チンギス紀 四 遠雷』

前半はテムジン・ジャムカの英傑乱舞と国家間闘争 後半はテムジンの父・イエスゲイの死の謎と玄翁との決戦前夜がメイン。 www.motiongreen.net www.motiongreen.net www.motiongreen.net www.motiongreen.net www.motiongreen.net 看破できない存在となって…

〈接待は辛いよ?〉読書感想:『秀吉の接待―毛利輝元上洛日記を読み解く』 (学研新書)

織田信長から豊臣秀吉へ。 ときは戦国時代末期、戦乱の世はまもなく終わろうとしていた。 そして、それは大名の役割が変わることを意味していた。 統一の権力者が現れたとき、各地の大名の役割は領地を拡げることではなく、その権力者との関係を作ることへと…

〈「十年」で紡がれた作品達〉読書感想:『十年交差点』 (新潮文庫nex)

解説によると「十年」という共通テーマで、各作家が作り上げた物語。 その短編集、ということで、「十年」以外の設定はかなりバラバラ。正直「十年」ちょっと後付けじゃない?と思う作品もあるが、そこらへんも含めて、まさにアンソロジーという感じだ。 後…

〈改めて問う、ニュータイプとは何だったのか?〉読書感想『機動戦士ガンダムUC (11) 不死鳥狩り』 (角川コミックス・エース 189-13)

再読。 ガンダムNT(ナラティブ)を観て、読んだら、やはりもう一度読まなければ。 この“語り直し”を終えることが出来ない。 (終えられるかどうか、そもそも分からないけど) 【早期購入特典あり】機動戦士ガンダムNT (特装限定版) (アニメーションキャラクタ…