モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

るろうに剣心

〈敵の名は剣客兵器〉読書(マンガ・コミック)感想:『るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2巻』 (ジャンプコミックス)

なんで剣心青色? おかげでこの本見つけづらかったじゃないか(苦笑) さて、ひょんなことから左之助が合流し、剣心組が再びにぎやかに。 だけど、薫のお父さんを探すだけではやはり済まない北海道・函館。 斎藤をも打ち破った今回の敵。 今のところさっぱり強…

【僕たちが、あの結末以外の道へたどり着くために】読書感想:『るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 1 』(ジャンプコミックス)

色々ありながらも(苦笑)剣心がまた帰ってきた。 構想途中で見送られた北海道編がついに開幕・・・感慨深い。 なんといっても、当時の我々(連載・アニメ・OVAをリアルタイムで見ていた世代)からすると、本編の続編は、るろうに剣心 追憶編になってしまう。 こ…

【2014年読破本202】るろうに剣心 裏幕─炎を統べる─ (ジャンプコミックス)

るろ剣スピンオフ作品。 このお方、表紙で見ると、久しぶりに関わらず圧倒的な存在感。 そう、劇場版に合わせて(?)かえってきた志々雄真実だ。 マンガ+小説という変わった形式ながらも、読めば読むほど和月さんの中で志々雄像が本当に明確な形で創ること…

【2014年読破本140】るろうに剣心 京都大火編 (JUMP j BOOKS)

大ヒット中の実写るろ剣の前編を小説化。 映画のストーリーを主軸にして、原作を程よくミックスした内容。 言うまでもないのだが、映画本編のネタバレ満載なので、映画観てから読むのがオススメ。 ちなみに映画での各シーンについて、結構解説してくれている…

【2012年読破本183】るろうに剣心 ─銀幕草紙変─ (JUMP j BOOKS)

和月さんと二人三脚な黒崎さんが描く、キネマ版のるろ剣小説。 実写映画の脚本用に書かれたものが基になっているところは、マンガのキネマ版同様(ただ刃衛の掌の設定など、どちらかというとマンガの方が内容・展開は近い) 剣心が神谷道場(薫)に「ただいま」…