モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

カンピオーネ!

【2012年読破本246】カンピオーネ! 9 女神再び (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

ビジュアル変わった?第九巻。 こんな形でアテナ戻ってきて、いなくなるとは・・・ この世界では、神は時を経ればいくらでも復活しそうな気配があるので、また出てくることを期待。 今巻では(おそらくどのメンバーよりも)アテナがヒロインしていただけに(笑)…

【2012年読破本240】カンピオーネ! 8 受難の魔王たち (集英社スーパーダッシュ文庫)

短編集。 護堂の日常って切り取ると、ホントに受難というか、うらやましいというか(苦笑) 日々他の人のために時間を費やせるって、男からするとイイ奴で友達になりたくなる。女性の影が無ければ(苦笑) そして本巻は護堂以外の魔王をメインにした短編も収…

【2012年読破本234】カンピオーネ! 7 斉天大聖 (集英社スーパーダッシュ文庫)

ついにハーレム完成(爆) そして 味方はもちろん神殺しすら心服?させる護堂の漢レベルが爆上げしている(苦笑) あれか、 この作品は護堂が全ての神殺しを心服させ、神殺しof神殺しになる物語だったのか! と 途中まで本気で考えていたよ(爆) それにして…

【2012年読破本230】カンピオーネ! 6 神山飛鳳 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

孫悟空って神なんだ?! この一点が引っかかり続けてしまった第6巻(笑) 前半は相変わらず、ヒロインにモテモテな護堂。 後半も相変わらず次々と神殺しに巻き込まれていくことになっている(苦笑) だけど、ここのところ同業種・カンピオーネとばかり闘ってな…

【2012年読破本227】カンピオーネ! 5 剣の巫女 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

ヒロイン4人目登場。 キャラを被りそうで被らせてこない設定妙技は流石としかいいようがない。 ここまでは比較的理性的な女性ばかりだったところに、現れたのは野生&天然(笑) 立ち振る舞いみるとライバル(敵っぽい)雰囲気なのだけど、はじめから護堂に侍る…

【2012年読破本226】カンピオーネ! 4 英雄と王 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

カンピオーネ!〈4〉英雄と王 (集英社スーパーダッシュ文庫) 作者: 丈月城,シコルスキー 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2009/07/01 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 31回 この商品を含むブログ (26件) を見る 今巻の相手は英雄ペルセウス。 さらに、ア…

【2012年読破本224】カンピオーネ! 3 はじまりの物語 (集英社スーパーダッシュ文庫)

物語は遡り、語られるこの物語のエピソード1。 といっても実は、ドニと護堂との奇妙な友情(?)の始まりや、エリカがなぜ護堂にここまでの想いを抱くようになったのか、までは語られず、どうやらさらに続きがありそう。これはどこかで語られる・・・んだよ…

【2012年読破本220】カンピオーネ!〈2〉 (集英社スーパーダッシュ文庫 た 9-2)

2巻からは、いよいよ巫女さん・万里谷が本格参戦。 浮き世離れした正妻と、‘愛人’エリカの取り合わせは、ベタ(というか王道?)だけど破壊力あるなあ(笑) そして、早くもカンピオーネ同士の戦いが勃発。 この作品において(まあ、この作品じゃなくても)カンピ…

【2012年読破本219】カンピオーネ! 神はまつろわず (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

神を殺した者「カンピオーネ」草薙護堂とその騎士(自称愛人)エリカ・ブランデッリが実現した他の神々と闘うという、何とも実感の湧かないとんでも物語。 物語は護堂が既に「カンピオーネ」となっているところから始まるため、この巻が一巻だという実感が最後まで…