モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

フルメタル・パニック!アナザー

【2014年読破本152】フルメタル・パニック! アナザー (8) (富士見ファンタジア文庫)

数巻前のことを思うと別作品かと思うほど状況が変化してきた。 もはや日常など見えることはなく、しかも敗北エンドで終わるこのやるせなさ(苦笑) 一応、ギャグタッチの場面はあるし、ほのぼのとしたシーンもあるのだけど、根っこに横たわるのは“非日常”と“後…

【2013年読破本199】フルメタル・パニック! アナザー6 (富士見ファンタジア文庫)

著者コメントでいくと、アナザーは今巻から第二部に突入だとか。 確かに人の生死がついにタツヤの目の前まで迫ってきた。 もはや兼業なんて言ってられない状況に。 菊乃とのロマンス?はどこへいくのやら、と思っていたら、こんな重たい展開になるとは・・・…

【2013年読破本27】フルメタル・パニック! アナザー5 ブレイズ・レイヴン二号機(ROBOT魂)付限定版 (グッズ付書籍)

本格的な非日常が近づいていることを予感させる第五巻。 ここまで来るとスピンオフなんて世迷い言だよ、と制作側から突きつけてこられた気分になってきた(苦笑) タツヤの葛藤は、いよいよ自分の感覚と日常の空気が乖離してきて、いやーな展開へ。どんどん…

【2012年読破本171】フルメタル・パニック! アナザー4 (富士見ファンタジア文庫)

前巻あたりから臭わせられていた“非日常”が達哉に迫ってくる第4巻。 そしてユースフに突きつけられる現実、 リーナに突きつけられる因縁と、ライバル?との激闘。 まだまだゆるいシーンも多いので、鬱展開序の口くらいだけど、どうやら陰謀やら因縁やら、色…

【2012年読破本53】フルメタル・パニック! アナザー3 (富士見ファンタジア文庫)

見た目キザなライバルキャラか、と思いきや・・・ (やや)浮き世離れした王子とは(笑) ユースフとサミーラ、これまでにない取り合わせで、達哉たちの周辺も賑やかになってきた。 それにしてもアナザーは日常と非日常(DOMS)を巻内で消化していて、そ…

【2011年読破本223】フルメタル・パニック! アナザー2(富士見ファンタジア文庫)

前巻よりもぐっとおもしろくなってきた! 日常側のキャラも登場したことで、世界観が拡がってきたのが大きいなあ。 学園パートと軍隊パートのギャップが今のところはいいバランス(今後はいい意味で崩れてほしい) マニアックバリエーション機体の登場 そし…

【2011年読破本139】フルメタル・パニック! アナザー1

フルメタスピンオフ第1巻。 当初は宗介らが出てこない世界観には不安もあったが、思った以上にしっかりした作りでツボを抑えてある! (フルメタ本編のキャラも数人登場してるのもうれしい。特にマオとクルツのバツサンは大笑いした) まだまだ深まっていき…