モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

我間乱~GAMARAN~

【この決戦が俺達の因縁の最終章だ!!】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(11)』 (講談社コミックス)

修行から1年。 レベルアップした一同の力強さが堪能できたと思ったら、まさかのラスボスご一行がやってくるという、イベント盛りだくさんの巻。 驚くべきは、陣介にたどり着くまでの戦いで、さらにレベルアップするぞ、と大亀流が意気込んでいること。 あん…

【一年後だ。一年後全てに決着をつけよう】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(10)』 (講談社コミックス)

前巻から引き続きの修行編。 パワーアップ=必殺技!という落としどころに頼ることなく、その根本である体の動かし方(自己理解)に進化の鍵を持たせるという切り口。 これがこの作品をリアル(っぽい)バトル漫画という立ち位置を作ったといっても過言じゃ…

【・・・強くなりたい】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(9)』 (講談社コミックス)

敗北からの修行編。 「我間乱」がおもしろいのは、とにかく体の動かし方や使い方への視点を、技や動きの前提にしていること。 リアルであり、どこか身近だ。 かつて連載時に夢中になって読んでいたのは、おそらくこの要素があったからだと、今にして思う。 …

【お前達の負けだ】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(8)』 (講談社コミックス)

バトルものでは一度は通らなければならない、惨敗の時。 我間はともかく、善丸は家(一ノ瀬流)と大亀流、二つの使命を背負っているとは・・・ この巻で善丸が一気に主人公ムーブしてきたような気がする(笑) 我間敗北は想定できていたとはいえ、(一度見ら…

【大亀流が“海原"最強の流派だ!】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(7)』 (講談社コミックス)

一つの場所で、一つの技を極めることは尊い。 でも、色んな場所を渡り歩いて、己の幅を拡げる磨き方は、また違った輝きをみせる。 我間みたいな純粋大亀流が最高とは限らない。 今、大亀流の看板背負うほど、この流派にいようと思えるほどの魅力があるに違い…

【全てはこの剣に!】読書感想:『我間乱~GAMARAN~』(6) (講談社コミックス)

毎度思うが、この手のバトルマンガは、最初こそ技の応酬だけど、最終的には一撃必殺という、真剣勝負の本質に焦点が当たる。 今回の水龍型も確かに変幻の技だけど、一度見たら次は決まらないという展開が濃厚(まだ大技ではないけれど) 二階堂はテクニック系…

【進む道を迷っている暇はない】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(5)』 (講談社コミックス)

バトル漫画は相手がドンドン強敵にならないとおもしろみが半減する。 だからといって、強さの上限をある程度決めておかないとインフレが起きる。 強敵が現る→破れる→修行する(対策が見つかる)→強敵を倒す→さらなる強敵が現る。 基本的には、これの繰り返しに…

【大亀流集結!】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(4)』 (講談社コミックス)

伊織、真さん、そして善丸が本格参戦。 特にジョーカー・伊織は何度見ても「敵じゃないか」と身構えてしまう怖さがあるなあ。 まだ四巻だけど、速くも我間はパワーアップパートに入ったし、大仕合はいよいよすさまじい戦いの予感・・・ それにしてもこの巻は…

【俺は本当のお前とやりたかったよ】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(3)』 (講談社コミックス)

我間の次の敵は掌打の武芸者たち。 だけど力を追い求めるあまり、作り上げた“傑作”がなんとも哀れな奴で・・・ ただ強くなるために、大事なモノを切り捨てず、売り渡たさず。 この手のバトルマンガやガンダムでよくある人工の強さが生み出す悲劇。 突き詰め…

【我間VS飛び道具】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(2)』 (講談社コミックス)

引き続き我間の激闘。 もっと色々な技がありそうなのに、潜在能力と土壇場のエネルギーで死地を乗り切る我間がすごすぎる。 そして話ごとの区切り(終わり方)が結構しっかりしていて驚く。昔連載で読んでいたのも、この“引き”がツボだったのかもなあ。 それに…

【この作品とは、10年ぶりの再会】読書感想:『我間乱~GAMARAN~(1)』 (講談社コミックス)

連載当時は結構楽しみに読んでいた作品 (調べてみたら10年以上前だった!) 未だに覚えていると言うことは、相当記憶に残るなにかがあったのだろう。 それを確かめるため(ホントは久々に読みたくなったため) 久々に手に取った。 今さらながらこの作品、第…