モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

読書感想

【終わるその時まで】読書感想:『三木城合戦記 第三回』(小説すばる 2018年 12月号 [雑誌])

約3ヶ月に一回の連載が続くこの作品。 次第にテイストが大好きになってきて、連載が楽しみ。 少しずつ滅びに進む三木城と、過ちや暗い過去をひきずりながらも懸命に生きる人々の姿。 そのコントラストが胸に染み渡るなあ。 1話からは想像も付かないほど、別…

【研ぎ起こす刃とつながる縁】読書感想:『チンギス紀 第二十回』(小説すばる 2018年 12月号 [雑誌])

「俺は玄翁を倒さないと、前に進めないんだ!」 みたいなテムジンの声が聞こえてきそうな展開(笑) 以前、玄翁軍の偽装部隊に、テムジン軍全軍がそこへ向かい突進して、殲滅した、ということがあったが、あれ、本心だったのか・・・ テムジンの心が、大きな…

【たまにはこんな1冊も】読書感想:タイムスリップ信長vs三国志 (講談社ノベルス)

ふと、仮面ライダージオウを思い起こしたよ(笑) それだけ、歴史を変えたらどうなるか、という展開において、想起させる要素が多かったからかな。 信長が三国志の時代に行き しかも孫権になって 魏の曹操や、劉備になりすました未来人と闘う、というぶっ飛…

2018年読破本 270冊突破越え! 年間読破冊数レコード更新!

昨日、北条氏滅亡と秀吉の策謀 (歴史新書y)を読破。 www.motiongreen.net これで、2018年読破本271冊目。 そして 年間読破数レコード更新! 2012年の270冊という記録が、これまでの最多冊数だった。 7年ぶりの更新だ。 毎年毎年、今年こそは今年こそ…

【勝者の論理で歪められた歴史】読書感想:『北条氏滅亡と秀吉の策謀』 (歴史新書y)

豊臣政権の物量作戦と北条氏の時代齟齬で滅亡したと言われる小田原合戦 そしてその原因・暗愚と言われ続けた北条氏政 果たして、実態はどうだったのか? 史料を徹底分析したことで、その真相を明らかにした1冊。 ある程度定説の正しさを享受しつつも、随所…

【解き放つことに通じる教え】読書感想:『伝説の灘校国語教師の「学問のすすめ」』 (PHP文庫)

再読。 京都ひとり旅のお供に、なぜかこの本を選んだ。 他にも積ん読本が溜まっている中ではあるが、何か感じるところがあったのだろう。 ほんの少し前にも関わらず覚えていないのは大きな問題だが(笑) そして、賀茂川のそばで、川の音を聞きながら、この…

【その目に見えた、価値と勝ち】読書感想:『かちがらす: 幕末を読みきった男』

薩長土肥 幕末の雄藩を指す言葉。 その中で末尾に名前が載りながら、その実力は四藩の中で最も高い水準を秘めておきながら、表に出てこなかった藩・肥前佐賀。 当時、日本で最も進んだ国でありながら、変革の先導を歩まなかったのはなぜか。 その佐賀藩の藩…

2018年10月読んだ本のまとめ。人生初、月間読破30冊越え!それでも遠い400冊

毎月言っている気がするが、 月日が過ぎるのは早い。 もうあと2ヶ月。 年末に向けて忙しくなる時期。 「今年は○○だったなあ」なんてぼやきがでる人もいるかもしれない。 が 先月「年間400冊読破」を目標に掲げてしまった自分。 ここにきて 追い込み時期(苦…

【自分が闘う、未来のために】読書感想:孤独を怖れない力 (青春新書インテリジェンス)

2018年日本シリーズ。 球団初?の下克上を果たすため、ソフトバンクが3位から駆け上がる姿を見て、本書を再読。 まあ、感想自体は1回目と変わらないんだけど(苦笑) でも、選手として、1人の人間として、きっちり自分の中の思考を深め、それを実践してき…

2018年読破本 250冊突破越え!

昨日、第三の陰武者 2巻を読破。 これで、2018年読破本250冊越え達成! おそらく来月初旬には、年間読破数レコード(ここ6~7年通じて)更新になる見込み。 年間300冊越えは、もう見えたな。 でも 400冊は・・・ 結構遠いな(爆) でも、決めてやって…

【父の死の真相】読書感想:『チンギス紀 第十九回』(小説すばる 2018年 11月号 [雑誌])

予想していた玄翁との決戦はお預け。 決戦前にはっきりさせておきたかった、父の死の真相。 なんだか、玄翁との戦い前に高ぶりすぎじゃないか?と思うほど、テムジンは狂気を隠さなくなったな。 死の真相、というと、岳飛伝でも、楊令の暗殺の真相を追う、と…

【ネタだけど本質、シャレにならないけど真相?】読書感想:テレビじゃ言えない (小学館新書)

タイトル通り。 それ、言えない(爆) 持ち上げてはいない。 本当に、それは言えない、な話が満載。 まあ、最後の方は、自分から言えないことばっかり寄せている始末(苦笑) でも、 話しをきちんと読んでいくと、本質突いていることが多いのは、さすがビー…

【戦国時代ファンなら知っておくべき】読書感想:戦国北条記 (PHP文芸文庫)

『伊東潤の読書会』が近いこともあって、改めて読んでみる後北条家の歴史。 武田家や上杉家と比べると、どうしても目立たない大名。 一方で、司馬遼太郎以来、研究が進んで通説が覆った、いまアツい大名。 争乱が続く東海~関東において、後北条家はいかにし…

【改めて問う、あなたの未来構想図】読書感想:『半年だけ働く。』

ちゃんと成果を出して、それでいて毎日出勤しなくてもいい。 タイトルがとてもキャッチーだが、働き方を選んでいいんだよ、と小さく背中を押してくれる1冊だ。 今や、給料や拘束時間など、働く理由の全てを得ようとせず、その中から自分が本当に必要なものの…

【ジワジワ忍び寄る滅びの時】読書感想:武田家滅亡 (角川文庫)

伊東さんの読書会に向けて久々に読んだ(よくよく考えたら、文庫版読んだの初めてかも) 今さらながら、ものすごい分厚い文庫本だなあ。 600ページ越えという、まさに歴史小説の中でも屈指のボリュームだ(笑) タイトル通り、信玄亡き後、長篠で多くの重臣…

【今見える世界より、願った世界へいこう】読者感想:『99%の会社はいらない』 (ベスト新書)

タイトルがちょっとピント外れな1冊。 確かに内容とリンクしてはいるが、社会的な会社の存在の否定じゃなく、個人の働き方や見直し方を説いているので、それほど挑戦的な話しにはなっていない。 ホリエモンの書籍久々に読むけど、読んで改めて思う。 彼は欲…

【世界は、失敗すら実践させる】読書感想:世界のエリートの「失敗力」 (PHPビジネス新書)

まさに失敗談が満載の1冊。 正直、失敗談多すぎる位なのだが、まるで失敗を誘発するかのような海外のスクールや企業の取り組みが、大きな懐のある文化を感じさせる。 そう思えば日本はどことなく窮屈だなあ。 取り上げているのが世界の一流企業なだけに、失…

2018年9月読んだ本のまとめ。300冊を超えて読破400冊へ・・・

今年も残り3ヶ月。 あの暑さが過ぎて、涼しくなって、周りを振り返ってみて・・・ やっぱり何か足りない。 そんな思いを抱きながら、どうにかこうにか9月を乗り切って。 色々考えた結果、インプットとアウトプットをもう一度見直すことにした。 より根本的に…

【イイ時代とイイ関係】読書感想:『頼朝の武士団 ~将軍・御家人たちと本拠地・鎌倉』 (歴史新書y)

歴史に触れる 歴史に学ぶ。 過去から学べるものは数え切れないほど存在する。 その中で最もイイ時代、それは過渡期と黎明期、混迷期だ。 この三つを一人が全て体験し構築し、次の時代への扉を開いた人は意外と少ない。 特に日本においては、このパラダイムシ…

【結局、自分を高めることが近道】読書感想:すごい「会話力」 (講談社現代新書)

少し前の本ではあるが、内容はザ・斎藤本。 おそらく、これまで斎藤先生の本読んできた方にはおなじみの内容が多いと思われるだろうが、裏を返せば斎藤メソッドが詰まってる1冊なので、まずはこれから読んで見るのをオススメ。 タイトルには『会話力』とある…

【2018年、残り3ヶ月にして、妙な?ことに挑みます】①ここにきて、読破冊数増やします。

自分で自分の言ってることが理解できませんでした(苦笑) ですが、決めました。 《2018年読破冊数 300冊 → 400冊に増やす!》 つまり、2018年残り3ヶ月で約180冊読破に挑みます。 まあ、無謀だろうな、という理性の声が体の至る所から湧いてきてます(笑) 一応…

【具体的な方法が満載】読書感想:「集中力」を一瞬で引き出す心理学 (青春新書プレイブックス)

集中力を高める方法を紹介されている1冊。 それほど目新しい方法こそ少ないが、ケース別の方法がとても具体的で、実践しやすいものばかり。 中でも注目したいのは、「集中力」を高める=心への働きかけ、というコンセプト。 結局のところ、集中できないのは…

【騙されてはいけない】読書感想:『「できる人」という幻想 4つの強迫観念を乗り越える』 (NHK出版新書)に隠された“劇薬”

若者を脅迫する社会、「できる人にならなくては」という幻想に、少しでもブレーキをかけることができたらと思っている。 『はじめに』に書かれたこの一文に、この本の意義が詰まっている。 苦しんできた方々には、勇気が高まる1冊だろう。 でも、この本を読…

【そのエネルギーを、感じ取れますか?】読書感想:『佐藤可士和さん、仕事って楽しいですか?』 (宣伝会議)

商品だけではなく、そのブランドや企業そのものまでデザインする。 一昔前なら存在すら享受されなかった、新しいクリエイター・佐藤可士和さん。 今やこの方の肩書き(というか概念)が新たな職業の魁となったもんなあ。 そんな可士和へのQ&Aを書籍化。 セ…

【金国、草原への進出か】読書感想:『チンギス紀 第十八回』(小説すばる 2018年 10月号 [雑誌])次回、テムジンVS玄翁 雪辱戦の予感?

あの森林での大虐殺の余波が大きすぎる。 なんせ実行したトクトア自身が残影引きずってる。 鮮やかに勝ちすぎても良くないんだろうなあ。 優勢だったケレイト王国の敗走によって、モンゴル民族同士の戦いは再び混沌の中へ。 そして、ついに、金国が、動く。 …

【言われる側は大変だ】読書感想:『世田谷代官が見た幕末の江戸 日記が語るもう一つの維新』( 角川SSC新書)

世田谷が井伊家の飛び地 飛び地が江戸の食料・軍事基地、 などなど、知らなかったことが次々と飛び出してきた。 代官・大場家の苦労が忍ばれる内容が書かれており、いつの世も言われる側は大変だ(涙) この手の本読むと、つくづく、記録って大切だ、と実感…

【家族の幸せよりも武士の幸せを優先した夫婦の物語】読書感想:修羅の都 

作家・伊東潤はちょくちょくこの言葉を使う。 『リーダビリティ』 わかるようなわからないような言葉だが、要するに読みやすさ、読み応え、読了感のよさ、ということらしい。 実際、御本人は単行本の文庫化に際して、校正を行い、より『リーダビリティ』を高…

【僕たちが、あの結末以外の道へたどり着くために】読書感想:『るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 1 』(ジャンプコミックス)

色々ありながらも(苦笑)剣心がまた帰ってきた。 構想途中で見送られた北海道編がついに開幕・・・感慨深い。 なんといっても、当時の我々(連載・アニメ・OVAをリアルタイムで見ていた世代)からすると、本編の続編は、るろうに剣心 追憶編になってしまう。 こ…

【過去を、未来を切り開く国家プロジェクト!】読書感想:『平城京』 

表紙を見たとき、その幻想的な色彩に目を奪われた。 でかでかと書かれたタイトル『平城京』と、その色合いは、自分の中で奇妙な感動を生んでいた。 イメージしていた平城京は、もっとモノクロだったから。 (ホント、勝手な思い込みと知らなきゃいけないんだ…

【僕たちが知るべき東京(江戸)】読書感想:川と掘割“20の跡"を辿る江戸東京歴史散歩 (PHP新書)

気がつけば、東京五輪まで2年を切った。 多々問題を抱えながらも、準備は着実に進んでいるらしい。 なんだかんだ言いながら言われながら、この五輪があったから、ここを目標に、多くの選手や人々が躍動している。徐々に、楽しみが膨らんできているのが素直…