モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

読書感想(歴史)

【note更新】大水滸伝:チンギス紀 第三回

待たれる英傑、見聞を拡げる。 待つ者、その場所を、誇りを胸に立ちふさがる。 note.mu いまさらながら、この「チンギス紀」大水滸伝の連載時よりページ数(文字数)少ないんだな。 ということは、まだ単行本化へは遠い、かも。 連載時と同じ文字数まで進んで…

【記録・雑記】足音~starting over~ 2/29

◆本日の読破本 真田幸村は生きていた! (PHP文庫)posted with ヨメレバ 作者:川口 素生出版社:PHP研究所発売日: 2016-02-03Amazonで検索Kindleで検索楽天ブックスで検索7netで検索hontoで検索 ◆真田丸 第8回の視聴率は17.1% BSプレミアムの平均視聴率は4…

【記録・雑記】足音~starting over~ 2/17

◆本日の読破本 蒼き信長〈下〉 (新潮文庫)posted with ヨメレバ安部 龍太郎 新潮社 2012-11-28Amazonで調べる

【2015年読破本226】岳飛伝 第四十九回(小説すばる 2015年 12月号 [雑誌])

ついに、あと三話 小説すばる 2015年 12 月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink この壮大な物語も、この十六巻収録分で完結(御大が新潮コラムで発言) そう思うと、一つ一つが何か大きな、そしてその先へつながる意味を持ってくる気がする。 ◆史進帰還 …

【2015年読破本207】決戦!大坂城

前作と比べると、少し物足りないか・・・ 決戦!大坂城 葉室 麟,冲方 丁,伊東 潤,天野 純希,富樫 倫太郎,乾 緑郎,木下 昌輝講談社 売り上げランキング : 35026Amazonで詳しく見る by AZlink 一線で活躍する歴史小説家による「特定のテーマ」の元に執筆された…

【2015年読破本207】決戦!大坂城

前作と比べると、少し物足りないか・・・ 決戦!大坂城 葉室 麟,冲方 丁,伊東 潤,天野 純希,富樫 倫太郎,乾 緑郎,木下 昌輝講談社 売り上げランキング : 35026Amazonで詳しく見る by AZlink 一線で活躍する歴史小説家による「特定のテーマ」の元に執筆された…

【2015年読破本201】岳飛伝 第四十八回(小説すばる 2015年 11月号 [雑誌])

武人の時代が終わった。 小説すばる 2015年 11 月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink もしかしたら、あの無敵の楊令が死んだときから、岳飛が一度“死んだ”ときから、もう決まっていたのかもしれない。 水滸伝初期のような、一騎当千の戦士が戦況を一変…

【2015年読破本178】岳飛伝 第四十七回(小説すばる 2015年 10月号 [雑誌])

いきなり二人 戦死 暗澹となる(涙) 小説すばる 2015年 10 月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink まあ、承前だから、実際に単行本になれば印象変わるんだろうが・・・連載で読むと悪い意味で出鼻くじかれる(涙) しかも、なんだか爽やかだったし(苦…

【2015年読破本158】岳飛伝 第四十六回(小説すばる 2015年 09月号 [雑誌])

生きること、死せる場所と、友を見つけることと、見つけたり 小説すばる 2015年 09 月号 [雑誌] 集英社 2015-08-17 by G-Tools 水軍老将二人、いよいよラストバトル。 なんだかもう死ぬこと前提を自分で決め、文調もそれを後押ししているのが、切ないという…

【2015年読破本133】岳飛伝 第四十五回(小説すばる 2015年 08月号 [雑誌])

【岳飛伝】己を頼りにする人たちのために、その命を捧げる 小説すばる 2015年 08 月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink ようやく ようやく ようやく彼の足場が、決意が固まった。 韓成、楊令伝から一皮むけそうでむけずにいた漢が、ようやく己の命の燃…

【2015年読破本110】岳飛伝 第四十四回(小説すばる 2015年 07月号 [雑誌])

ついに程雲、岳飛を捉える。 小説すばる 2015年 07 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/06/17 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (2件) を見る 岳飛は楊令伝で何度も大敗の姿を見てきているので、なんというか大きな衝撃を受けた感じは無…

【2015年読破本87】岳飛伝 第四十三回(小説すばる 2015年 06月号 [雑誌])

程雲、そのときを、狙う。 小説すばる 2015年 06 月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink ◆伏兵 程雲 ただの埋伏じゃなく、ホントの一兵卒になるとは・・・ 敵はおろか、味方にすら姿を見せないことで、完全に岳飛を追い詰めるそのときを狙い続ける。 そ…

【2015年読破本70】岳飛伝 第四十二回(小説すばる 2015年 05月号 [雑誌])

さらば、戦友よ。 小説すばる 2015年 05 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/04/17 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (3件) を見る 北方作品では(時代モノは特に)拮抗した戦いや駆け引きの中での決断は「大将狙い」になることが多い。…

【2015年読破本50】岳飛伝 第四十一回(小説すばる 2015年 04月号 [雑誌])

女傑に挟まれる男。 ニヤニヤしたのは、自分だけではないはず。 小説すばる 2015年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/03/17 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (4件) を見る 懐かしの構図。いつの時代も女は強い(笑) 水滸伝のオマー…

【2015年読破本33】岳飛伝 第四十回(小説すばる 2015年 03月号 [雑誌])

胡土児、己の出生を知る。 小説すばる 2015年 03 月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink ◆二人の行方 色々動いた回だった。特に去就が(というか、落ち着き先が)気になっていた二人が、ようやく己の場所へ身を置いた、というところだろうか。 物語の中…

【2014年読破本236】岳飛伝 第三十八回(小説すばる 2015年 01月号 [雑誌])

李俊、最期の?大仕事でまたしても超人的な活躍! 小説すばる 2015年 01月号 [雑誌] 集英社 Amazonで詳しく見る by AZlink ◆李俊、その先へ 出撃する度に死亡フラグと感じてしまうこのお方(苦笑)ただ、ここ数回の大活躍、この方も史進クラスのポテンシャル…

【2014年読破本210】岳飛伝 第三十七回(小説すばる 2014年 12月号 [雑誌])

子午山は、そこにあった。 小説すばる 2014年 12月号 [雑誌] 集英社 Amazonで詳しく見る by AZlink ◆捕虜の行方 北方水滸伝シリーズでは珍しい、捕虜の扱いを比較的きっちりと描いた回。労働力、情報の引き出し、奴隷、さらには死に兵・・・これまでも(そし…

【2014年読破本190】岳飛伝 第三十六回(小説すばる 2014年 11月号 [雑誌])

単行本十二巻収録分のラスト回。 小説すばる 2014年 11月号 [雑誌] 集英社 Amazonで詳しく見る by AZlink ◆北へ 岳飛・秦容VS辛晃は(思わぬ)展開があったものの、決着がついて、いよいよ南宋領内へ 隠密行動に中入りとは、辛晃が最後の最後で裏をかいた…

【2014年読破本186】維新の系譜

維新の系譜 原口 泉Amazonで詳しく見る by AZlink 大河ドラマ「篤姫」で注目が集まった、薩摩藩の隠れた功労者・小松帯刀。彼の再評価に大きく貢献した著書龍馬を超えた男 小松帯刀 (PHP文庫)。(ちなみに「篤姫」の時代考証されていたのですね。存じ上げず…

【2014年読破本186】維新の系譜

維新の系譜 原口 泉Amazonで詳しく見る by AZlink 大河ドラマ「篤姫」で注目が集まった、薩摩藩の隠れた功労者・小松帯刀。彼の再評価に大きく貢献した著書龍馬を超えた男 小松帯刀 (PHP文庫)。(ちなみに「篤姫」の時代考証されていたのですね。存じ上げず…

【2014年読破本168】岳飛伝 第三十五回(小説すばる 2014年 10月号 [雑誌])

「はじまったな」 「はい、総帥」 小説すばる 2014年 10月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink ◆北上、開始 ついに秦容・岳飛VS南宋が激突。 緒戦は攻城戦。満を持して高山兵、大活躍!なんだか、大水滸伝初期の致死軍を彷彿させるワクワク感♪そうそう…

【2014年読破本147】岳飛伝 第三十四回(小説すばる 2014年 09月号 [雑誌])

韓世忠、結局最期までかみ合わず 小説すばる 2014年 09月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink ◆韓世忠、その最期 岳飛伝に入って、水軍で立ち位置定めたかな、と思ったら落下に次ぐ落下(涙)結局最後まで残念な奴だったな。 水軍元締めやってたと思った…

【2014年読破本126】岳飛伝 第三十三回(小説すばる 2014年 08月号 [雑誌])

おめでとう 秦容 小説すばる 2014年 08月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink これで11巻収録分が終了。 あと5巻分(予定)。連載回数でいくと15回、年月でいくと1年3ヶ月。大水滸伝シリーズもここまできた。 今回の秦容結婚(そして記念パレード…

【2014年読破本108】岳飛伝 第三十二回(小説すばる 2014年 07月号 [雑誌])

山士奇よお そんな、さみしいこと言うなよ・・・ 小説すばる 2014年 07月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/06/17 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る ほぼまるまる梁山泊VS金軍大決戦! 呼延稜と史進はまたしても死亡フラグ…

【2014年読破本88】岳飛伝 第三十一回(小説すばる 2014年 06月号 [雑誌])

次号への溜の回。 小説すばる 2014年 06月号 [雑誌] 集英社 Amazonで詳しく見る by AZlink ◆決戦前夜 まさしく前夜。呼延稜、死亡フラグたっちまったのか?なんだかえらい不穏な流れなのだが・・・ 金国が騎馬隊中心の構成に対して、梁山泊は伝統の歩兵真ん…

【2014年読破本70】岳飛伝 第三十回(小説すばる 2014年 05月号 [雑誌])

蔡豹・・・ 小説すばる 2014年 05月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink 本当は唐昇のことを思い出すべきなんだろうけど、まさか蔡豹が・・・ こんな形で最期を迎えるとは(涙) あの、おめでた回から一変、底へ落っことされた気分。王清の悲しみが見え…

【2014年読破本51】岳飛伝 第二十九回(小説すばる 2014年 04月号 [雑誌])

嗚呼、韓世忠、お前はなぜこうなった(涙) 小説すばる 2014年 04月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/03/17 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る 岳飛伝スタートして、この人ほど安定していない人いないなあ。己の本当の活かし方…

【2014年読破本28】岳飛伝 第二十八回(小説すばる 2014年 03月号 [雑誌])

眼が合った。不思議に、懐かしさに似たものが、史進を包み込んだ。 小説すばる 2014年 03月号 [雑誌] 集英社 Amazonで詳しく見る by AZlink ◆運命の会合 引き続き続いている梁山泊VS金軍。例によって神速介入を続ける史進と、ウジュを守り立ちふさがる胡土…

【2014年読破本9】岳飛伝 第二十七回(小説すばる 2014年 02月号 [雑誌])

宣凱が描く、一大戦略 小説すばる 2014年 02月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink この先にあるのは、かつて楊令が採らなかった、漢民族蜂起へ続くんだろうなあ。そう考えると岳飛の意義も大きくなっていく。 上手い流れではあるけれど、金国を飢えさせ…

【2013年読破本260】岳飛伝 第二十六回(小説すばる 2014年 01月号 [雑誌])

海上戦で明暗分かれる 小説すばる 2014年 01月号 [雑誌] 集英社 Amazonで詳しく見る by AZlink ◆生命線攻防 水上(海上)主導権をかけた南宋と梁山泊の交戦。 まずは張朔。輸送船隊を襲った南宋水軍を撃破。張朔の将としての強さが勝った形。さすが次世代エ…

【2013年読破本254】英傑の日本史 坂本龍馬編 (角川文庫)

英傑の日本史 坂本龍馬編 (角川文庫) 井沢 元彦 Amazonで詳しく見る by AZlink 井沢さんの日本史本、人物に焦点を絞り込んだ「英傑の~」シリーズ。本作は坂本龍馬に焦点を絞った一冊。 ただ、全体的に龍馬の人生をなぞるような解説が多く、薩長同盟や大政奉…

【2013年読破本254】英傑の日本史 坂本龍馬編 (角川文庫)

英傑の日本史 坂本龍馬編 (角川文庫) 井沢 元彦 Amazonで詳しく見る by AZlink 井沢さんの日本史本、人物に焦点を絞り込んだ「英傑の~」シリーズ。本作は坂本龍馬に焦点を絞った一冊。 ただ、全体的に龍馬の人生をなぞるような解説が多く、薩長同盟や大政奉…

【2013年読破本238】岳飛伝 第二十五回(小説すばる 2013年 12月号 [雑誌])

秦容、かつてない兵と対する 小説すばる 2013年 12月号 [雑誌] 集英社 2013-11-16by G-Tools ◆小梁山、襲撃 「梁山泊の会」で北方御大が語っていた、山岳戦が始まりそうだ。 南は川と、開拓されていない森や山。その中で生きてきた人たちがいて、国家が存在…

【2013年読破本214】岳飛伝 第二十四回(小説すばる 2013年 11月号 [雑誌])

岳飛、家族との再会。 そして李俊と、秦容との対面。 小説すばる 2013年 11月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink ◆終わらせるための闘いへ 岳飛が“死”を迎え、もう一つの“死”を越えて、再び岳飛軍を作ったその理由 そして、岳飛を手助けした梁山泊の思…

【2013年読破本211】神君家康の密書

神君家康の密書 (新潮文庫) 加藤 廣 Amazonで詳しく見る by AZlink 秀吉の跡継ぎ問題が生んだ、‘蛍大名’京極高次 信長の茶碗が狂わせた柴田勝家の生涯、そして茶碗の行方 そして福島正則の執念が残した“家康の密書”。 戦国時代の3人の武将に大胆なエッセン…

【2013年読破本211】神君家康の密書

神君家康の密書 (新潮文庫) 加藤 廣 Amazonで詳しく見る by AZlink 秀吉の跡継ぎ問題が生んだ、‘蛍大名’京極高次 信長の茶碗が狂わせた柴田勝家の生涯、そして茶碗の行方 そして福島正則の執念が残した“家康の密書”。 戦国時代の3人の武将に大胆なエッセン…

【2013年読破本193】岳飛伝 第二十三回(小説すばる 2013年 10月号 [雑誌])

韓世忠、面倒くさい存在になってきた(苦笑) 小説すばる 2013年 10月号 [雑誌] 集英社 2013-09-17by G-Tools ◆損な役割 何だか夫婦揃って面倒だな・・・ 梁紅玉が遭難、救助したのは、なんと張朔だった。 助けられた梁紅玉を、韓世忠水軍は捕虜になったと勘…

【2013年読破本190】不屈の人 黒田官兵衛 (メディアファクトリー新書)

不屈の人 黒田官兵衛 (メディアファクトリー新書) 安藤 優一郎 Amazonで詳しく見る by AZlink いよいよ放送も迫ってきた来年の大河ドラマ 黒田官兵衛 ※正式名称は『軍師官兵衛』 その先取りとして手に取ってみた一冊。戦国時代好きな方であれば知らない、と…

【2013年読破本190】不屈の人 黒田官兵衛 (メディアファクトリー新書)

不屈の人 黒田官兵衛 (メディアファクトリー新書) 安藤 優一郎 Amazonで詳しく見る by AZlink いよいよ放送も迫ってきた来年の大河ドラマ 黒田官兵衛 ※正式名称は『軍師官兵衛』 その先取りとして手に取ってみた一冊。戦国時代好きな方であれば知らない、と…

【2013年読破本179】伊藤博文の青年時代――欧米体験から何を学んだか(祥伝社新書241)

伊藤博文の青年時代――欧米体験から何を学んだか(祥伝社新書241) 泉 三郎 Amazonで詳しく見る by AZlink 大河ドラマ「八重の桜」が京都編に突入。これまでの殺伐と哀しさ全開の展開から一転、新たな環境と新たな使命を胸に、八重や覚馬が活躍する姿にも少し…

【2013年読破本179】伊藤博文の青年時代――欧米体験から何を学んだか(祥伝社新書241)

伊藤博文の青年時代――欧米体験から何を学んだか(祥伝社新書241) 泉 三郎 Amazonで詳しく見る by AZlink 大河ドラマ「八重の桜」が京都編に突入。これまでの殺伐と哀しさ全開の展開から一転、新たな環境と新たな使命を胸に、八重や覚馬が活躍する姿にも少し…

【2013年読破本172】岳飛伝 第二十二回(小説すばる 2013年 09月号 [雑誌])

岳飛伝も、この回から単行本8巻へ突入。 静観されていた南方に、南宋進入。岳飛、再び戦場へ 小説すばる 2013年 09月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink ◆さらば、耶律大石 思えば、楊令伝で、遼防衛戦の時、遼国屈指の軍人として、まぶしいオーラを放…

【2013年読破本159】山本覚馬(かくま) 知られざる幕末維新の先覚者 (PHP文庫)

山本覚馬(かくま) 知られざる幕末維新の先覚者 (PHP文庫) 安藤 優一郎 Amazonで詳しく見る by AZlink 会津戦争という、前半の大山場をを経て、いよいよ京都へ舞台を移した大河ドラマ「八重の桜」。ローカル題材、マニアックな主要人物と、大河ドラマの題材と…

【2013年読破本159】山本覚馬(かくま) 知られざる幕末維新の先覚者 (PHP文庫)

山本覚馬(かくま) 知られざる幕末維新の先覚者 (PHP文庫) 安藤 優一郎 Amazonで詳しく見る by AZlink 会津戦争という、前半の大山場をを経て、いよいよ京都へ舞台を移した大河ドラマ「八重の桜」。ローカル題材、マニアックな主要人物と、大河ドラマの題材と…

【2013年読破本152】蓮如―信仰で時代を動かした男 (PHP文庫)

蓮如―信仰で時代を動かした男 (PHP文庫) 二宮 隆雄 Amazonで詳しく見る by AZlink かつて、日本で宗教による自治国家が誕生したことがあった。 それも、数年で消えた国ではない。戦国時代において約100年も続いた一大勢力「加賀一向一揆」国は、織田信長…

【2013年読破本152】蓮如―信仰で時代を動かした男 (PHP文庫)

蓮如―信仰で時代を動かした男 (PHP文庫) 二宮 隆雄 Amazonで詳しく見る by AZlink かつて、日本で宗教による自治国家が誕生したことがあった。 それも、数年で消えた国ではない。戦国時代において約100年も続いた一大勢力「加賀一向一揆」国は、織田信長…

【2013年読破本146】岳飛伝 第二十一回(小説すばる 2013年 08月号 [雑誌])

「父は、いい相手と闘ったのだ」 小説すばる 2013年 08月号 [雑誌] Amazonで詳しく見る by AZlink ◆武人の魂 今回、最もじーんと来たのは、張朔と岳飛のシーン 張朔の父・張清は岳飛によって討たれた。少なくても平常心で付き合うことは出来ないはずだ。とこ…

【2013年読破本120】岳飛伝 第二十回(小説すばる 2013年 06月号 [雑誌])

小説すばる 2013年 07月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2013/06/17 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (1件) を見る 前回が南宋サイドの話が内容濃かったが、今回は梁山泊・岳飛サイドの話が中心。 ついに岳飛軍再始動、そして秦容たち南方集…

【2013年読破本115】横井小楠―維新の青写真を描いた男 (新潮新書)

横井小楠―維新の青写真を描いた男 (新潮新書) 徳永 洋 Amazonで詳しく見る by AZlink 幕末、数々の志士に大きな影響を与えた思想家、横井小楠の生涯と功績を紹介した一冊。 行動力と情熱はあっても、構想を描く者がいなかったあの時代において、小楠が提唱し…

【2013年読破本115】横井小楠―維新の青写真を描いた男 (新潮新書)

横井小楠―維新の青写真を描いた男 (新潮新書) 徳永 洋 Amazonで詳しく見る by AZlink 幕末、数々の志士に大きな影響を与えた思想家、横井小楠の生涯と功績を紹介した一冊。 行動力と情熱はあっても、構想を描く者がいなかったあの時代において、小楠が提唱し…