モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈今・語り直しの刻〉読書感想:『小説 機動戦士ガンダムNT』 (角川コミックス・エース)

 

小説 機動戦士ガンダムNT (角川コミックス・エース)

 

映画のノベライズ版。

 

福井小説とは違い、どうしてもなぞっている感があるので臨場感に欠けるのが残念。

また、ユニコーンラストで示唆されたその後の世界と、元々の宇宙世紀の流れと少し風潮が違う気もするなあ。

 

ちなみに文面ではユニコーンは残っていると明言されていたけどその認識で大丈夫なんだろうか?(映画では解体されていない?までしか触れられていない)

 

福井さん、改めて原作の「不死鳥狩り」リライトしてくれないかなあ。

 

 

とはいえ、この作品、実は映像でも小説版でも結構難しい境界線に身を置いており、人に勧めるのが実は難しい。

 

■ガンダムUC観た(読んだ)方にはすごおく受け入れやすい結末。がその反面、UCと同じ結末、同じ結論というのが、後日談としてはスッキリしない。

 

■ガンダムUCを観た(読んだ)ことがなく、ガンダムシリーズ(しかも宇宙世紀モノ)の新作として初めまして、の方には、割とポカーンなところが多いと思う。

しかも作品全体を流れる雰囲気が独特。果たして溶け込めるのか・・・

 

 

ただ、このNT(ナラティブ)は、「語り直し」という意味合いがあるのだとか。

その「語り直し」のスタートとして捉えると、入り口としては非常におもしろい作品であることは間違いない。

 

昭和の先人達が生み出した宇宙世紀の世界。

そこからあえて外れて、いまは様々なアナザーワールドのガンダムシリーズが誕生した。

でも、これからは、平成・そして次の世界の人たちが、自分たちの宇宙世紀を語ってもいいんじゃないか?その機運をUC(ユニコーン)は作り上げてくれた。

 

今こそ、語り直しの刻。

 

ここから先のガンダムが楽しみになってきた。

 

小説 機動戦士ガンダムNT (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダムNT (角川コミックス・エース)

 
小説 機動戦士ガンダムNT (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダムNT (角川コミックス・エース)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

このままゲームに出来る(笑)『ガンダムビルドダイバーズ』 第1話「Welcome to GBN」

リアルさと熱さが足りないなあ、足りねえよ・・・

f:id:maito0405:20180404000131j:plain

 

ついに始まりました、ガンダムビルドシリーズ最新作。

 キャラクターデザイン見たらわかるだろ、って話しではあるのだけど(笑)

 

 以前のシリーズより、さらに販促要素が増え(爆)、何かに打ち込む熱さやリアルな説得力が薄れたのが残念。ネットワークの世界の万能ぶり、とても子供が楽しむだけではもったいないほど(苦笑)

 

  最初に引っかかったのがキャラ設定。時系列がアバウトなのもあるけれど、リクのガンプラ愛がなんとなく微妙。初めて見たガンプラバトルに心奪われた、というのはわかるけど、その後をもう少し描いて欲しい。待ちに待った感が薄いのだ・・・

 

 ガンプラに打ち込むために、14歳まで部活はいらないって、そんな選択有りなのか、この学校(爆)

  突っ込んでしまったのが↑のツイート。いかほどの使用料(入場料?)ユーザーは支払っているのだろうか?とても学生が支払える金額じゃ運営していけないだろ~と身構えてしまう・・・

 

 GBN自体も案内人配置させたり、チュートリアル実施させたり、と至れり尽くせり。やはりこれでは相当なお金が動いているはず(爆)学生安く大人がめちゃくちゃ高い設定だろうか・・・

 

f:id:maito0405:20180404001716j:plain

 

 

これ、このままゲームに出来るフォーマット(爆)

 

チュートリアルにゲーム荒らしが混じってるとか、ボタン操作を誘導するとか、ソードアートオンラインならユーザ死亡してるぞ(苦笑)

 

フィールド自体が最近のゲームによく取り入れられているオープンワールド制

 

もはやガンプラバトル飛び越えてアクションゲームっぽくなっている。バーチャルの世界の住人出てきてもおかしくない(実際出てきた)

この世界観、今後の展開で「バーチャルかリアルか」みたいな話が出てきそうだ。

 

f:id:maito0405:20180404002332j:plain

 

とまあ、初回の感想はこんな感じ。

 

これまでのビルドシリーズに比べると、おもしろそうな入り方ではあるけれど、

こういうのが見たかったわけじゃ無いんだよなあ、というのが感想。

 

「自分で作ったガンプラで闘う」という夢のステージから

「ガンプラと一緒に、現実に近い非現実の世界を遊び尽くす」体験型のゲームへ。

 

これが受け入れられるのかどうか。

次回以降に期待。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 


アニメランキング

 

ガンダムヒルドダイバーズ、放送決定!

公式twitterにて発表!

 

 

 

 ちなみに下記が公式HP

 

gundam-bd.net

ビルドファイターズシリーズ同様の要素を残しつつも、世界観を一新した模様。

また、版権をクリアしたガンダム00やガンダムAGEシリーズが参戦するみたい。

 

ちなみに今シリーズの脚本は黒田さん → 木村さんへ。

 

比較的販促要素が大きいシリーズ(笑)シリーズ自体が、ガンプラに大きく貢献してきただけに、シナリオ構成が重要になることは間違いない。

 

まあ、とはいえ、ガンダム新シリーズが毎週観られることが何より嬉しいので(笑)4月が楽しみ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)
 

 

 

ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 2 (スタンダード版)

ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 2 (スタンダード版)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


アニメランキング

【2016年読破本169】俺たちのガンダム・ビジネス

俺たちのガンダム・ビジネス

 

6年ぶりに再読。

 

改めて見ると表紙格好良いな(笑)

 

以前読んだからサクサク読んだけど、ガンダム劇中の台詞や要素になぞらえて、構成がなされているのでダマされてしまう(笑)

実際の現場はこんなもんじゃなかっただろうなあ。

 

細かいところも目を付けてみると、権利の話、アイデア、コアユーザーの意見取り入れなど、黎明期だからこその、積極的なトライ&エラーの様子が清々しい。

 

今さらだけど、当時のプラモって関節全然動かないのだけど、それでもみんな列つくって買っていたのか・・・技術は進歩していくなあ(苦笑)

 

 

俺たちのガンダム・ビジネス

俺たちのガンダム・ビジネス

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

【2015年読破本220】ガンダムビルドファイターズ (2) (角川スニーカー文庫)

 

ガンダムビルドファイターズ (2) (角川スニーカー文庫)

 

 

BF ノベライズ版完結編。

 

基本は本編をなぞる展開ではあるものの、登場人物視点での構成が徹底していて、改めて読んでいくと深掘りできる楽しさにあふれた一冊。

(メイジンのシーンがカットされているので、比較的セイやレイジが中心になっているのが物足りない方もいるかも・・・)

 

BFは続編も放送されたが、ナックル押しなどのマイナス要素を除けば、これ(無印)の方がおもしろかったなあ。

 

OVA企画が進行しているようなので、是非彼らの続編観たい!

 

 

 

 

ガンダムビルドファイターズ (2) (角川スニーカー文庫)

ガンダムビルドファイターズ (2) (角川スニーカー文庫)

  • 作者: あすか正太,ヤスダスズヒト,矢立肇・富野由悠季,今ノ夜きよし
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/10/31
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
 
ガンダムビルドファイターズ 2 (角川スニーカー文庫)

ガンダムビルドファイターズ 2 (角川スニーカー文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

【2015年読破本117】新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (11) 邂逅の協奏曲 中 (カドカワコミックス・エース)

 

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (11) 邂逅の協奏曲 中 (カドカワコミックス・エース)

 

なんとなく匂わせていたけど、過去編はだいたいみんなつながりがある(笑)

すれ違っていたレベルを越えて、みんなどこかで利用していたり、されていたり・・・まったく狭い業界だ(苦笑)

 

そして、そんな先代によって紡がれてきた悪魔の機能・ゼロシステム誕生の秘密が語られたり、

今のガンダムたちにつながる兵器が登場したり、

 

と着実にTVシリーズから今作につながる大きな流れができつつある。

 

問題は、過去ばっかり充実して、現代パートが進まないこと。

今作は過去回収編にして、現代進行編を別シリーズでやったほうがよかったのでは? 

 

 

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (11) 邂逅の協奏曲 中 (カドカワコミックス・エース)

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (11) 邂逅の協奏曲 中 (カドカワコミックス・エース)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

【2014年読破本250】新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (10) 邂逅の協奏曲 (上) (カドカワコミックス・エース)

 

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (10) 邂逅の協奏曲 (上) (カドカワコミックス・エース)

 

デュオの機体、変形するのかよ!

とか、

黒いウイング!もはやMSVかよ

 

と、小説にも関わらずメカギミックがどんどん底上げされまくっていて、内容があんまり入ってこない(笑)

 

ガンダム封印して長い時間が経過しているとは言え、相当な進化。

やはり、演舞は終わってなかったのか・・・

 

本編は回想パートがそろそろ繋がりきってきて、現在パートでもキャラクター同士が繋がりあって変化が出てきた。

敵味方がはっきりしないところは、さすがウイング、といったところか。

 

おそらく最後はヒイロ次第、ということになりそうだが、さて・・・

 

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (10) 邂逅の協奏曲 (上) (カドカワコミックス・エース)

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (10) 邂逅の協奏曲 (上) (カドカワコミックス・エース)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

【2014年読破本229】機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (4) (ビッグコミックススペシャル)

 

前半のア・バオア・クー。

ほぼ一切のセリフがなく、MS戦闘と白兵戦という、まさにガンダムファン垂涎の描写が続く。

 

これよ、こういうのが見たかったのだよ!、

 

と何度も叫びかけたわ(苦笑)

その一方で、両者がそれぞれ相手方の技術を奪い合うという、戦争らしい嫌ーなシーンが・・・

 

 

そして舞台は戦後の地球へ。

アムロがみんなの元に返った後も、やはり続いていた戦争。

 

連邦VSジオンの残党、という構図かと思いきや、怪しげな宗教やら、別の勢力やら、と単純な形ではなさそう。

 

とはいえ、宿命の2人がまた巡り会いそうな雰囲気。

新たなガンダムも始動!地球の戦いも楽しみだ。

 

それにしてもアッガイがメチャクチャかっこいいなんて、メカ好きにはたまらない作品だなあ~

 

機動戦士ガンダム サンダーボルト(4) (ビッグコミックススペシャル)

機動戦士ガンダム サンダーボルト(4) (ビッグコミックススペシャル)

 
機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (4) (ビッグコミックススペシャル)

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (4) (ビッグコミックススペシャル)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング