モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈俺は、地の果てに行ってみたい〉読書感想:『チンギス紀』 第二十九回(小説すばる 2019年 9月号 [雑誌])

小説すばる 2019年 09 月号 [雑誌]

 

ここ数回は、テムジンVS大連合の予感を漂わせた話しが続いている。

今回は、文字通り決戦前。

両陣営より、年明けの開戦が示唆された。その前の溜めの回だ。

 

決戦前だからこそ、その先のことを考えていたい。

 

破壊への渇望から、極めたことがないことを突き詰めていきたい、という思いを率直に語る。

テムジンが楊令や岳飛のような"夢"を語るリーダーになってきたなあ。

これも、武力一辺倒ではなく、後方の補給や物資、交易の充実に充ててきた成果、ということか。

 

そして、ついに語られたシルクロード構想。

これが、物資の道を守り、かつ人(軍事)の道を作るというテムジンの答え。

まだまだ先の話だけど、どう拡がっていくのか、楽しみだ。

 

一方、対テムジン大同盟は、当主が他陣営と接触しはじめたことで、一気に進みそう。

 

回を増すごとに"充実"してきているタルグダイとラシャーン。

でもその"急所"を見抜いているトクトア。

 

テムジンの予想通り、同盟の枠組み作りや段取りは、思った以上に腹の探り合いになりそうだ。

そうなると一番苦しいのはジャムカなのだが・・・

 

あれ、彼はそんな風に生きたかったんだっけ?

序盤の快男子っぷりから、段々がんじ絡みの状態になってきている気がするなあ。

 

 

小説すばる 2019年 09 月号 [雑誌]

小説すばる 2019年 09 月号 [雑誌]

 

 

 

チンギス紀 五 絶影

チンギス紀 五 絶影

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

〈「演義」だけではなく「正史」も〉読書感想:『三国志人物外伝 亡国は男の意地の見せ所』 (平凡社新書)

三国志人物外伝 亡国は男の意地の見せ所 (平凡社新書)

 

 

再読。

 

我々が知っている三国志のほとんどは「演義」であるといっても過言ではない。

『正史』(史実版)は意識して目を通さないとなかなかお目にかからない。

だからこそ、本書で紹介された話しがどれも新鮮。

 

それだけ、『演義』は吟味された内容であると同時に、我々が頷けるような(感情移入できるような)"つじつま"が組まれているのだ。

 

見方を変えれば、『正史』はどこか妙で、おもしろくなく、(当時の人々にとって)都合が悪かったのだろう。

脚本家があえて描こうとしない"リアル"こそが実態。これは日本でも中国でも同じらしい。

 

歴史理解における史料の理解と信用は、後の世の人々にとってメチャクチャ重要。

その一方で、史実と創作の見分け(区分け)が日本人苦手なのかも?と改めて感じる。

これは、司馬観や吉川文学で育った大人達が、未だに彼らの作品を【歴史】として認識していることにもつながる。

 

楽しむのはいいのだが、これら=史実と思ってはいけない。

そして、中国で愛されてきたのが「演義」だということも忘れちゃいけない。

 

本書読むと、結構『正史』もおもしろい。

「演義」も『正史』も食わず嫌いせず読み込んでいきたい。そう思わせる一冊だ。

 

 

 

 

三国志人物外伝 亡国は男の意地の見せ所 (平凡社新書)

三国志人物外伝 亡国は男の意地の見せ所 (平凡社新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

〈私は、あなたが何者になるかを見たい〉読書感想:『落梅の賦』

落梅の賦

 

 

再読。

 

やはり取り上げた要素を上下巻くらいかけて昇華してほしかったなあ。

特に信友関連のシーン(文量)多いから、梅雪の積み重ねがどうしても薄く感じられてしまう。

なので、終盤登場したときの、彼の謀反に至らしめる心情に、感情移入しきれないんだよなあ。

 

おそらく信友はラストバトルと、その後の結末で、生ききったその姿を描きたかったのだろう(清安が生きる事で、信友の未来が引き継がれていく、という構成)

梅雪はその対比。 上手く立ち回ったにも関わらず、報われない最期を迎える。

 

脳裏に浮かんだのは、同じ(厳密にはちょっと違うけど)梅の花と海の音。

そこにつながりはあったのだけど・・・

 

この作品の主人公は、と聞かれたら、作品上は信友と梅雪と応えなければいけないのだろうけど、本分読んだら、信友、と言いたくなる。

くしくも、武川作品は二作続けて、主人公は”信友”か(笑)

 

ちなみに、前作『虎の牙』読んでから本作読むと、あのときの"血の呪い"がまだ解消していなかったことが明らかになる。

少なくても信虎はそのことを気に病んでいたし、それを知っていた信玄は、同じ武田だからといって、”血”を信頼の拠り所にしなかった。

 

本作の中盤まで繰り広げられた信玄暗殺未遂のミステリー。

その結末は、なんと悲しい身内争いか、とガックシきてしまうのだけど、そこには(あるのかどうかわからない)”血の呪い”への恐怖があったに違いない。

 

純粋な”武田”ではない者への仕打ちに対して、(武田)信友や梅雪は疎外感を持っていたけど、『虎の牙』から読んでいくと、その空気を作ってしまった信虎の苦悩が文章の言外から伝わってくる。

 

結局”血の呪い”は実在していなかった。

仮にあったとしても、そのとき生きる者達が気にしすぎさえしなければ、迷いごととして歴史の中に消えていったはずだった。

 

ある意味、(勝沼)信友は己の命を持って、この"悪習"をリセットした。

しかし、信虎はできなかった。

 

「お主をへだてる境を越えてゆけ」は(武田)信友が清安に言った言葉だが、武田家全体ができなかったことを、清安に託したのかもしれない。

 

 

余談だが、この作品、一条信龍とか、馬場美濃といった渋い面々へのスポットライトが熱すぎる。

武川さんどんだけ武田家オジサマ好きなんだ(笑)

 

落梅の賦

落梅の賦

 
落梅の賦

落梅の賦

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

〈命ある限り、歩みを止めてはならない〉読書感想:『もののふの国 (単行本)』

 

もののふの国 (単行本)

 

 

再読。

やはりおもしろい。

 

歴史上の著名人物が、大いなる意志によって、生き様どころか役割すら定められ、翻弄されていく。

これ、落ち着いて考えてみると、歴史小説家にとって、しんどいコンセプトではなかったか。

 

極端な話し、どうがんばっても変わらない結末にしか向かわない物語を書くしかないのだから(しかも史実じゃない形で)

 

しかし、かすかな足掻きや、ささやかな抵抗で、彼らは今を懸命に生きようとする。

僕らが読まなきゃいけないのは、結末ではなく、その過程。

 

生きた証が傷跡となって歴史が紡がれ、今がある。

それを僕たちは歴史と呼び、刻んだ者たちを英雄、と呼ぶのだろう。

一風変わった作品だからこそ、その意義が一層現れている。

 

この「螺旋」プロジェクトという世界の中で、彼らのあがきは本当に無駄だったのか? それは、他の作品での結末に期待するしかない。

 

つまり、沼に足を踏み入れるしかないということだな(笑)

 

 

海と山、因果を管理する一族の話が時代を経るごとに具体性を持って伝わってくる様や、平家長の一族が楠木につながり、そして鬼仙島へつながっていく見事なつながりなど、ダイナミックな展開はかつてないほどの大河感。

なかなか味わえないこの連なり、是非読んで感じたもらいたいなあ。

 

以下、本作で取り上げられている人物の章を簡単にご紹介。

 

・平将門

もののふの始まり、ということで実質導入パート。

将門ファンの方にとっては物足りないだろうなあ。

 

でも、僕の中の将門像って今回の作品に近い。

戦歴追ってみても武士の今後や自分の理想に関する具体像は乏しかった(北方御大風に言えば、国家感がなかった)

しかし、誰もやっていないことをやろうとしたのだ。

立ち上がったことそのものに意味があった。

少なくても、大いなる意志が存在しなくても、将門の功績は、次につながっていったはずだ。

 

・源頼朝

行動の原点が政子じゃなくて、前妻と息子にある、ってところが渋い。

そして

武士の意志としての飾り

大いなる意志に動かされているという飾り

 

二つの「飾り」として生かされている、悲しい存在。

その立ち位置が切ない。

 

だからこそ、悲劇の弟・義経は利用されたんじゃなく”託された”という構成が秀逸すぎる。

これすら筋書き通りだったとしても、このバトンに、泥臭い足掻きの魂が宿っていると思いたい。

 

・平教経

この後何度も出てくる海と山、二つの民が交差する最初のお話。

教経という題材も渋いが、平家長が忍びの系列に連なっていく、という構想がすばらしい。

通史作品ならではのダイナミックさがある。

そして、彼が頼朝の最大の理解者になるラストが、ハードボイルドだ。

 

・楠木正成、足利尊氏

今室町時代が脚光を浴びているが、この二人をどう描くかというのはやはり難しいのだと思う。

天野さんのすばらしさは、山と海、二つの民の宿命でこの二人を描かなかったこと。 (もちろん根底にはその因果の筋書きがあるのだけど)

正成の絶望は、やはり彼が実感したこと。

尊氏の決意は、彼が選んだこと。

 

それを見守る佐々木道誉。やはりお前は・・・

 

・足利義満

ここまで読むと、義満の結末が見えてきてしまう(笑)

いや、むしろ、この作品の通史上、この男ほど大いなる意思で消しやすい人物はいない。

ここまでの英傑の足掻きからすると、コイツは始末されても仕方がなく見えてしまうのはなぜだろう(涙)

 

・明智光秀

ここから、ひねりが加えられる。

光秀の意志に、なんと応えが戻ってくるとは・・・

 

そして、光秀=天海がこんなにピッタリとハマるなんんて。

この説、この作品のためにあったんじゃないか、と思えるほど。

 

・徳川家康

家康のトラウマ、信康と築山殿をこういう形で描いてくるとは・・・

頼朝が救えなかった後悔であれば、家康は切り捨ててしまった後悔。

切り分けが上手すぎる。

 

・大塩格之助

キラーパーソン登場。

平八郎の傀儡ぶりが悲しいけど、ここまでの英雄達もホントはこんな感じなんだよな。 むしろ平八郎の叫びが、普通の反応。

 

そして、この事件自体は二つの民の輪廻が見られる事項としては小さい。

しかしここから鬼仙島への道が開かれる、重要な導入になっていく。

日本から離れた離れ小島かと思ったら瀬戸内海、結構近いところにあったのね(笑)

 

・土方歳三

ある意味、この人もいい意味でひねりがきいた結末。

海、山、どちらでもない民の存在って、どういう立ち位置なのか気になるパートでもある。

 

この後の西郷と比べると、この人の方がラストにふさわしい気がするのだが・・・

 

・西郷隆盛

そして幕引きがこの方。

正直、もののふの物語としては、この方の描写は消化不良が否めない。

 

それは、西郷が、本当の駒扱いされているから。

まあ、大いなる因果の物語としては、ふさわしいラストかもしれないけど。

 

 

 

 

もののふの国 (単行本)

もののふの国 (単行本)

 
もののふの国 <電子書籍版 特典付き>

もののふの国 <電子書籍版 特典付き>

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

〈そんで、俺が日本一の商人になる男や〉読書感想:『日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪』 (角川文庫)

日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪 (角川文庫)

 

清兵衛の実家立て直し奮闘劇、続編。

 

今回も強奪騒動やら、安く叩かれる辛さ、そして借金返済への新たな難題など、終盤まで押されっぱなしの苦しい展開。

その中でも"基本"を守り続けるその姿勢が清兵衛を支え続ける。

 

目立たないけど、そのおかげで目の前の問題に集中できる。

そして、好印象の積み重ねこそ、商いの基本。

 

派手さよりも泥臭さ

したたかさよりも誠実さ

 

そして最後は運と偶然を味方に付けたトンチと機転。 最

終的には前作よりはきっちり危機を抜け出した・・・かな?

(実態はまだまだ自転車操業から抜け出せない状況だけど)

 

 

今作は糸割符制度のことなど、時代背景のことも見え隠れしてくる。

ますます大きな所と迎合しなきゃいけない雰囲気だけど、そんな中だからこそ商機が見え隠れする演出が憎い(笑)

 

前作からのメンバーは変わらず登場。

ボケとツッコミの応酬も健在(笑)

どこか抜けてる人ばかりなんだけど、欠けると物足りない魅力を醸し出す。

 

困ったときは、コネクションもつながりも三文芝居も(笑)全て注ぎ込む。

『チーム清兵衛』が今回も魅せてくれる一冊だ。

 

日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪 (角川文庫)

日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪 (角川文庫)

 
日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪 (角川文庫)

日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪 (角川文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

〈そうだ。それでいい〉読書感想:『燕雀の夢』

燕雀の夢

 

 

俊才は生まれた時から、人と違っていた。

天才は、早い段階からその才能を開花させていた。

 

そういう人もいるだろう。

だが、少なくても日本の歴史において、英雄と言われている人物たちを、そんな言葉一つで、その特異性を表現することは出来ない。

 

彼らは突然変異ではない。

彼らの父も、余人では成し遂げられないことに挑んだ先駆者だった。

その背中が、その足跡が、英雄を生んだのだ。

 

英雄の誕生に、先駆者あり。

アナタはまだ、”父”のすごさを知らない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

戦国時代の英傑:信玄や謙信、信長や政宗、家康や秀吉の父の物語。

短編集なので読みやすく、どれも余韻が残る終わり方ばかりだ。

 

最近は英傑の影に父の偉大さあり、と父親にも注目が集まっている。

特に(本作にも登場する)織田信秀(信長の父)は、新書が出るほど、その存在はクローズアップされている。

功績を追いかけてみると、その先見性は間違いなく、英雄・織田信長の原動力になっている。

まさしく、その父があって、その息子が育ったのだ。

 

天下人の父・織田信秀――信長は何を学び、受け継いだのか(祥伝社新書)

天下人の父・織田信秀――信長は何を学び、受け継いだのか(祥伝社新書)

 

 

というわけで、どの父も、息子以上にやんちゃで勢いのまま突き進み、そしてどこか抜けて、落とし穴にはまる(笑)

 

結局最後は何かが足りなくて、夢や希望を次代に託すことになる。

 

だが、先駆者だからこその抵抗や苦悩がそこにあり、そこに真正面から挑んだからこその生涯を、敗者と断ずることなんてできない。

 

まさしく彼らも"英傑"だった、と思わずにいられない。

 

そして、秀吉の父に関しては「こうきたか!」というラストが待っている。

流石は天野さんだ。

 

以下、短編ごとの簡単な感想をば。

 

■下克の鬼ー長尾為景ー

この人の生涯こそ、ザ・下克上というのだろう。

 

名ばかりの守護をたてるのではなく、実力ある者が国を治めるべき。

そんな灼熱の野心をもって、越後統一を夢見た為景。

 

勢いもあるし、狙いも悪くない。力も才覚もある。

でも、どこかで大きな壁にぶち当たり、突っ込んでみたら脇腹をえぐられる。

そんな星の下に生まれてきたのか、と思ってしまう生涯。

 

時はまだ、満ちていなかった、ということなのだろうか。

それとも、為景は"破壊者"という役割だったのだろうか。

みんなをまとめ上げるビジョンを提示できないまま、越後は混迷のるつぼへ。

 

それでも、為景が最期に望んだのが"力"と表現するあたり、天野さんの考える"先駆者"の印象が覗える。

もっとも、為景は、期待した"後継者"景虎(後の上杉謙信)が、自分とは全く異なる価値観で動く人だというところまでは、目が及んでいなかったに違いない。

 

■虎は死すともー武田信虎ー

最近読む機会が増えた、武田信玄の父・信虎の生涯。

甲斐を追放されてからの足取りが、史料で掴めているのか、どの作品も京を中心とした近畿・西国で信虎が動き回る姿を描いている。

 

一見すると妄想と虚勢にかられた、老人の悪あがきに見えがちだが、本作では少し捉え方を変えている。

その姿は、信玄の父親というより、戦国武将のセンパイと言うより、"ライバル"という方がよく似合う。

 

なぜ、信虎は動き回ったのか。

なぜ、信虎は甲斐奪還を企てなかったのか。

 

その答えを、信虎は晩年に気付かされる。

甲斐手前まで足を踏み入れた信虎がたどり着いた、自分の本当の気持ちとは・・・

 

■決別の川ー伊達輝宗ー

もう、この方が取り上げられる、と知っただけで泣けてくる。

そして、ラスト読んで、やっぱり泣いてしまった。

 

伊達政宗ファンならみんな知っている、輝宗の最期。

そして、意外に知られていない、輝宗の功績。

 

"血の乱れ"から、抜け出すことの出来ない東北戦国史。

保守と堕落の秩序をぶちこわす、若くて大きな力があれば・・・

 

自分の役割を自覚し、その"役割"を次代・政宗に託した、輝宗の思い。

そして、奇しくも訪れた"引き継ぎ"のとき

 

自らの命を持って、古きしがらみを断ち切った、その決断。

政宗ファンならずとも、読んで欲しい一作だ。

 

■楽土の曙光ー松平広忠ー

■黎明の覇王ー織田信秀ー

■燕雀の夢ー木下弥右衛門ー

 

ラスト三作は同時期・同地方のお話し。

松平家中興の祖・清康と、戦国三英傑の一人・家康に挟まれ、目立たない(というかダメな)武将としての印象が強い広忠。

今川と織田に挟まれ、家臣に裏切られ、妻を離縁させられるなど、まあ苦しい日々ばかりの生涯(涙)

しかし、それでも、最期の最期まで望みを捨てず、足掻き続けたその生き様が、徳川天下の可能性をつなげたのだ、と思える作品。

天野さんらしい、ハードボイルド描写が広忠を格好良くみせている(笑)

 

その一方で、野心と過信のジェットコースターな生涯だったのが、信長の父・信秀。

 

実は前述した武田信虎と信秀はその実績がよく似ている。

最盛期に得た領土を、下り坂時期に全て奪われ、おまけに敵と婚姻を結んで、その領土への道を閉ざしてしまう、ゼロヒャクな結果(涙)

※息子・信玄と信長は、この婚姻のおかげで大変な苦労と悪行を持って、道を切り広げなければならなかった。

 

自分の才能と実力が全てと思っていた信秀に訪れた落とし穴。

一人だと思っていたその道の作り手。そこに割り込んできた、次代の希望。

そして、先への展望が見えてきたところにやってくる、身内の毒。

 

どこまでもツイていない信秀、だがラストがどこか幸せそうなのが、信秀の生涯をよく表している気がしてならない。

 

そして、ラストは秀吉の父・弥右衛門。

 

「あ~、こういうおっさんいるわ。昔の自慢話ばっかりしてる人」

 

まさに、これを地でいく作品(苦笑)

そして冒頭で述べたとおり、「こうきたか!」というラストが待っている。

 

「あれ?秀吉の父で、竹阿弥っていなかったっけ?」

こう思った方はスルドい!そして、そんな方はより一層唸ることになるだろう(爆)

 

皮肉と教訓が入り交じった、パンチの効いた結末を是非ご一読あれ。

 

 

燕雀の夢 (角川ebook)

燕雀の夢 (角川ebook)

 
燕雀の夢

燕雀の夢

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

〈生きろ。己の命を守るのだ〉読書感想:『塞王の楯 第一回』(小説すばる 2019年 8月号 [雑誌])

小説すばる2019年8月号

 

 

今注目の今村さんの作品初読。

 

しびれるタイトルから始まり、情景が浮かぶキレキレの描写ですぐに読み終えてしまった。

 

守ってくれなかったものを取り戻すのではなく、奪われない”楯”を創る物語。

 

ラストの匡介が刀を持っていること

そして石を割るシーンがとても印象的。

 

城作りにとって(その当時)大切なこと、そして需要が見込めたモノが何だったのか。 天下統一後の世界の中で、石工「穴太衆」がそれを見極めていた、という描写にビジネス目線としてもつながるものを感じる。

 

石の声が聞こえるという、無二の能力(?)がどう活かされるのか。

 

次号も楽しみ♪

 

小説すばる2019年8月号

小説すばる2019年8月号

 

 

 

八本目の槍

八本目の槍

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング

〈虹が、見えます〉読書感想:『チンギス紀 第二十八回』(小説すばる 2019年 8月号 [雑誌])

 

小説すばる2019年8月号

 

 

 

ついに始まってしまったテムジンVSジャムカ。

その戦いで訪れたチルギタイの死。

 

そして同盟国・ケレイト王国トオリルの劣化が、テムジンの前途に暗雲を漂わせる。

 

テムジン陣営は主要メンバー脱落は、初めてではなかろうか。

これからどんどんこういうことが起きてくるのだろうけど、やはりさみしい。

「虹が、見えます」が泣かせるよ・・・

 

 

テムジン陣営全体としては、新たな戦力・貿易の充実、そして先々で必要になりそうな人物(能力)の開花など、どんどん厚みが増してきてはいる。

が、ソルカン・シラの病死など、老い、という話しが忍び寄ってきている。

母もそろそろな雰囲気(涙)

 

 

一方、テムジン包囲網は、ジャムカをも巻き込みながら、タルグダイ参戦しそうな雰囲気。

あとは金国への外交謀略まで発動したら、もはや四面楚歌。

とても嫌な予感しかしない・・・

 

 

小説すばる2019年8月号

小説すばる2019年8月号

 
チンギス紀 五 絶影

チンギス紀 五 絶影

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング