モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

仮面ライダーカブト 第4話「決めるのは、お前だ」感想

 自分の大事な人が、殺されたら、貴方は殺したものをを憎むでしょう。 その大事な人が、姿形そのままで現れたら、貴方は喜ぶでしょう。でも大事な人は、化け物が化けたものだったら?しかも、敵だとしたら?  

 「ワームが人間に擬態するとは?」「天道&加賀美の関係は?」 という2つのテーマに切り込む(東映公式HPより)、カブト第4話は、その陰の部分を広げたハードボイルド巨編。悲しいお話でもありました・・・    ○妹現る  サルに届いたサバ。しかも、松輪の丸特@着払い(数箱ありましたが)そこに樹花が現れ、加賀美と共にサバを天道家まで運び出します。  ちなみに、この松輪の丸特。魚体が黄金色に輝きしかも身の太さも特大サイズ(750g以上)の高級食材。神奈川・松輪産のサバ全体の1割程度しかとれない希少品だとか。値段もかなり行くんでしょうね。「バイト代から引くって」ああ、ますますバイクが遠ざかる(笑)  てなわけで加賀美が天道宅の初お客様。樹花もさすがに兄のことが気になるらしく、加賀美に質問の嵐。ある意味で信じられてるし、割り切られてる兄って一体・・・  天道家でサバみそ@天道作をごちそうになる加賀美。加賀美にとってはうまいらしいですが、天道はひよりとは違うと納得いかず、ついにはサルへ押しかけます。    ○記憶  前回加賀美が駆け寄ったのは、弟の亮。野球の夢を断念しかけて、加賀美の説得によりもう一度立ち上がるものの、約束の場所には現れなかった男。どうやら、加賀美はワームに殺されたと思い、その復讐心で戦っていたようです。  しかし、その亮が再び現れます(前回から現れてはいたのですが)。加賀美は会話の中で、亮が本物であることを確信。喜び勇んでサルへ戻り、天道らに報告します。しかし、天道は額面通りには受け取りません。そんなうまい偶然あるわけがないと・・・  視聴者側からしても怪しい雰囲気。特に3話で「ワームはオリジナルと完璧におなじ擬態を行う」ことを知っているから。。。  天道は岬に、亮の調査を示唆します(なんで岬がZECTのメンバーと見ぬいたのか?そして、どうやって岬の場所を掴んだのか?)  調査の結果は、加賀美を愕然とさせるものでした。    ○ほんわか  前後しますが、サルに押しかけた天道。ひよりの味の秘訣を盗もうと、ひよりに直談判。しまいには皿洗いまでする始末。一生懸命なのかしつこいのか、微妙なラインを揺れ動いてます、この男。  思うに、自分が学びたいことや掴みたいことには、とことん貪欲な天道。妥協しない彼の貪欲さが伺えますが、その一方で教えを請わず、自分の目で探るあたりが「天の道を往く男」の真骨頂。マイペースさは変わりません。  そんな男にあきれつつも、少しずつ話をしていくひより。話はひよりの近況に移り、1話でワームに襲われ、カブトに助けられた話まで天道に語るあたり、心を許し始めている様子が見えます。日ごろの褒め殺しが効いてきたんでしょうか?    ○選択  加賀美は約束の場所へ向かいます。そこには亮の姿がありましたが、最悪の流れの通り、亮はワームへと変化します。  銃を向ける加賀美に亮(ワーム)は投げ掛けます。自分を殺せば、亮(そのもの)はこの世から本当になくなってしまう、と。  確かにワームに戻りさえしなければ、亮は亮のままで生きても問題はない。オリジナルそのままなのは3話で実証済みですし。甘い誘惑に駆られ、加賀美はワームにその身を委ねかけます。  しかし、そこには雨の中、天道が現れます。  「人は人を愛すると弱くなる・・・でも恥ずかしがることはない。なぜなら、それは本当の弱さじゃないから」  うわ、涙が(泣)なんて暖かくも厳しいお言葉。忘れちゃいけない、この亮は、弟であると同時に、弟の敵でもあるということ。だから、討たなきゃいけないんだと。  すました、厳しい顔をした天道ですが、もし、樹花がこうして目の前に現れたら、天道は迷わず、ワームを討つんでしょうか?あってほしくないことだとはいえ、少し思ってしまいました・・・  サナギワームはすんなり撃破したカブトですが、ワームには手を出さず防御のみ  「どうする?決めるのは、お前だ」  厳しくも残酷な選択を委ねたカブト。加賀美は身を削るような苦しみの中、カブトにワーム殲滅を託します。  ここからがカブトの真骨頂。キャストオフ→クロックアップで雨が止まる中戦闘するという、ライダー史上例を見ないシチュエーションでバトルが展開していきます。  動くたびに止まった雨粒が体を通り、マトリックスのような雨粒の見える戦い。そして、全てを吹き飛ばすライダーキック。  時間が再び動き始め、ワームも亮も吹き飛び消えました。  「俺はいつか、お前を越えてみせる」  加賀美はどんな思いでこのセリフを吐いたのか。  怒りか、悔しさか、決意か。  憎しみで戦ってきた加賀美に大きな転換期が訪れているのかもしれません・・・    仮面ライダーカブト VOL.1  さてさて、1話から4話までが収録されている第1巻が発売中です。見逃した人、録画し損ねた人、是非是非ご家庭へ・・・