モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

仮面ライダーカブト 第6話「世界に1つだけのチューリップ」感想

 ZECTの手に落ちた天道。彼を巡って様々な思惑が飛び交います  天道救出のため、仲間の過ちをただすため、嘘つきになりたくないがために動き出す加賀美。  天道に裏切られたと思い、再び心を閉ざしかけるひより。  天道と会い、東に不信感を抱きはじめる岬。    目的は異なれど、主人公のもとに収束していく流れが小気味よく感じられた6話。果たして天道はベルトを奪還できるのか?そして天道×ひよりの結末は?

 ○加賀美後悔  前回のZECTのやりかたに反感を抱き、単独で突っ込んでしまった加賀美。結果としてワームはカブトが撃破したものの、天道はゼクトルーパーに包囲。しかも、天道を助けようとした加賀美に東は銃を突きつけ、人質とすることで、ベルト返却を要求します、天道は加賀美を「友達なんかじゃない」といいつつもベルトを渡し(あっさりと)捕まってしまいます。  前回、ZECTのやり方に対し、何か企みがある、と警戒していた天道。彼の予感はまさに的中していたのです。何も考えず行動した加賀美は己の短慮と責任を感じます。  とはいえ、加賀美の自発的な行動がなければ犠牲者はさらに増えたでしょう。状況からすれば、どのみち天道は出ざるを得なかったのだし、決して間違いではなかった、だから天道は加賀美を責めなかったのだろうと思います。最も彼には捕まったら捕まったで、何か狙いがあったのかもしれませんが・・・  天道は「東京タワーに行ってくれ」と加賀美に託します。しかし、加賀美は夜、バイクを押しながらそれを思いだし、急いでタワーへ。そこには天道を待つうちに、慣れない人混みで倒れていたひよりが、回復して出てくるところだった。天道に裏切られた、という思いをあらわにするひよりに、加賀美はただただ天道をかばうウソをつくしかなかった・・・  ここでも加賀美は様々なものを悔いらなければなりませんでしたが、見方を変えれば事態収拾係という、一番損な役割をやることに・・・    ○尋問・・・なのか?  一方、拘束された天道。持ち物はベルトと携帯だけ。財布はなんでないの?  岬から質問をうける天道。この受け答えが爆笑もの。  「カブトの正体は貴方なの?」  「愚問だな、太陽に向かって貴方は太陽ですか、と聞くか?」  「・・・なぜこのベルトを持っているの?」  「それも愚問だな、太陽に向かってなぜ輝くのか、と聞くか?」 なんつー会話だ(つうか会話なのか、これ?)見方によってはカブトの正体が自分だと認めた発言ともとれますが、、あまりにも抽象的なこたえなだけに(というか、人をバカにした言い方なだけに)これ以上どうしようもないのでは、、、   そして翌日。岬の態度からすると、進展ない問答を繰り返してたんだな、と推測。 電話をさせろだ飯は食わせろだと、もはや尋問じゃなくなくなってるし・・・終いには手錠を外させている始末(食べなきゃいけないから仕方ないのですが・・・)ペースはもはや天道ペース、、、彼にかかっては命の危険などめじゃありません(おみそれしました)    ○そばに・・・  一方、裏切られたと思いながらも天道家を訪れるひより。そこに天道から電話が入り、天道はわびの一言もなしに「ホットケーキを焼いてくれ」と、とんでもない要求を。 さすがにひよりも怒り「嘘つきは嫌いだ」と電話を切ります。そりゃそうだ。でもホットケーキ焼いてあげるあたりが優しい。約束の場所に来なかったのは事実だが、天道の言葉で勇気づけられたの事実。樹花との会話の中で何か感じるところがあったようです。    ○加賀美奮戦  岬の(天道の)居場所を田所から聞き出そうとする加賀美  「仲間の間違いを正すのが、本当の仲間じゃないんですか?お願いします、おれ嘘つきになりたくないんです!!」  今回のイチオシセリフ。これが本来の仲間(集団)のあるべき姿ですよね。そして、加賀美は奇策(アヒルのゼンマイ人形で気をそらす)でゼクトルーパーを抑え、上の階へ向かいます。しかし、この程度のことで捕まってしまうゼクトルーパーって・・・  しかし、ワームが進入することで、混乱に陥ります。どさくさに紛れて加賀美は天道と再会。ゼクトルーパーに変装して、加賀美に向き合うなり「サバとカツ丼、どっちが好きだ?」おいおい、そりゃ君に聞きたいわ(笑)    ○チューリップ  東にワームが擬態している?加賀美は岬に連絡を取るも、すでに岬は車の中、となりには、その東がいるというのに・・・  間一髪、天道の援護で脱出した岬は、天道にベルトを託します。ここらへんは、非常事態としてしょうがないとしても、岬が天道をあっさり信用しすぎた感がありますねえ。岬はこの後も加賀美同様、天道に振り回されることになりそうですし。  東に擬態したワームと天道の対決は、展開上仕方がないのかとってもあっさりした展開。特に言うことはないです。はい(えー)

 そしてひよりの前に現れた、タワーに写るチューリップ。いろんなサイトでどうやって作ったのか、意見や推論が出ていましたが、自分はあんまりこだわっていません。どんな方法でも、彼が憎いほどの演出でひよりの心に何かを灯したのは確かなのだから・・・  仮面ライダーカブト VOL.2  なぜかパッケージ画像がないんですが、2巻です。パッケージライダーはザビー。毎回ライダー変わるのか?ということはあと10人以上出るのか?