モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

仮面ライダーカブト 第8話「ライダーは2人いらない」

 カブトとザビー、相容れない2人の戦いがついに始まる・・・ てな展開を期待していたのですが、どうも思っていた方向と違った道筋で戦いが始まりました。予想外だったのは矢車さん、彼の誇りやもろさがが意外な形で現れた8話でした。    ○1stラウンド  アバンタイトル(タイトルや主題歌の前に置かれるシーン)長っ。そしてザビー登場の概略が多いなあ。この時点で、ザビー短命フラグ点灯?と自分の中で思ってしまいました(正確に言えば8話で消えるのか?とも・・・)  前回のシーンからカブトvsザビーが始まりました。防御中心で反撃しないカブト  「戦う理由がない」  天道の戦う理由、目的、ベルト所持の経緯など、謎は未だ残ったままなのですが、少なくても今の彼の目的はワーム殲滅。同業者ではあるが敵ではないザビーと戦う理由は、確かに彼にはありません。でもそれを素直に伝えられないのが天才である彼の欠点(まあ、だからこそ天道なのですが)  その結果として、不可抗力ながら影山を傷つけることになり、悪者役を引き受けることになってしまいます。  ○屈辱  部下が傷ついたことでカブトを取り逃がした矢車。直後の怒り方は、決して天道に敵意を抱いていなかったことの裏返しでしょうか。電話での会話の通り、部下の負傷で標的を取り逃がしたことは彼の甘さなんでしょうが、そこにさらなる追い打ちが・・・  「ワームは生きている」  正確には取り逃がしたワームがいたということなのですが、嘘だと思っていたカブトの言葉が真実であったことが彼に屈辱を与えます。結果として   ・カブトの抹殺→失敗   ・ワームの撃滅→失敗(全滅させてはいない)  事実上ミッションは全て中途半端。責任だの失敗だの言われても仕方がない。エリートの彼にとってかなりの屈辱。そしてカブト(天道)に‘負けた’悔しみ・・・この事実をもみ消したあたり、早くも「パーフェクトハーモニー」崩壊の危機が、、、  ○気になる樹花  いつものように明るく登場せず、なんか変な樹花。不安を顔に出す天道。  振り返るといつも通りの樹花。ほっとする天道。  尋問にも顔色1つ変えなかった「おれ様」の素直な感情の揺れがでていてほほえましい限り。  しかし気になるのが樹花。  ?ただ単純にフェイントをかけただけ  ?本当に何かあった(いじめ、異変など) うーん、本編より気になる(爆)  そのかわいい妹の提案で、ひよりを招いての豆腐パーティーが決行。どうやら湯豆腐は「豆腐屋になかった」あたりの理由で収まっていたようです。  ○配属転換  本編の流れとは若干前後しますが、天道を勘違いして非難し、矢車に対して尊敬の念を強くした加賀美は、矢車の下で働きたいと田所へお願いをします。結果として了承されたのですが、新人が配属替えなど、簡単に許されるのでしょうか(田所さんが上に掛け合うという形にはなりましたが)  思うに、(仮に)本部が了承したとすれば、それは加賀美が最も嫌う「親の七光り」のおかげである可能性が高いですね。そう考えるとこれまで加賀美がしてきた不祥事(バイク奪取、単独行動等々)もそのおかげでもみ消された可能性がありそうです。逆を言えば、いま加賀美ががむしゃらに突っ走れているのは「親の七光り」のおかげ・・・?皮肉なものです。彼がそれに気付いたとき、そのような事を思うのでしょうか?  矢車と共に影山のお見舞いに行った加賀美は、矢車・影山から話を聞き、さらに傾斜していくのですが・・・  ○豆腐はない?  影山のリクエストに応えるため、豆腐屋に行くと、すでに豆腐は天道によって買い占められていた。  皆さん思ったことだと思うのですが、天道家の財布ってどうなってんの?もう何回も言っているのですが、何か明確な答えある方は是非ご一報を。。。  ○おれ様神父   ワームによる事件が発生。披露宴会場の調査と教会の警備が行われ、「完璧だ」 という矢車。しかし、教会内には、天の教えと共におばあちゃんの言葉をしゃべる男が・・・  「ばかな、どうやって?」と言いますが、ワームの擬態をチェックしていたのだから、天道に気付かないのは変じゃない(神父として若すぎる気はしますが)むしろカブトの正体に気付きながら、情報をシャドウ内に廻さなかった矢車にこそ責任があります。  しかも、天道はワームが紛れ込んでいることさえも暴露。もうシャドウの面目丸つぶれ。「なかよしこよし」と天道が嘆いていたように、助け合い、力を何倍にするといってもそれは集団戦の話。個の力においては天道がシャドウそのものを凌駕した瞬間でした。  現代の風潮といってはそれまでですが、本当のものを見極める力。個であろうと集であろうとその大切さに変わりはないということなんですかねえ。また、このことについては別の機会で触れたいと思います。  ○対決  ワームに対しては、カブトがお相手。戦闘シーンこそ短かったですが、クロックアップバトルでは細かいところ(電車がゆっくりながらも進んでいる、など)にまで描写があって見応えはありました。そして久々の(1話ぶりなので久しぶりではないのですが)ライダーキック!!!カウンター気味のキックはやや飽き気味ですがそれでもかっこいいのでOK。  ひよりに預けた豆腐を持ち帰ろうとすると、矢車登場。豆腐を分けようとする天道の手をはねつけ、対決を希望します。矢車の顔はそれまでの優しくて穏やかな顔から一変。怒りと屈辱に震えた顔です。  舞台を夕日が見える場所にうつし、始まりました。まずはゼクター同士の使い魔バトル(笑)真剣勝負なんだろうけどなんか可愛くて笑えた。ゼクター同士の戦闘中、2人はどんな表情で、何をしていたのか気になるところです。   密かにビックリしたのは、天道役の水嶋さん、  ほ、ホールインワン変身してるよーーーーーー  えー、簡単に説明しますと、変身する際、カブトゼクターをベルトに差し込みますが、今までは1カットで全てやったことはありませんでした。(変身ポーズで1カット、差し込むところは別カットです。録画されている方は見直してみてください)  かつて、仮面ライダー龍騎では、ベルトの構造上、ベルトを見ずに差し込むことは不可能に近かったらしく、主演の須賀貴匡さんや松田悟志さんは何度も練習されたそうですが、実現したのは須賀さんが一回だけ(ゲストの黒田アーサーさんも成功されたそうです。ここら辺の話は龍騎公式HPでどうぞ)  カブトのベルトはどうなのでしょうか?TOEI TV WebSiteで発表されないかなーーー  蛇足でした。続きです。  勝敗はつかず、変身・キャストオフで暁の決戦へ。ヒット率・防御率で言えばカブトが優勢なのに、占めは倒れ込んだカブトに、ザビーのライダースティングがあああ というところで終了。勝敗はともかく、天道の勝ちには違いないだけに矢車の今後がきになるところです。そして天道家はまたもや豆腐から遠ざかるのか?(笑)  ○次回予告  ・カブトまさかの敗北。矢車の言葉の通りだとすると、天道の運命は?っていってやられる心配を全くさせないのが天道なんですが・・・  ・ナースあ○いならぬ、ナース岬。似合うなあ。  ・加賀美がついに変身?  ・ひよりがベルトを発見?  ○今週のショートコント(違)  毎回笑わせてもらってますが、今回もおもしろかった。・・・加賀美君、カブトになりたいんだね、やっぱり。。。  仮面ライダーカブト VOL.2  というわけで、この8話までが2巻の収録内容(5話から8話)しかし、ザビー編は10話まで続きます。ので3巻もお見逃しなく。