モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

仮面ライダーカブト 18話「さよならだ、ゴン」感想

 ゴンとの別れ・・・ある意味必然というか、いずれこうなる定めだった関係なだけに、避けられない流れだったのですが、いざ見ると何か涙が止まらなくなっていました(涙)  「人は何かを得るためには代価を払わなければならない」言うまでもなく鋼の錬金術師での等価交換の原則ですが、ゴンという1人の少女と出会い、そして別れることが、気まぐれな風・風間大介の新たなる旅立ちのための代価だったのかもしれませんね・・・  ○集うものへ・・・  ゴンを助けるためになりふり構わなくなった大介。天道の言うとおりゴンを助ける方法は他にもある、わかっていないわけではないはずなのに、大介はかつてないほどの気迫でカブトを追いつめます。ザビーも加わり、ついにカブトを倒すのですが・・・(余談ですが、まあ、思わせなシーンがあるとはいえ、カブト墜つ、とは思えないんですよね。最強過ぎて)  予想通りというか、お約束というか。大介はゴンを人質に取られたままZECTの飼い犬として働かされることに。やけになる風間の前に、オロナミンC(笑)と、そして  「お前・・・」  やはり生きていた天道、そして加賀美が・岬が・なんとひよりまでもがゴン救出作戦に加わる意志を示したのです。  このシーン、カブトの1つの世界を象徴するシーンに思えて興奮しました(王道といえば王道ですが)。  たった1人の少女のために、彼らは集まった。民間人から、隔離している組織のメンバーまでいるという状況。これは、組織にとらわれず己の信じた道を進もうとする者たちがいるからであり、きっかけをつくったのは天道。2クール以降どういう展開になるのかはわかりませんが、こんな風に己が正しいということを突き進むメンバーであって欲しいなと思います。特に天道には(爆)  メンバーの中でもひよりが動き出したのには特に感動。彼女もついに自分から動き出すようになったのですね、もっとも参加させるのはいいけど、もろZECTに関わってしまったことは大丈夫なんだろうか?  ○切ないわかれ  今回のもう一つのポイントはやはり、大介×ゴン。相棒がいなくなることは寂しい、でもいるべき場所に戻してあげられたことは嬉しい、その複雑さが、私たちの涙を誘います(涙)  こういう場合、どちらが幸せなのだろうか?例えもとある場所(あるべき場所)に戻っても、自分が幸せと思える場所は、自分で決めなきゃいけない、という話しも確かにありますし、その逆もあり得る・・・まあ、今回の場合記憶の問題上、ゴンが選べるわけではなかったのですが、それでもこれが終わっていいのかと思ってしまうのも事実。願わくばゴンが自分で選んだことでのサヨナラであって欲しかったなとも思うのですが、この結末に一応の満足はしています、どちらかというとゴンより、大介の問題なのですから(このことについては、まだどこかで触れたいと思います)  さて、風間はどこへ行くのか、しばらくはお別れのようですが(劇場版では会えそうですが)今度会うときは一皮むけて返ってきてくれることでしょう。期待してまっせ。  ○その他の見所  ・天道の携帯電話に連絡する風間。なんだかんだいいながらアドレス交換しているこいつら、なんか仲良しです(笑)  ・中間管理職田所さん、いい味出していました。でも、命令と理想の中での危険な位置、今後が少し不安になります・・・  ・小悪党影山。カブト抹殺に失敗したばかりか、ドレイクの恨みまで買い(もうドレイクはZECTを敵対視することは間違いないでしょう)、ついには2大ライダーに敗北。まあ、命があっただけでも儲けものといえそうですが、ザビー剥奪されそうで・・・いやはやどこまで墜ちていくのか、矢車さん早く返ってこい(願)  ・変装、潜入とこの手のやり方が大好きな天道ご一行様(笑)というか、本職の方もいますが(爆)それにしても、福祉施設は充実させるなら方向性を改めて欲しいなあ、ZECT(笑)  ・涙をも拾うクロックアップ。なんかすんごくいいシーン、田崎演出の神髄ですね。  ・そして絶妙のコンビネーションをみせたカブト&ドレイク。なんかスカッとしましたよ。孤高の2人だけど、心はこれからも熱くいて欲しいし求めるなら、己の信念の元、共に戦って欲しいですね。  ○仮面ライダーカブト ライダー怪人シリーズK01 ワーム(サナギ体)    珍しく、ソフビのご推薦です。たかがソフビと思うなかれ、すごくいい出来なんです。サナギワームのベタベタ感が、忠実に再現されていて、見ていると発砲したくなるんですよ(爆)(言うまでもなくうちにあります)当然1体だけとは言わず、数体購入してカブトと激突させてくださいなっ。  意外と(?)大人気ならしく、なかなか手に入りにくいです(ワタクシ調査です、一応)実際amazonでも人気商品なので数量制限かかっているので、なくなる前に是非是非揃えてみてはいかがでしょう?