モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

銀魂 第31話「どうでもいい事に限って、なかなか忘れない」感想

 今までは、誰かが傷ついたり、いなくなったりしても、銀時のもとへみんなは集まっていった。軸がしっかり(?)しているから、みんな土壇場でもふんばってこられた。

 でも、その銀さんが、みんなから離れていく・・・  新八は、神楽は、銀時と共にいられることはできるのか?  ○記憶喪失  事故にあった銀時を心配する神楽。「もうジャンプなんか買わせないからね!」言っている顔がやけにカワイイ。無事のように見えて、記憶を失った銀さん。記憶を取り戻そうと、色々やってみる新八と神楽。  まず、我が家(要はよろず屋)。  なぜかキレイな部屋。こういう日だけワックスかけたかのようにピカピカ、なぜ?  そして語られること聞いてると、元の自分が、いかにダメかを実感し目を背ける銀さん。自分のことをどう思っていたのかは知りませんが、こんな自分なら、いっそ思い出さない方が・・・と思っても無理なき事。そもそも愛情ゆえ、とはいえこれだけろくでもない(?)ことばかり挙げないで、もっといいこと言えばいいのに・・・  「だめだだめだだめだーーーだめになれー、それが銀時だーーー」  だめだこりゃ・・・  ○ろくな友人いないの?  で、友人に合わせることになったのですが  妙なことを始めている桂。風俗店の呼び込み?きみ、江戸の街に同化しすぎです・・・実際、銀時の記憶を改ざんしようとしたりするなど、こいつら本当に戦友?おまけに土方らに見つかるし、店吹っ飛ばすし(パトカーも)  辛うじて?爆発から逃れた銀さんだが、また記憶は失われ・・・  つぎはさっちゃん。が、この人もろくでもない。銀さん強奪して、神楽と銀さん争奪戦繰り広げてるし・・・しかも神楽ちゃん、銀さん一途なのはいいけど実弾ぶっ放していいんかい?当たったら銀さん死ぬぞーーー(ちなみに神楽のかさの秘密は解明されず?)さっちゃんが落とした銀さんをな・ぜ・かフルスイングでホームラン、そして記憶は失われ・・・(声や目がどんどん別人になっていくのは腹抱えて笑ってました)  お次はお妙さん。が、(今度は)生真面目で優しそうな銀さんに、頬を赤く染めているんですけど・・・お妙さん、結構古風(失礼)なタイプ(しかも面食い)がお好みなんでしょうか?意外です、新八が大反対しているのも意外です(義弟になりたくないというのはよくわかるが)  バタバタしている間に、甘い者に反応する銀時。目覚め始める銀時、思い出し始める銀時。  「戻ってきてよ、戻ってきてよ、銀チャン!!」  神楽の悲痛な声がこだまします。(ボコボコにしている張本人の1人なのだが)カワイイです。神楽がやけにカワイイです。  が  甘いものを持ってきてくれたはずのお妙さん、。持ってきたのは、あの卵焼き。  銀時(まきぞえで近藤も)またしても記憶を失う・・・

 その後いろいろまわるものの、めだったことはえられず、仕方なくよろずやに戻ろうとすると、坂本の船の不時着でよろずや崩壊。  これでプッツリと糸が切れた。  自分のことで縛りたくない、と解散を決意する銀さん。  あの銀時が、世捨て人のように、さびしく2人の前から姿を消していく  「アタシ我慢するよ、酢昆布でいいから!!!」  2人の居場所(特に神楽にとっては唯一の)が、この世から消える・・・  皮肉にも、それを作ってくれて、待っていてくれた、銀時の手によって・・・  銀魂 6  ジャケットはメス豚さっちゃん、なんだけど、いいのかこのジャケット?すんごいアブノーマルすぎやしませんか?いや、いいのか?ホントに・・・  ちなみに既売の銀魂1巻(銀魂 1 完全生産限定版 でも可)の銀さんとつながってます、この絵。