モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

武装錬金 第8話「寄宿舎の夜」感想

 今、再び問う。

 なぜお前は戦うのか?選ばれし者として、多くの命を守る者として。  あの日の光景を忘れぬ限り、彼女は戦う、そう決意した、あの日。  新たなる戦いへの決意、斗貴子編。  ○神速の鎌、再び。  特訓に燃えるカズキとブラボー。というか、ノリよすぎ(笑)まあ、後で見ると、準備体操で(おそらくジャンルでいうと柔軟体操に当たるんだろうが・・・)既に死ぬぞ・・・終盤では武装錬金を発動しての訓練に入っていたが、果たしてどんな訓練なのだろうか・・・ブラボーの性格から言って、手取り足取り教えているとは思えない、ひたすら実戦、実戦、実戦、、、そんな気がします・・・  一方、置いてきぼりな斗貴子。まひろたちにも誘われるなど、和気藹々なムード。ちーちん・さーちゃんも本格参加?じみにすいけいすいじゃく好きというコアネタ(?)まで発動するあたり、今後もキャラ確立してくるんでしょうか・・・  そのなかで穏やかに過ごす自分に戸惑う斗貴子(どちらかというと、斗貴子がなじんでいることもあるけど、周りのメンツの人柄がよろしすぎるのもある、一応褒めてますが)。自分の戦う理由とは、なぜ自分はここに残されているのか・・・  そこに現れた敵、核金奪還を企てるLXEメンバー。鞭による集団催眠で、徐々に斗貴子を追いつめる、が、返って斗貴子をブチギレさせることに・・・  久々なんで忘れてました。序盤でパワーダウンしていたり、カズキの急成長があったりしていたので忘れてました。

 津村斗貴子。俊敏な鎌を持った錬金の戦士。本気にさせてはならない御方。  原作に引き続き、アニメでもきちんと描写しませんでしたが正義の戦士(?)とも思えない、バラバラで残虐な殺し方、まあ斗貴子さんらしいですが・・・  ブラボーの読み通り、えさ場として寄宿舎は狙われたようです。はっぱをかけようとしていた斗貴子が予想以上の火の付き方をしてはいましたが、まあ、これで心の場所はきちんと確立されたようです。しかし、すさまじい目つきしてます。怖いよ、ホント・・・

武装錬金3 [DVD]
高見明男(デザイン)和月伸宏(原著)大和屋暁(その他)
発売日:2007-03-28