モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

仮面ライダーカブト 第42話「お前が受けとめてやれ」感想

 信じた人がワーム(ネイティブ)だった・・・  ショックの加賀美に与えられた任務。それはネイティブを助け、ワームに屈することを意味していた。  加賀美へ託されたボール。加賀美へ、父の・田所の・そして天道の想いは届くのか。

 ○心のキャッチボール  ZECTがネイティブと手を結んでいて(陸は、僕(しもべ)で友人、と表現していましたが)、ネイティブによってマスクドライダーシステムは創られたことにショックを受けた加賀美。しかも信じていた田所までもがネイティブだったことで、不信感は拒絶感へと変わっていた。加賀美ほどではないにしろ岬や蓮華もショックを隠しきれない。  そこに舞い込んだ任務。アンチミミック弾と人質の交換という、いわゆる取引。 しかし、拒絶感の加賀美は怒り、さらにはガタックを放棄してしまう。  ちなみに、任務を拒絶するならZECTを辞めてもらう、と叫ぶ三島さん、死んでもらう、といわない当たり、それなりに息子への配慮はしているらしい(そもそも取引自体に不満がある三島だから、自分がやってワームを壊滅させようくらいの野心はあったのかもしれませんが・・・)  拒絶感と傷心の加賀美はグラウンドへ。海辺とか公園とかじゃなく、体を動かすことを選ぶ当たり、生粋の体育会系です(笑)  そこに天道が現れます。加賀美のボールを打ち返す天道。ちなみに1回目は合成っぽいですが2回目(バットを当てただけ)は本当に当てたように見えますが、果たして・・・  冷静になれない加賀美に、陸の想いをくみ取れ、と諭す天道。41話の短い会話のなかで、どうやら陸の気持ちを感じ取ったようです。なぜ加賀美が選ばれたか、なぜ加賀美を選んだか。  人間とワーム、人間と人でないもの。  愛する妹がワーム(ネイティブ)である天道や、愛する人がワームだった風間のように、人でないものに壁(拒絶)を意識しないところまで行き着いていない加賀美。弟がワームで、それを消滅させた(やったのはカブトですが)ことや、ZECTに入った理由が理由なだけに、人間か異形かという部分で分けてしまっている。でも、大事なのはそこではないのだと、君が信じたもの(ひと)も否定することではないのだと。。。  カブト初期から、平成ライダーでいえば(特に)555から問われ続ける異形の存在。果たしてカブトの世界の中で、人と異形の存在は両立し得るのか、それともどちらかが滅ぶしかないのか、少なくてもこの42話を見る限り、どちらか(この場合、人類・ワーム・ネイティブの三つどもえですが)を滅ぼすという選択肢以外にも道はありそうです。  ○豆腐対決、再び?  フリーズという反則技(言い切ることは全くできませんが)で敗れたHカブト。戦闘でここまで鮮やかに敗れたのはほぼ初に等しいだけに、さぞかしショックかと思いきや、そうでもないらしく(派手に海中に沈んだ割には濡れていないし、ケガもしていなさそう)。やさくれ兄弟にちょっかい出す当たり、まだ意気軒昂のようです。  一方、やさぐれの状態では初の会話。傘に天道を入れてあげる当たり、嫌味なのか優しさなのか・・・どうやら、今度は「どっちの地獄が深いでショー」対決?(豆腐料理再び)のようで、やさぐれているわりには、天道との勝負に関してはやる気あるようです。どんな料理になるんでしょうか。奥深い料理なのか、それとも激辛とか撃甘とかいう味覚を地獄へ落とすような料理になるのか?  さっそく豆腐を吟味しようと、街へ繰り出すやさ車。余談ですが地獄からのライダーということ、ZECTも関知し着れていない、などなど考えて、新たな組織の先兵なのか?と期待していたのですが、どうやら(今のところ)深みは全くなさそうで、ほとんどギャグ要員になりつつあるアニキ。キャラ的には人気なんだろうけど、そろそろストーリーに絡んできてよーーー  で、心酔したのか、ノリなのか、よくわからんうちに兄弟の仲間入りしている神代。実際明るいので、この集団が一層妙な集団になってしまう(爆)あ、そうか、だから乃木に引っかかったのか(?)妙に合わせて変身するのは良いんですが、3人がかりでも相手にされず、フリーズでお役ご免(笑)ホッパー兄弟、本当に成虫ワームには勝てずじまい。サナギワームの掃除役へ一直線?(ちなみに落下した先がちり紙交換?トラックの上・・・ごめんなさん、アニキ。笑っちゃいました、笑ったのはボクです(爆))  神代は結局兄弟破門(違。というか、入門していたかどうか不明)。落ち込んでいるところに天道が現れ「お前は岬を見ているようで、岬を見ていない」と忠告され、目が覚めてしまいます(?)この天道の話し、29・30話の料理の極意と通じるところがあって唸ってしまいました。極意に到達した天道だからこそ言えるせりふ。皮肉にもこのせりふによって天道はトゥーフー(天道、うつってる、ぼっちゃん語がうつってますよ)を再購入する羽目になり、このせりふによって岬との関係が修復し(と神代は思ってしまい)、岬は田所への迷いを吹っ切ることができたのです。ああ、またしても勘違い・・・場の雰囲気を読んでいない神代と、彼を眼中にも入れていない岬と、全くフォローをしない蓮華。ああ、まともな人間はいないのか・・・  ○真の結束  腹が決まった加賀美・岬・蓮華。協力して取引をうまくかわし(人質救出して、アンチミミック弾を渡さない。ちなみに蓮華ちゃん、久々に仕事で活躍)、後はガタックが乃木を倒せば万々歳なのですが、そこは前回、素手でガタックMを打ち倒した男(一部では人間体の方が強いのでは?という声も・・・)。ほとんど何もさせてもらえず、変身解除されます。ガタックゼクターが飛び立つ絵が見えなかったので消滅したとマジで心配しました(笑)  絶体絶命の加賀美を救う田所。例え人間ではなくても、部下のために命を投げ出そうとする田所に、どうやら加賀美も吹っ切れたようです。ベタながらも、差し出した手を強く握り返す絵はきれいでした。。。    さて、あとは借りは必ず返す男、天道総司(本人曰く、豆腐を買いにきただけ)。場所を移すように、にらみ合いながら移動する姿が、時代劇の立ち会いを方鬱とさせました。カッコヨイです。豆腐を買いにきただけとはとても思えない(余談ですが、天道はこの作戦には参加しなくてもよかったのでしょうか?エリア司令官の仕事をしているのか?そもそも・・・)  時を止めるカッシスに対し、Hカブトはどうするのか、と思いきや、ホーミング機能のHシューティングを時間差でぶつけるという力わざ。こういうとき、意外と(失礼?)小細工を使わないのは天道らしいといえばらしいですが、とってもリスクの高い方法でしたねえ。対策はあるみたいなこと言ってましたが・・・  カッシスもさすがにまいったのかサナギワームくりだしますが、それが命取りになりましたね。マキシマム・ハイパー・サイクロン!!!オールゼクターコンバイン状態でのガンモード、しかもHクロックアップフォームでのエネルギーチャージ、うわー燃えるーーー地形変わっちゃったし・・・  555もそうでしたが、究極ガンモードってなんであんなに迫力あるんでしょうね。マキシマム・ハイパー・タイフーンがかすむよ(泣)そっちのほうもHクロックアップフォームでやってくれ、あとハイパーキックもね、頼みますよ!!  田所との会話。ジワッときました。まだ根本的な解決はできてはいないけど、彼の中で信じる道が見えてきたようです、これで本当に田所チームは真の結束を得ましたね。これで加賀美の内面話しは終わりなのかな、少し寂しいけど、これであとはガタックとして突っ切るだけだ!!  天道家の夕飯は湯豆腐。最近ワタクシもハマッテおります。先日京都行ったときもいただきました。うまいです、やはり本場は違います。京都お立ち寄りの際は(特に南禅寺の)湯豆腐を是非!!そして・・・  忘れられたやさ車「どうせオレなんて・・・」←ま、いっかで片づけられました(泣)  すいません、笑いました、笑いまくりました。寒そう、痛そう、悲しそう、、、  キャッチボールって不思議。ベタだけど、(経験者として)キャッチボールほど、言葉を交わさずに相手のことを知ることができる動作はない、と思います(マイボス☆マイヒーローでもありましたが)相手なしではできないもの、心が温まる瞬間です。  BGMもない中で、陸とキャッチボールをする加賀美。最初は反感を抱いていたし嫌悪もしていた。でも父は自分のことを見ていたし、信じてもくれた。それがやはりうれしかったのだろうなあ。  でも素直に喜べるのは加賀美サイドから見ているからであって、まだ陸は加賀美に話していないことはあるし、何より本当にこれが陸の全て?と思ってしまう。この人はまだ何かを狙っているし隠している。謎もいくつか残っているし。。。  そして波乱は未だ終わらない。生きていた乃木、そして怒りとパワーアップ、さらに召還されたDカブト、、、こういうときに悟る、そう解決には、未だ何も動いていないということを・・・  ○次回予告  ・現代空間においての、カブトVS Dカブト。互角の力を持つ2つの最強がぶつかる。でもHゼクターがある分、カブトの方が優位なのは間違いないはず。果たして勝負の行方は、そしてひよりは・・・  ・乃木の逆襲、さらに強くなったカッシスに対抗策はあるの?  ○SHタイム  アニキ・・・やる気出すのはいいけど、、、つうかやる気あんのかいいいいいい  仮面ライダーカブト COMPLETE BEST ONE AND ONLY  毎年恒例のコンプリートベストの発売が決定しました。タイトルは「ONE AND ONLY」4枚組で8400円。まあ、これまでのコンプよりは安くなりましたねえ。  で、中身ですが  ・既売のサントラ  ・新規追加の音楽を収録のサントラ  ・劇場版サントラ、  ・主題歌、挿入歌(劇場版の主題歌も)に玩具シリーズオリジナル音源ベスト集 などが入っているようです。  うーむ、既出のものが2枚(実質3枚?)入っているということで、これらのCDを既に持っている人にはやや辛い内容かも(逆に全く持っていない方々には大チャンスですね)