モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

BLEACH 114話感想

 激突する一護VSヤミー。卍解した一護は、ヤミーを圧倒する。だが、内に秘めた‘自分’が一護を揺さぶる。終わりなき戦いが、いま、はじまる・・・  ○ウルキオラの目  バトル全開の回でしたが、前哨戦らしく両陣営の駆け引きが見物でした(もっとも一護側は、一護ではなく浦原サンですが)。  まずはアランカル側、ウルキオラ。  口ぶりからすると一護の実力を測りに来たといったところでしょうか。冷静なリーダー格(ウルキオラ)と、相手を過小評価しがちな大柄の男(ヤミー)というのはありがちな組み合わせですが(笑)それだけに、場合によってはヤミーを捨て駒にしてでもデータを集める、そんな冷酷さが垣間見えるウルキオラ。怖い(-д`-)ヤダワ  一方、一護と織姫の救援に駆けつけた、浦原・夜一コンビ。考えてみれば人間体(夜一)同士で登場するのは初めてかも。  元が冷静沈着な2人なだけに戦い方、役目の分担のしかたも絶妙。夜一1人でもヤミーを圧倒します(もっともヤミーは硬く、殴った拳を負傷しますが)。そして、おいしいところを持って行く浦原。うわー、かっこよすぎです。  しかも、虚閃と同じ威力で相殺!?どんだけ強いんですか、紅姫。でも、その紅姫を片手で弾くウルキオラ。いやー、アランカル側の強さの底が見えないのは当然なんですが、味方である浦原の力も底知れないってのは何とも不気味(味方なんですけどね・・・)  「さしあたっての任務は終えた」と去るウルキオラ。まだ本番じゃないってことなんでしょうか。逃げるような形になるとはいえ、死神側はチャド、井上、夜一、一護が負傷。アランカル側はヤミーが片腕と傷多数。こう見れば、たかだか一度の偵察での戦闘だけでここまでの被害が出たこと自体、死神の負けなのかもしれません。よく言えば、アランカルの強さの一端が見えたというところで、悪く言えば、ここまで実力が違うとは・・・と言ったところでしょうか 。    その中でも、一護の敗退と落胆は大きい。最初こそは圧倒していたが‘内なる自分’に邪魔され、後半はサンドバック状態。一護の身体が壊れたら、自分(白一護)だってタダじゃすまないのに、それを承知で邪魔をし続けるのは、一護が気絶したり意識がなくなった際に、(これまでのように)一護の身体を乗っ取るつもりだったのでしょう。身体を明け渡さなかっただけ、一護はまだ一護でいられた、ということでしょうか。  が、その代償はあまりに大きかった。誰一人として守ることができず、自分の身体を満足に使うことすらできなかった。  なぐさめようとする織姫ですが、彼女も素直に慰められない。  守られるのを良しとせず、みんなを守ろうとした織姫。しかし結果は椿鬼を失い(現時点では復元できない、ということですが)一護に助けられてしまい、ピンチの一護を助けることすらできず、最後は夜一に助けられ治療能力を発揮することもできなかった。ショックなのは織姫も同じ。  この時点で、一護も織姫も自分の中の思いでいっぱいいっぱいで、お互いに言いたいことや伝えたい想いを伝えられずにいる。そんなところが、正に二人の距離を象徴しているようです。どっかで触れようかと思うのですが、片思い中の織姫も、織姫を守ろうとする一護も、己の中の心情(お互いがお互いを護ろうとしている自分)で精一杯。相手が何を考え、何が必要で、何を求めているのか、という部分にまで目がいっていない。そこが一種のすれ違い状態を作っているんですよね。まあ、らしいといえばらしいですけど(爆)  でも、このままじゃいけない。死神世界から派遣された日番谷たち、そして  「久し振りだな、一護」  ※食欲旺盛な夜一サン。食事を運ぶ係がりりんたちなのに大爆笑アップそれにしても、よーくうなあ。