モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

仮面ライダー電王 第5話「僕に釣られてみる?」感想

 第2の憑依イマジン現る。ということでどこまでもついていない男(いや、ある意味憑いていますが・・・)良太郎の受難の日々が、また始まります。しかも、今度は詐欺師まがいの女好き(爆)はてさて、どうやるんでしょうーーー?

 ○モテる男  不運にも荷物が降ってきて、直撃&気絶してしまう良太郎。最近こんなパターンばっかりだな・・・で、取り憑いたイマジンによって変化した良太郎は、なんと超知的なイケメンに大変身(以下U良太郎)。どこから出てきたのか一張羅(多分)のスーツにフレームデカッなメガネ。で甘ーい雰囲気でナースのみなさんをノックアウト。これ、やりすぎな演出に見えないのが不思議。意外と自然に見えるのは、遊佐浩二さんの魅力?  「このカラダいいよねぇ」って賛否するU良太郎。「言葉の裏には針千本、最高っ!」(しかも一回転してるし)自分の言葉で釣れちゃう良太郎の体に満足の模様。良太郎がイマジンにモテる(違)のは、どんなキャラにでも変われちゃうルックスの良さってこと、なのかな。。。  しかし、ここまで色々キャラ変わると、良太郎、というアイデンティティの存亡に関わるのではないかとちょっと心配。そうでなくても周りからすると数重人格。己の中で処理できるんでしょうか??

 これに巻き込まれたのが、愛理争い真っ直中の(ある意味)悲しー男二人。今のところ野上姉弟に振り回され続けている二人ですが、これ以上のストーリー上の役割を期待してます(爆)金をすられた尾崎さんに、この後霊媒師として良太郎に付きまといそうな三浦さん。よし、名前覚えたぞ(失礼)  だまされ、あらぬ所から現れたハナにぶったまげていた尾崎さんもおもしろかったのですが、もっとおもしろかったのが三浦さん。M良太郎が 「この野郎、人の家土足で踏み込みやがって!」 というセリフに 「ええ!?ここって土足厳禁?・・・・」 と雪駄を脱いでるし・・・ひょっとして超弱気人間?

 ○ウラシマタロウ→ウラタロス  人の体で争い続けるモモとウラ(爆)「暑苦しいの嫌いなんだよね」的なキャラのウラタロス(ん?嫌がっていない?)と暑苦しさ全開のモモタロスデンライナー内で大激突?端から見ると、何の争いだよ、と思ってしまう。「良太郎は俺のもんだ」とか「この体は僕がもらうよ」とか・・・(ちなみに超人事なナオミ。2体の争いも完全に観客。いいんすか?それで・・・ウラタロスの命名者になってしまうし。)

 「てめぇ良太郎のセンスの悪さナメんなぁ?」いや、ホメてないし(爆)でも前回以来良太郎のことが好きになったモモタロス。獲られるわけにはいきません(これがまた、腐女子の争いのような会話に拍車をかける・・・)

 で、その奪い合いをされている良太郎はボロボロ。カニイマジンを発見し、電王Sになるものの後一歩でダウン。酒飲みのようにソード振り回していた割に「蟹のくせに 空飛ぶんじゃねぇ」(見ていて大爆笑でした)と石柱を蹴って当てるという、なかなかのストライカーぶりをひろうする芸達者(笑)もっとも石直撃→落下。でダウン気味のカニイマジン。良太郎の体が健全だったら、相当情けないイマジンとして名が残ったに違いない(爆)

 ○その他  ・弟が入院しても、とても慣れた対応の愛理お姉様。彼女にとっては、入院など転んですりむいた程度のレベルなのか・・・もはや天然なのか鈍感なのか、はたまた熟達者なのか?笑ってしまったけどやや不安・・・  ・「イマジンの臭いがする」「イマジンはあんたでしょ」「そうでした」いいのかああああ、それでええええええ。