モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

無双OROCHI 攻略日記6

 今作では、武将は3タイプに分類されています。もうこれまでの攻略日記で触れているので今更なのですが、まとめておきます。  ・パワータイプ  攻撃を受けてものけぞらない、いわゆるスーパーアーマーを固有能力として持ち合わすこのタイプ。なので敵攻撃・弓・鉄砲などの攻撃を受けても、こちらの攻撃を止められないので、流れが途切れにくいのが強みです(ダメージは受けていますので注意)。全体の特徴としては体力、攻撃力が高い代わりに素早さと無双が低いと言うことが挙げられますね。だいたい各勢力の武闘派はパワータイプと思ってもらっていいです(笑)意外なところでは今川義元徳川家康、さらにはくのいちもこのタイプに属します。  TAは「必殺技」無双をかなり消費しますが攻撃力はかなり高めです。  

 ・スピードタイプ  無敵状態で空中を移動できる空中ダッシュと、攻撃中にジャンプすることでモーションキャンセルができるジャンプキャンセルの2種類を固有能力として持つのがこのタイプ。明智光秀石田三成星彩魏延島左近あたりが代表格でしょうか。  このタイプのTAは「アーツ」と呼ばれ、主に2種類用意されています。どちらも使いやすいものが多く、キャラによっては無双を消費しないで使用できる、ほぼ通常攻撃と同じ感覚で使用できるのが大きな強みです。

 ・テクニックタイプ  特に固有能力を持たないものの、能力バランスが非常によい者が属しているこのタイプ。主人公格、超雲、真田幸村織田信長豊臣秀吉を初めとした、そうそうたるメンツがテクニックタイプ。TAは「EXチャージ」と「EXカウンター」の2種類。「EXチャージ」はかなりバラエティに富んでおり、破壊力を増した攻撃だけではなく、チーム全体の素早さや攻撃力などを上昇させるものもある。「EXカウンター」は攻撃を受けたときにTAボタン(初期設定ではR1)を押すことで発動します。超強力なのですが無双を消費するだけではなく、失敗すると無駄になるので注意したい。

 ○戦国 第6章  水攻めにあっている信長軍。信長は戦意が低下している敵軍を見て、水を抜くことを決意。軍を出します。  というわけで、水門を開放することが初期の目標になります。マップ下の孫権軍は、士気低下で後退するのでしばらく放置しても大丈夫です。凌統と共に水門を開放しましょう。マップが広い分、敵兵は何カ所かに固まるか、分散しているので撃破はそれほど難しくないはずです。  水門を開放すると、夏侯惇らが登場。かなり戦意は高いので放っておくと危険です。信長に突撃するので信長をがっちりガードしましょう。あとはそれほど強敵はいないはずなので本陣へ向かうのみです。ちなみに後退した呉軍は、後退はしますが撤退はしません。余裕があるなら撃破しにいってもいいと思います。

 ○戦国 第6章外伝  結構難しいシナリオ。まず、敵武将が2部隊いますが、なるべく奥から倒しましょう。そうしないと敵増援に対応しづらくなります。  初期部隊を全滅させると、敵の本隊が姿を現します。さらに敵への逃亡部隊2部隊を発見しますが、この2部隊、実は伝令兵的役割をしていて、逃亡先の砦までたどり着くと大規模な敵援軍がやってきてくれます。自分が向かっていない側の砦から増援が出ると、かなり厳しいことになりますので、戦闘2部隊は是が非でも撃破してください。(先程触れましたが)奥から敵部隊を撃破していれば、最後の敵武将は城の外での撃破になり、奇襲を防ぐことができるのです。  プレイヤー武将は敵砦を突破し、中央砦にはいると、ここで稲姫孫尚香が待ちかまえていて、ここから敵も総力戦に出ます。敵の数がかなり多いので、自分がいない側での敵の動きや自軍状況を手間暇惜しまず把握しておかないと、総大将(普通なら信長、信長を使用しているなら信忠)があっという間に敗走、なんてことがありえます。操作キャラと別方向の味方部隊の動向がこのシナリオの最大の難問。中央砦を突破しても伏兵が出てくるので、鉄砲に討たれるとかなりのダメージになります。味方武将が突出すると、あっという間に撃破されますので、例によってこまめに移動しながら安全を確保しましょう。  なお、1逃走する2部隊を砦到達前に撃破 2単独で中央砦に進入 など司馬懿の計略を全て看破し、かつ自分で撃破すると司馬懿が参入します。かなり難しいですが、1さえできればできたも同然なので、最初に触れたとおりに初期敵武将の倒し方を工夫するなど、色々やってみてください。

 ○蜀 第4章  劉備を捜し、南中へやってきた超雲一行。ここで南蛮の王・孟獲が襲撃されていることを知った一行は救援のために出撃する。  このステージは、南蛮武将を救出して、孟獲の信用を得つつ敵を撃破することが大きな流れになります。まずは祝融を救出。その後孟獲を救出し、マップに散っている南蛮武将を救出しましょう。交戦している敵武将を撃破すれば救出したことになりますが、敵兵も掃討すればなお安全に救出できます。  このステージは迷路になっている部分があるので迷わないように注意しましょう。またマップでは見極めにくい隠し?通路もあるので、ケースによっては道の1つとして考えてもいいかもしれません。南蛮武将は救出すると、後ほど救援に来てくれるので戦力差はそれほど気にしなくても大丈夫です。クリア後、孟獲祝融が参入します。  ・孟獲 南蛮の王。パワータイプの恩恵でのけぞりません。そのため攻撃速度の遅さを気にすることなく暴れられます。攻撃力・防御力は相当な高さですが、リーチの無さは致命的。周囲を攻撃できる技がないのも気になるところ。TAの投げは敵武将に非常に効果的。  ・祝融 南蛮の王の妻。エキゾチックな魅力にあふれていますが、実は夫同様パワータイプ。なので多少強引な攻めが可能ですが、孟獲ほど攻撃力・防御力があるわけではないので、気がつけば体力ゲージがヤバい、と言うことにならないように。技はブーメランを使った攻撃。リーチ、技のバリエーション共に文句はないのですが、やや攻撃速度が遅い。

 ○蜀 第4章外伝  魏延の宝物を奪った石川五右衛門に追いつき、撃破するのがこのステージの目的。五右衛門は相当遠くにいるので、追いつくには馬が必需品。敵の馬を奪ってもいいのですが、なるべく「馬術強化」で自分の馬を所持しましょう。  敵武将を撃破しつつ、五右衛門を負います。途中、見慣れない箱がありますが、これは五右衛門の宝。箱を壊すと、中身を入手したことになり、五右衛門が不安に陥り、速度を遅くするので、必ず箱を壊しましょう。ちなみにこのシナリオで五右衛門は参入しますが、五右衛門の宝箱を全て壊し、なおかつ自分で五右衛門を撃破することが条件。マップ中央まで、様々なところに宝箱はあります。見落としそうな所にもあるので気をつけましょう。五右衛門は阿国がある程度抑えてくれるので慌てずに宝箱を壊しましょう。  五右衛門のそばまで近づくと、宮本武蔵が五右衛門の救援に登場。ここで五右衛門を取り逃がしやすいので、武蔵を無視してでも五右衛門を追いかけましょう。ちなみに武蔵を撃破すると誤解に気付き、こちらの援護に回ってくれます。  ちなみにこの五右衛門。この後魏延の宝を奪った罪で、ねねによって幽閉されますが、有ることで脱走します。それは魏ステージをプレイしてでのおたのしみです。  ・石川五右衛門 天下の大泥棒。忍びの部類に近い存在らしいが、背中の大砲と棍棒を用いた独特の攻撃が、慣れるまで辛いかも。重量級の武将にしては全体的に平均値なのも特徴。