モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

仮面ライダー電王 第13話「いい?答えは聞いてない」感想

 4匹目のイマジンが出てきました(イマジン姿では未登場だけど)。それにしてもこれまでにない、とらえどころのない不気味な存在。そして早くも謎の解明編突入か?ではでは、電王13話、感想いっていい?答えは聞いてない(爆)

 ○それは深層に潜むもの  毎度の事ながら良太郎の体を奪い合う3匹。まあ(特にウラは)車両にずっといたら退屈になるのはわかるけど、深夜に体使ったらまた倒れてしまうんじゃ(案の定倒れてしまうのですが)。  それにしてもやはり肉体派のモモやキンタが使うと、良太郎の体は疲れそうですねえ。前回も「またあんな風に走りたいな」とか言ってましたが、相当疲れているはず。それを利用して、「少しは休めるよ」と甘い誘惑で良太郎を休ませ、まんまと体を奪うウラタロス。さすがサギ師。この後深夜にデートだなんて、一体何をするつもりなのか・・・そしてそんなウラタロスのストック(?)女性のアドレス入り携帯になってしまった良太郎の携帯の行方は・・・個人情報は大丈夫なのか?

 そこへやはりストレスたまりまくりなモモ、そして「泣けるで」と乱入したキンタ。大もめの3匹が突然締め出された。一体、なぜ?  そして後日、三浦に催眠治療を受けることになった良太郎。「悪霊に取り憑かれている」とは、意外と当たらずしも遠からず(笑)しかもこの催眠治療、効力はかなりあるようで尾崎、そして愛理姉様にも聞いたようです。そしてそれが、彼女の謎へとつながっていこうとは・・・

 ○破綻する感情  ハナにまたしても怒鳴られた3匹(キンタロスをも腕っ節で黙らせるハナちゃん。イマジンと戦えるんじゃないか、これなら・・・)余談ですが、脚線美が美しいのは結構なんですけど、怖いです、ハナさん。。。  が、3匹とも異常を察知します。良太郎が消えたように、つながらなくなったというのだ。店に赴いたハナは、荒れた店内と倒れた三浦を発見。どうやら良太郎が店を荒らしたらしい。しかも取り憑かれたというのだ。イヤな予感がします・・・  で、紫の瞳に(見た目目障りにならないのかな、と思う)ワカメのような前髪を伸ばしたR良太郎は公園へ。小鳥が集まる公園でストリートダンスの練習をしていた若者へケンカを売り(彼なりの正当な理由がありましたが)、圧倒し、なぜか友達になってしまうという(指を鳴らしていたので、おそらく催眠・遵守状態にさせているんだろうと思うのですが)よくわからない、気分屋なのか子どもなのか掴みづらい性格のようです(ちなみにclimax jumpのラップverらしきものがかかっていましたね)

 ○今回の契約は  今回の契約者は、どうやら公園の管理人のおじいさん。公園の動物たちがストリートダンスの音楽に驚いて逃げ出し怯える様子を見、注意したものの聞き入れられず、暗澹としているところに憑依されたようです。「公園を、動物たちの安心して暮らせる場所にしてほしい」という願いを(化け物に)してしまったようで、イマジンはそれをかなり排他的に解釈。事実上公園を力で封鎖するという行動に出ます。これは、どうなったら契約完了になるのでしょう?理屈で言えば半永久的に続けることになりそうですが・・・ちなみに今回のオウルイマジン、声は黒田祟矢さんですね。ボウケンジャーの闇のヤイバや戦国無双シリーズの服部半蔵でおなじみの、すごーく渋くて素敵な声の方です。

 ○危険な射手  良太郎を捜すハナ。モモタロスも砂状態で現れ、良太郎を捜しますが、そこにイマジンが登場。そういえば公園にいますね。  砂でのモモでは相手にならず、ハナ、まずいです。ここで、クロウイマジンは自ら公園を破壊し、鳥の家を踏みつけていました。「公園を、動物たちの安心して暮らせる場所にしてほしい」という、そもそもの契約を完全に無視してます。勝手な理屈に置き換えるところは変わりはないようです。  そこにダンサー、とその中にR良太郎が現れ、鳥の家を壊したことに怒り、電王Gに変身。竜のような顔が、これまでにない引き締まった印象と、すさまじいほどかっこよく冷徹な感じを引き立てます。  が、超絶な外見とは裏腹に、変身してもヒップホップなノリは変わらない模様。そのフォームでステップ踏むなよーー、と思わすつっこんでしまいましたよ(笑)  戦闘突入してもステップ踏みながら動くのは変わらず。あああ、落ちつかねええよ。でも、悔しいけどかっこよいよ。黙々と戦うのではなくステップを踏み、踊りながら撃ちまくる!!!  が、中々当たらず周囲を壊し、イマジンに命中しているのに他のものにも当てていくのでどんどん公園が壊れていく。もはや何がしたいのかさえ、段々不安になってきました・・・実際、デンバードで追跡するまではよかったものの、再び銃撃を繰り返し公園がガレキの山に(泣)ハナの声で「鳥の巣が壊れちゃうね」とあっさり砲撃を停止。。。  鳥を大切にするようなセリフを吐く一方で、鳥の住みかを破壊するような行為。テンポとノリで撃ちまくり、対象以外のものもたくさん撃ち尽くす。口調こそ無気力で優しげながら「・・・いい?答えは聞いてない」と独善的な一面をも見せていく。(聞きながらも返答させない、つまり初めから許可を求める気など無い、ということ)  いつ憑依したのか不明なれど、キンタロス・ウラタロスよりも前に潜んでいた可能性があり、油断を許さない存在。他のイマジンとを遮断するほどの良太郎の体を独占し、良太郎を眠らせ中々起きないほど深くまで閉じこめる。捉えづらくやりづらい。直情的なメンバーが多い電王チームのなかにあって異色な存在になりそうです。

 そして、愛理の思い出の場所とは?愛理が手放せない時計。くしくも毎回(ほぼ)過去に現れている謎の男とよく似た時計。時間を気にするようで、時計や状況を見、電王が現れる去っていく、この男の正体は?そして良太郎が口にした(つまり良太郎は何かしら知っている)愛理にまつわる思い出とは??