モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

コードギアス Sound Episode6 感想

 コードギアスドラマCDもこれが最終巻。なんだかジャケットもこれまでとはガラッと変わり明るい集合絵になってます。ドラマ本編に全く関係ないのは相変わらず(笑)かえって切なくなってしまう・・・  お笑いネタはほとんどなく、マジメなお話、かつ本編の補完として非常に重量感のある話しばかりで、じっくりと聞いてしまった内容になってます。  コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 6 ナナリー(名塚佳織) 黒石ひとみ B000UJAQKU ○STAGE0.916「黒 の キング」  リヴァルとルルーシュの出会いのエピソード。二人ともらしくてよい、特に己をもてあますルルーシュは久々なので、ついつい聞き入ってしまった、若いね(笑)ただ、リヴァルに限らず、学園生徒のデータを丸暗記しているところは、やっぱりルルーシュだなあ、と変に感心。  話しもかつて無いほど王道にして直球。それがかえって珍しく聞こえてしまう(笑)ちなみにリヴァルのプロフィール話しは、本編でもほとんど触れられていないのでちょっと貴重かも。  友人というにはあまりにも利害に満ちた始まり。でも、「こいつといたら楽しいかも」と思える相手と出会えることって、すばらしいことなのかもしれない(やけどする可能性大) ○STAGE0.884「帝国 の 兄妹」  死後、どんどん評価が上がっている(笑)クロヴィスと彼の兄妹たちのエピソード。クロヴィスがエリア11へと向かう前に交わされた、クロヴィスのエリア11への想いとは・・・  聞き終わって、皇帝はともかく兄妹は仲良かったのだなあ、とほっこり。もし何もなく日々が過ぎていたなら、ルルーシュやナナリーは家族愛の中で幸せに過ごせていたのかもしれない・・・  そして久し振りのクロヴィスですが、文化人・人格者としてはともかく、統治者としては甘かったのかなあと思わざるを得ない。ルルーシュへの想いをエリア11統治の決意に透水するのはまだしも、統治方法やビジョンの無いあたりは、不安を持たれても仕方がないのかな、と。(実際、本編で登場するクロヴィスは、不安と恐怖に揺り動かされ、破壊や虐殺を繰り返していますし)  ただ、人の想いを大事にするところは、少なくても敵はつくらないなあ。弾圧政治のあとで就任して、文治政治を行う役としては適任だったんだろうけど。 ○連続ドラマ「戻らない 夏の 日」STAGE21.534「最期 の 誘い」  祝:咲世子さん、SE初出演(‐^▽^‐)(‐^▽^‐)  それはいいとして(オイ)  行政特区日本の立ち上げ直前のスザクからルルーシュへの誘い。  二人が‘友達’としていられた最後の時間  二人にはそれぞれの思惑があった。でも、その思惑を内包しながら 「二人が力を合わせれば、できない事なんて何もない」で結びつかない悲しさが、ひしひしと伝わってきました。  もう無理だと、覚悟はしているけど、それでも、二人が、もう一度手を携える日が来ることを・・・  コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 6 ナナリー(名塚佳織) 黒石ひとみ コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 6 コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 5 コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 4 コードギアス反逆のルルーシュ Sound Episode 3 コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 2 コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 1 by G-Tools

ブログランキング・にほんブログ村へ

images