モーション・グリーン

気がつけばブログ始めてから10年を突破!たぶんこれからも本の感想とか特撮(仮面ライダー)とか映画とかアニメとかドラマとか。

ジージェネスピリッツ、プレイ中 その1

 いやー、予想以上に難易度は高いと思います。難易度が低いと思っていた1stやブルーで思わぬ苦戦。一時はトルネードG撃墜されましたし(汗)  それというのも、これまでのジージェネとは、ちょっと違った特徴があるため。    ・序盤での捕獲可能機体が少ない  これ大きい。これがないと戦力が増強しないし、資金も増えない。もっともZでは大規模な捕獲が可能らしいですが、今のところプレイしているステージでは捕獲可能機体が少なく、際どいところでクリアしても戦力が増えていかない(泣)  ・敵機(戦艦)の攻撃力が高い  こちらの機体が貧弱だからかもしれませんが、敵機の攻撃力が高く感じる。味方同様、敵機にも支援攻撃があり、条件を満たせば同時に3機前後の援護攻撃が降り掛かってくるのです。そりゃ、撃墜されますよ(沈黙)  また、以前も触れましたが、戦艦の攻撃力が強化され、複数の機体に10000以上のダメージを与えることが容易になってしまってます。これもシンドイです。  まあ、でもやりごたえがあってうれしい限りですけどね。今のところですが、プレイしたステージの感想を含めて、触れていきますので参考にしてください。  

 ○機動戦士ガンダム stage1  前半は、毎度おなじみのガンダム起動のシーンです。特にひねりもないので、普通にザクを撃破すればOK。  後半は、ミサイル撃破→シャア・ドレル部隊との交戦が大きな流れ。  ミサイルは密着した次の敵ターンで爆発するので、近づいてきたら一気に撃破してしまいましょう。  なお、stage1でコアファイター(リョウ)のランクをSにすることができます。コアファイター+ジム(初期自軍生産リスト入り)でガンダムを生産できるので是非とも欲しいところ。オリジナル軍(以下O軍)でHPを減らし、トドメを刺す形で経験値を稼ぎましょう。無理をせず、ガンダムの援護攻撃という形で経験値を稼ぐのも手です(いくらかは単独撃破必要)    シャアザクとザクは同時に戦うと面倒なのでO軍とホワイトベースを使って分散させましょう。ホワイトベースを前進させて囮とし、攻撃を引きつけます。その間にO軍を割り込ませて、ザクにダメージを与えていきましょう。コアファイターをSにするなら(最低でもシャアザク以外は)単独で撃破したいところ。なお、ホワイトベースを前進させると、間違いなくムサイの射程に入ります。ダメージを与えるのはいいのですが、損傷がひどくならないように加減してください。  余談ですが、ムサイには旧ザクが搭載されています。序盤の戦力としてもそれほど強力ではないですが(初期状態で生産可能)余裕があれば捕獲するのもいいでしょう。  どうしてもコアファイターをSにするのが難しければ、MS IGLOOのstage1で現れるサラミスorマゼラン搭載のセイバーフィッシュ(L3)を捕獲し、L6まで育ててコアファイターへ開発すれば安全です。時間はかかりますが・・・  ○機動戦士ガンダム stage2  地上戦です。ガルマ部隊との交戦なのですが、増援を含めて結構な数なので長期戦になります。  このステージ、ガンダムをSにできるのですが、ガンダムはガルマドップを撃破しないと登場しません。ガルマドップは動き始めるのが遅く、ホワイトベース部隊の射程に接近するのに数ターンかかります。それまでに近づいてくるドップやマゼラアタックを撃墜しすぎるとSに届かなくなりかねません。かといって放置するには、マゼラドップ砲は強力。ここらへんのバランスの取り方が最大の関門と言えると思います。もしきつければ前述のコアファイター+ジムでのガンダムの取り方でやってみてください。  純粋にクリアする場合、O軍は上部に配置し、ホワイトベース部隊の援護に回りましょう。飛行ができるトルネードGやフェニックスゼロがいるはずなので、接近戦攻撃が非常に有効です。ホワイトベース部隊は密着して援護攻撃がすぐできる体制を作りましょう。ドップだけになれば、驚異はかなり薄くなったと思ってOKです。シャアザクは援軍のガンダムを中心に対処。さらに来る援軍のガウ&ドップは近づいてくるまでに時間があるので、体制を整えてから攻撃すれば大丈夫です。  なお、ガウにはドップが搭載されています。捕獲するなら、無所属ドップを生かしておくのを忘れずに。  ○機動戦士ガンダム MS IGLOO stage1  難易度が低く、初回プレイにもってこい。  サラミス連邦軍戦艦が控える画面(以下宙域1)と、ヨルムガンドらが控える画面(以下宙域2)で構成され、行き来はできません。が、宙域2はほぼイベント展開なので問題はありません。  宙域2の観測機がいきなりセイバーフィッシュに狙われています。後退すると伏兵が登場するので、逃げ方に迷うところですが、実は伏兵を出現させることが、このstageのポイントなのです。  そのまま観測機は攻撃をくらっていきますが(意外とかわしますけど)、HPが危険域にはいると、宙域2の全ての敵をシャアザクらザク部隊が強制的に撃破してくれます。さらに宙域1にザクFが6機現れ、味方機として使用が可能になります。たかがザク(殴)ですが、この時代には、ザク以外にMSがいないので頼りになります。戦闘機、戦艦に接近を仕掛けていけば楽に沈みますので、O軍と連携(分担)して戦艦を堕としていきましょう。  ただ、戦艦の主砲は強力です。全段命中すればMSとて撃破されてしまうので正面からぶつかるのではなく、戦艦の届きにくい側面・背面(難しいとは思いますが)からの攻撃を心がけましょう。これは今後のstageでも共通して言えることです。  なお宙域2では増援としてマゼランが現れ、こっちに接近してきます。が、ヨルムガンドのENが回復すれば主砲をぶっ放して終わりです。  ちなみにセイバーフィッシュが捕獲可能です。コアファイターを開発から手に入れたいなら、ここで捕獲していくといいと思います。    ○閃光のハサウェイ stage1  難しそうなイメージがありますが、多少の我慢さえできれば初期戦力で十分攻略可能です。なによりΞガンダムが手に入れられるので、戦力の大幅UPが図れるのも魅力。戦力の整わない時だからこそ手に入れて欲しい機体です。  前哨戦はそれほど難しくありません。味方3機が常に援護できるように配置してあれば、攻撃・反撃に対し火力を集中することができるので、優位に立てるはず。機体性能はそれほど変わらないので突出しないように。  本編ですが、まずはΞの入ったダミー隕石に隣接すること。隕石に近づくと増援が出現。O軍そばにも現れるので迎撃しましょう。敵機はジェガンクラスなので侮らないように。なかなかしぶといです。  隕石には2ターン目に隣接できるはず。そしてそこから1ー2ターン粘れば、Ξが登場しますので、それまでに、なるべく散漫な反撃はせず、防ぐかかわすかして耐えましょう。  ΞをSにするには、味方機でダメージを与え、そこにΞが攻撃して撃破する、という形で1機ずつ確実に撃破していきましょう。言うまでもないですが、援護攻撃という形を取ると(撃破に参加した機体が等分して経験値を得るので)Ξの経験値が減ります。必ず単独攻撃で撃破しましょう。それを繰り返し、超強気にすればあとは、サーベル一振りでほぼすべての敵機を撃破できます。他の味方機は撃破されてもいいのでΞの壁になってもらい、ダメージを恐れずにどんどん仕掛けていきましょう。    O軍ですが、初期配置そばの敵集団を撃破したらΞの援護に廻りましょう。ペーネロペーに撃墜されないように注意してくださいね☆彡  ○注目機体・パイロット ・フェニックスゼロ フェニックス安価型。ファンネルやMAP兵器はついていないものの飛行可能な高性能機。序盤のO軍の要的存在。LvUPさせることで本家フェニックスへ開発可能。 ・トルネードG 最近のジージェネじゃおなじみのオリジナルガンダム。序盤の貴重な戦力なので、なるべく生かしたいところ。トルネードG+フェニックス=ハロが可能なので1機は残しておきましょう。 ・ガンダム UC限定の恩恵を受けてか、近年のジージェネの中で上位にはいるほどの高性能機としてスピリッツで活躍できそう。HPではフェニックスらを凌駕し、攻撃力・防御力共に後の高性能量産型MSとタメをはれ、飛行できないこと以外は高水準にまとまっていて使いやすい。文句なしに序盤のエース機なので、早めに入手しておきたい。また、ガンダムからの開発ルートがかなり豊富で、設計の媒体としても非常に優秀。 ・Ξガンダム 序盤で入手できれば天下無敵の強力MS。攻撃力・防御力・飛行可能でファンネル付き、と文句なしの超高水準。上記のやりかたで必ずSにして入手しておきたいところ(stage2でも入手可能)  

 ブログランキング・にほんブログ村へ  images