モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

ジージェネスピリッツ、プレイ中 その4

 戦艦についてですが、特定のシリーズを全てクリアしないと生産リストに登録されません。例えば、ホワイトベーズを使いたければ、1stのstage1-6を全てクリアして、初めて生産が可能になるということです。逆に、閃光のハサウェイやブルーのように、クリアしても戦艦は入手できないシリーズもあるので注意しましょう。もっとも初期生産リストに入っているキャリーベースは、万能型にして、性能も悪くなく、しかも2チーム8機搭載可能と使い勝手がよい。これさえ生産できれば当面は他の戦艦いらずです。  

 ○機動戦士ガンダム stage5  再び宇宙に舞台を戻し、ソロモン攻略戦です。  O軍を除けば、味方戦力はホワイトベース隊のみ。敵の数だけでいえば圧倒的に不利なので、分散して戦うのは少々危険。ここは、(時間はかかりますが)O軍とホワイトベース隊を合流させ、待ち伏せでの迎撃戦法が有効です。  最初の衛星ミサイル、そのあとのMS隊、そして戦艦。どれも時間が経てば近づいてくるので、そこをマスターユニット+援護で確実に撃破。ホワイトベース部隊とO軍機体を上下に展開させ、マスターユニットを交互に移動させながら+援護での攻撃をすると、バランス良く撃破ができます。ガンダムアムロ)でもいいのですが、マスターユニットはΞやフェニックスに任せるのも手です。  特定の位置へ移動orグワランの撃破で増援が出現。マップが横にいきなり伸びて、ピグザムら援軍が姿を現します。    まず、味方の損傷がひどい時は、戦艦に搭載するなどして修復させましょう。また、ピグザムの攻撃が怖いので戦艦は前には行かないようにしてください。そのうえで、初期同様、待ち伏せ作戦で近づいてくるのを待ちましょう。  ピグザムとガンダムアムロ)が戦闘をしたあと、スレッガー戦死イベントが発生し、ピグザムのHPが半分になりますので、テンションやENはその時まで、必ず採っておくこと。イベント発生後は一気に撃破してしまいましょう。言うまでもないですが、ビーム兵器は厳禁。接近戦かミサイル武器・ファンネル系を使いましょう。  ピグザムさえいなくなれば、あとはMSを残すのみ。20機近くいますが、待ち伏せ作戦でいけばいっぺんに全てを相手にすることもないはず。ハロランクを意識するなら、マスター+多数援護でポイントを一気に稼いでしまいましょう。  余談ですが、このstageでは、ガンダムorガンキャノンがSにできます。どちらも開発・設計に欠かせない機体なので確保しておきたいところ。  ○機動戦士ガンダム MS IGLOO stage4  詰め将棋要素が非常に大きいstage。つまり、クリアへの難易度はかなり高め。  2面のうちのO軍&ゲスト軍の面は難しくありません。増援こそ何度か出てきますが、セイバーフィッシュやジム・ボールが中心なので、集中砲火さえ受けなければ対処は容易だと思います。ただ、位置がほぼ4方から出てくるので(一度に全て出てくるわけではない)集団から離れた機体のそばに増援が出てくる可能性もあります。そこは要注意。基本はマップ中央に配置し、敵機に応じて位置を変えていくやり方でOKだと思います。  O軍の位置という意味では、むしろヨーツンヘイムは的になりやすくて邪魔になるかも。O軍を早めに合流させ、前面に出さないようにしたほうがいいかもしれません。  問題は別面。ゼーゴックによる戦艦撃墜作戦のほうです。制限ターン付き、さらには増援も登場し、その増援の戦艦も撃墜しなければならないため時間はありません。一度でもこちらの攻撃が外れたら即リセット、くらいの思い切りが必要だと思います。  ポイントは以下のとおり ・撃墜対象の戦艦は、ゼーゴックの攻撃で最低2撃は必要。超強気になると話は別ですが、途中増援のコアブースターの攻撃はなかなかかわせないのでテンションはあがりづらい。 ・戦艦はまず攻撃してこない。つまり1席撃墜に、最低2ターン必要になるということ。 ・制限ターンは8ターン。ターゲットは3隻+1隻。2撃×4隻=8ターン。ということで、外すことはまず許されない(管理人は1回外したがクリアはできた。が、クリティカルが出た分で帳消しにしただけで、外すとしんどいことに変わりはない) ・ゼーゴックのENに注意。そのターン中に、必ず戦艦に攻撃を仕掛けられるENを残しておくこと。つまり増援のコアブースターにかまっている余裕はほとんどない。  プラチナゲットのためにはもう一度プレイしなければならないのだけど、この詰め将棋をもう一度やらなければならないのかと思うと、やや呆然としてしまう・・・    ○ブルーディスティニー stage2  このstageも詰め将棋の要素が盛り込まれていて、非常に難しいstageの一つではないかと思います。  最大の難所は2箇所。ブルー(ユウ)が単独でミサイル発射台(以下:発射台)を制限ターン以内に全て撃破しなければならないこと。そして、O軍が到着するまでゲスト軍(フィリップとサマナ)が全滅しないようにすることです。 ブルーに関しては、以下、プレイしてみた感想を兼ねて、ポイントを列挙してみるので参考にしてみてください。 ・ブルーはサーベル一撃でザクを撃破可能(テンション普通以上) ・発射台は最低でも2撃必要(魂攻撃は除く)そして、発射台は攻撃してこない。 ・EXAM発動すると、各能力が向上するが、消費ENが1,5倍に増加する。なお、解除/再発動は任意に行うことができる。    つまり、発射台撃破ミッションに関しては、ブルーはサーベルのみ使用する形が効率的です(消費ENが低く、なのに攻撃力が高く外しにくい)。マシンガンなどは、距離の問題でどうしてもサーベルが届かないときのみ。  また、IGLOO stage4のときのように、ターゲットが攻撃してこない以上、こちらから仕掛けるしかありません。ターゲットは2台+2台(増援)の計3台。制限ターンは6ターンなので2(攻撃回数)×4(台)=8ターン、と計算上は全く余裕はありません。IGLOO同様、各ターン内に必ずターゲットに1撃入れなければほぼ失敗、と考えなければなりません。  ここを押さえた上で、以下、ターン別に見ていきたいと思います。 ◆1ターン目 ・ブルーは正面のザクを撃破(無論サーベルで)そしてダブデを挟んで左側の発射台を破壊しに向かいます。途中にいるザクは全て撃破し、最後に必ず発射台に一撃入れること。なお、左上にいる、やや外れた位置のザクは無視。敵フェイズの攻撃は全て回避しましょう。 ・マップ下のフィリップたちは、戦力だけならなんとか生き延びられそうですが、増援で出てくるハイゴックやドムのことを考えると、満身創痍で戦いすぎると危険。もしO軍でマスターユニットが配置可能で、かつ、飛行ユニットならその配置方向(右か左か)へフィリップたちを移動しつつ、敵機を撃破していきましょう。これは、O軍との合流を考えての行動です。攻撃はジムに先攻させて、とどめをフィリップたちが刺すという形で進めていき、超強気状態を早めに確保すること。 ・O軍ですが、初期面が、壁に覆われて分断されている状態です。壁を越えるには、一度空中に上がり、壁を越えて、再び地上に降下するという、面倒くさい行動をとらなければなりません。初期配置そばにはダブデが2隻いますが、これらの撃破で時間を費やしているとフィリップたちが危機に陥りかねません。できれば、2ターンで2隻を撃破したいところなので、機体を展開させる場合には、両方とも攻撃できるような展開位置に展開させましょう。マスターユニットは必須。できればΞあたりがあると、グッと楽になります。 ◆2-3ターン目 ・ブルーは発射台を破壊し、もうひとつの発射台撃破に向かいます。途中ダブデがありますが、攻撃するならサーベルで攻撃。次のターンで撃破し、そのまま発射台を攻撃しましょう。ザクは通路上にいるならサーベルで撃破。それ以外は無視しましょう。 ・フィリップたちはマップ右下からやや右中央まで移動。グフのヒートロッドだけは必ず喰らわないようにしましょう。 ・2ターン目にO軍はダブデを撃破していたいところ。撃破したならば、すぐに戦艦に収納して浮上。マスターユニットも浮上して、そのまま下へ進みましょう。 ◆4-5ターン目 ・4ターン目に発射台を撃破。ここで増援が登場し、その中に発射台がありますので、それの撃破に向かいましょう。下へ移動してザクを撃破。ステップを使って、一気に発射台まで移動し、攻撃して、ターン終了。次のターンで発射台を撃破し、最後の発射台へ向かいましょう。もし、魂状態ならEXAMを発動させ、サーベルで攻撃すれば一撃で撃破できます。また、ブルーのランクが上がっていれば基本攻撃力が上昇しているはずなので、魂状態ではなくても撃破できるかもしれません。なお、ここまで無視してきたザクが追いついてきているはず。テンションの調節や移動距離を稼ぐなど、用途に応じて撃破しましょう。 ・フィリップたちのエリアには、そろそろ増援がでてきて、苦しい状態になっているかもしれません。これ以上上へ移動するとトーチカの射程に入ってしまうので、苦しいところですが、位置を固定してしのぐしかありません。ジムコマンドが超強気ならばザクを一撃で撃破できるので、テンションをうまく調節しつつしのいでいきましょう。確率と運に左右されやすいのでセーブ必須です。 ・O軍は、この流れで行けば、そろそろ降下可能位置まできているはず。途中にいるガウは無視してOK。とにかく降下を最優先させることです。特にマスターユニットは5ターン目には降下させたいところ。降下させれば、あとはフィリップたち残存勢力の援護をプラスした攻撃で敵機を撃破していきましょう。 ◆6ターン目以降 ・順調に行けば、5-6ターンでミッションはクリアできるはずです。発射台を全て撃破すればブルーは一時後退し、次ターンでフィリップたちのエリアに再登場します。経験値は受け継がれているので、このまま周囲の敵機を撃破してSにしてしまいましょう。 ・マスターユニットが合流したことで、フィリップたちは危機から脱することができたはずです。O軍と合流し、残りの敵機を撃破していきましょう。なお、イフリート改が増援で現れますが、イベントを見たい方でなければO軍で囲んで攻撃し、ハロポイントと経験値をごっそりいただいていきましょう。  運に左右されますが、これでクリアできるはずです。が、これでプラチナとるなんてどうすりゃいいんでしょ?  ○オススメMS  ・ブルーディスティニー  過去、これほどブルーが強かったジージェネがあっただろうか?と思ってしまうほど、すさまじい強さをほこってます。原因はマグネットコーティング(何度か触れていますが)攻撃・防御・機動全てに+5の効果がある、このパーツつけていることで、次世代MS並みかそれ以上の数値になります。(だいたいMk-Ⅱクラス)この数字ならば、バーザムクラスらでも渡り合えます。そりゃあ、ザクなんか目じゃないのも頷けてしまうニコニコこれでEXAMシステムを発動させると、さらに+5(つまり合計+10!!数値だけならZ・ZZクラス)2号機・3号機も同様の強さ。隠れた強力機体です。  ・ガンダムMK-Ⅱ  主力機体ではないものの、中堅の優秀機体として使える、オールマイティーで安定性のある機体。今作品ではG-3ガンダムから開発可能という、珍しい経路で手に入れることが可能なので、早い段階で入手することができる。  ・リックディアス  上記のMK-Ⅱが入手できれば、設計で入手することができる機体の1つ。近中遠どこにでも対応できるバランス武装が大きな魅力だが、ENがやや低めなので大事な時のガス欠に注意。  ・ハンマハンマ  ファンネル系+ガザ系MSで入手可能(多分。気が付いたらリスト入りしてたので)。威力の高い遠距離攻撃は、援護攻撃の際に重宝します。開発先がドーベンウルフとゲーマルク。どちらも戦力として不足はないので積極的に経験値を稼ぎましょう。  ・Zガンダム  リックディアス+MK-Ⅱでリスト入り。機体性能や武器威力は言うに及ばず。さらに今作品では覚醒消費武器(ファンネルなど)を無効化できるアビリティを装着(劇場版で初披露されたカミーユの荒技)。これにより、序盤より中盤から終盤(特にZ・ZZ・逆シャアシナリオなど)にかけて、非常に重宝する機体になりました。対ニュータイプキラーとして、グループに一機確保しておきたいところ。   ブログランキング・にほんブログ村へ images