モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

ジージェネスピリッツ、プレイ中 その5

 以前にも触れたかと思うのですが、ハロポイントを稼ぐことを優先すると、機体を育てることがしづらくなります(援護攻撃によって経験値が分散されるため)。一方、育てようとするとハロポイントが稼ぎづらくなります。目的を持って、stageに臨むと、行動が明確になります。  なお、ハロランクによって手にはいるオプションパーツ(以下OP)は、一定のクリアstage数に達すると、種類が増加します。既クリアstageで稼ぐのも手ですが、ある程度進んでおかないと、アイテム数が増えないという事態になることも。  

 ○機動戦士ガンダム stage6  いよいよ1stもラストstage。長い戦いになりますので、補給を怠らないようにしてくださいね。  まず、2つの面(行き来不可)に、ホワイトベース隊とO軍がそれぞれ配置されています。敵MSはゲルググを含めかなりの数にのぼり、一番奥にはドロスが控えています。ちなみにドロスを挟んでホワイトベース隊とO軍が配置されているので同じドロスが面をまたがっているの?と思ってしまいますが別物です。  ドロス以外は放っておいても向こうから近づいてくるので、待ち伏せ作戦が有効です。ただ、注意したいのが、ドロス搭載MSも混じって近づいてきます。もし捕獲したいなら一緒に倒してしまわないようにしてください。ドロスは、ひとしきり撃破したあと、近づいて攻撃しましょう。ちなみに、ドロスの射程はかなり長いので注意が必要です。ホワイトベース隊の場合は、サラミス2隻との援護砲撃を使った、ホワイトベースの攻撃で、あらかじめHPを削っておくと、時間短縮できます。O軍については、戦力に応じて攻撃すると良いでしょう。もし自信がないならば、戦艦の砲撃や接近戦でHPを削って攻撃。  どちらかのドロスを撃沈すると、ジョニーライデンが率いるMS部隊が現れ、さらにキシリア艦隊が登場。面が1つになり、O軍は上・ホワイトベース隊は下に配置されます。  もしO軍がドロスを撃沈したなら、周辺に敵機はいないはず。O軍は右か左に戦力を集中させ、そのまま下方へ移動しましょう。中央の敵戦艦は真正面から行くと集中砲火を受けるので、1隻ずつ相対するようにどちらかの方向へ寄って移動するのがコツです。その方向の戦艦を撃墜したら、そこから中央へ寄っていき、1隻ずつ撃破していきましょう。焦らず、HPやENの低下はこまめに搭載して、万全の状態で臨みましょう。  ホワイトベース隊も同様にして動きたいのですが、ジオングが中央からやってきます。基本的にはガンダムを狙ってくるので、ガンダムを前に出しつつ、他機を援護できるように配置して待ちかまえましょう。ガンダムジオングを撃墜するとホワイトベース隊はア・バオア・クー内部へ移動。ガンダムVSジオングはほぼイベント展開ですが、残されたホワイトベース隊は敵MSと単独で交戦しなければなりません。しんどいですが、1機1機確実に撃破していくことがポイント。ホワイトベースに砲撃をさせたり、散布で命中率を下げさせるなどのサポートをさせるとgoodです。無論、撃墜されないように。  実はガンダムジオングを撃墜しない限り、この強制移動はおきません。が、ハロポイントは稼げなくなるので、高いランクやキャピタルを得たい方は冒険してみてください(笑)  ○機動戦士ガンダム MS IGLOO stage5  ラストstageにしては難易度が低いです。楽勝とまでは言いませんが(苦笑)  まずは前哨戦。ボール5機に対して、オッゴ3機での全滅がクリア条件になります。  オッゴとボール。性能こそ互角ですが、武装の差でオッゴが有利なので、数の不利はそれほど気にはなりません。が、ボールのキャノン砲を喰らうと一気に昇天しかねません。また、ボールはチームを組んでいるので、敵フェイズには援護を交えた集中砲火が予想されます。不安であればこちらから近寄らず、ある程度待ち伏せで足並みを崩し、援護を交えた攻撃で確実に1機ずつ撃破していきましょう。エルヴィンのオッゴさえ撃破されなければ敗北にはなりませんので、残りの2機を囮にするのも手です。    で、本編。  なんでこのstageが楽かと言いますと、援軍で登場するピグラングが超強力MAだからです。  攪乱幕常時散布状態(つまり、ビーム兵器はシャットアウト)、ミサイルを初めとした武装の充実さ、そして何より、一定範囲内の味方機体のHP/ENを回復してくれるというスグレもの。  このピグラングがあれば、ミサイルを使わない戦艦は全く敵にはならず、ビーム兵器が主流になっている連邦軍MSも、ダメージを与えることはできない。ほぼ無敵と言うことなのですよグッド!O軍の戦力との相談になりますが、後方の艦隊と、前方の艦隊に分散させるよりも、どちらか片方向の敵を集中攻撃するやり方の方が犠牲は少なくて済むと思われます(プレイ時間は長くなりそうですが)  ちなみに、所定の位置へヨーツンヘイムを移動させると、敵援軍も登場するが味方援軍も出てくるので、戦力バランスは保てるでしょう。ジムコマンドが捕獲可能なので、まだジム系を育てていない方は育ててみてはいかがですか?  ○ブルーディスティニー stage3  ブルーラストstage。  まずは前哨戦。HVLの護衛ミッションです。初期配置では、敵機は下から上へと攻めてくる形ですが、HVLの四方から増援がそれぞれ一回ずつ現れますので、あまり遠くに行きすぎないようにしましょう。射程外ならばこちらから近づかず、敵から近づかせ、集中砲火で沈めるというパターンがベストです。  とはいえ、味方機はブルー3号機とザクⅡが2機と、やや火力不足。(テンションにもよりますが)グフ・ドム・ハイゴックに関しては、ブルー3号機+ザク2機の援護で撃墜できない可能性もあるので、射程などを調節しながら攻撃をしていってください。機体性能こそブルー3号機が勝っていますが、接近戦でHPをじわりじわりと削られていきますので要注意。  HVLはHPがかなりあるので、数ターンは十分持ちこたえられます。慌てず、確実に1機ずつ撃墜していきましょう。  そして本戦。  まず、HVLを面移動させます。スタート時点でHVLは敵MSに囲まれており、放っておくと撃墜されてしまうので、まずはO軍と合流させましょう。O軍はHVLの元へ向かい、しばらくはHVL周辺で敵機の掃討に当たりましょう。敵機はリックドムゲルググまで加わっているので油断は禁物。単独行動は集中砲火の的になりますので要注意。  ある程度敵機が片づくと戦艦が移動を開始するはずです。戦艦の砲撃が命中すると面倒なので、HVLは右か左かどちらかに移動し射線上から外れるようにしましょう。また、自軍機は、戦艦の攪乱幕を利用して、ビーム兵器をシャットアウトしてしまいましょう。  因縁のユウVSニムバスですが、別エリアでの戦闘後、本エリアに現れて激突します。(未確認ですが)ユウとニムバスが刺し違えてしまい、2号機・3号機は撤退してしまうので、ハロポイントや経験値が欲しい方はユウになるべく戦闘をさせずに、他の機体で撃墜してしまいましょう。かなりの数値が得られるはずです。    ○オススメ&管理人がゲットしたMS ・ZZガンダム (未確認ですが)変形前と後では必要経験値が変わるらしい、バグがあるMS。とはいえ、性能には文句のつけようがなく、MAP兵器もついているので用途は広い。ただ燃費は悪いので長期戦には注意。開発でスペリオルやFAZZが作れますので育てて、更なる戦力アップを図りましょう。 ・MK-Ⅱ(黒) 白と比べて、武装が弱い印象がありますが、今作品では独自武装としてシールドランチャーなるミサイルが装着されているため、それほどの弱さを感じなくなりましたね。EN消費もそれほどひどくないので安心して使える。しかも、この機体からヘイズル系MSが開発可能なため、育てて損なし。 ・GP01Fb 念願の宇宙対応を手に入れた01.がその代わり地上対応がガクンと低下したため、実質宇宙専用MSになったと考えればOK。原作どおりの移動力がありますが武装は相変わらずパンチに弱い。余談ですがビームサーベルのアニメーションはかっこいいので一見の価値アリ。ここから03S、そして03Dへと開発可能ですが、かなりの経験値が必要。ここから相当先は長いです・・・ ・ネティクス ニュータイプ用なはずなのに、ニュータイプ用なイメージがないアレックス。そんなアレックスに有線攻撃武装を追加したら・・・というオリジナル機体。武装・機体能力共に文句のないバランス型にまとまっていて使いやすいと思います。ただ、ZZ以降のファンネル、インコム機体と比較すると見劣りする気も。 ・ガンダム5号機 4号機がビームランチャー型だったのに対して、こちらは遠距離対応のガトリング装備の万能型。4号機ほどではないにしろ、遠距離攻撃の燃費はそれほどよくはないので要注意。個人的にはこちらの方が対ビーム対応の機体に対しても攻撃できる分、使いやすいと思います。  3シナリオが一気にクリアとなりました。壁紙2枚載っけます。           ブログランキング・にほんブログ村へ images