モーション・グリーン

気がつけばブログ始めてから10年を突破!たぶんこれからも本の感想とか特撮(仮面ライダー)とか映画とかアニメとかドラマとか。

BLEACH 156話感想

 十刃落ち:チルッチに挑む雨竜  と言うより  雨竜とペッシュの漫才??  つうか、  ルキアVSアーロニーロ戦はお預けですかああああああああDASH!  ○緊張感なき戦い  一応、時間軸は同時進行状態の模様。  つまり、一護対ドルドーニが行われた後、ルキア戦が開始。そしてルキア戦のほぼ前後で雨竜戦・チャド戦が始まっている状態。つまり、前回ルキアがアーロニーロの真の姿を見た、その時の雨竜戦、ということになる模様。    新たなる十刃落ち・チルッチの変幻自在のムチ攻撃に苦戦する雨竜。頼みの弓矢攻撃が効きづらく、かわすことのみの状況。    そこにやってきたのは、なんとペッシェ。  ネルら三人組(+一匹)の中で、最も雄弁で、最も軽い男(?)で、最も小心者(笑)  そして、地味にエロいすまいる  戦いのすさまじさに、こっそり逃げようとするものの、チルッチのスカートがミニだという事実に気が付き、スカートの中を見ようと、どんどん接近。当然チルッチに発見されてしまうという哀れさ。。。現世ならチカンで逮捕だぞ(爆)  さらに、雨竜の名前を間違え、雨竜とのキケンな関係を妄想し、完全に雨竜の足を引っ張ります(笑)雨竜も(次第に)応答するようになったものだから、もはやチルッチはそっちのけ状態(笑)  元々、雨竜はまじめな性格のはずなのですが、一護のような熱血系やペッシェのようなフリーダム(爆)系にはとことん弱いらしい(;^_^A  地味に使えそうな気配を出しながらも、Bパートを振り返ればほとんど役に立たなかったペッシェ。それに対して、あのノリはもはや天性ですか?それとも確信犯??ああ、どっちにしろ深刻な状態を完全に忘れてしまいました・・・  なんだかんだいいながら、チルッチを追いつめ、解放させるところまでは、ペッシェが大仕事をした、ということなっているのかなあ。必殺技インフィナイト・スリック(無限の滑走)が、見栄えと印象度は最悪に近いですが、チルッチを追い込んだのは事実。もっとも無限ではなく有限でしたが(笑)。  屈辱ながらもペッシェにやられたチルッチは“ゴロンドリーナ(車輪鉄燕)”を解放。解放前よりさらに効かなくなった弓矢では決定打を与えられず、次第に追い込まれる雨竜  そこへ、雨竜が持ち出したのが奥の手“ゼーレシュナイダー(魂を切り裂くもの)” 滅却師。新たなるアイテムは、なんと剣?雨竜の立ち回りが見られれば(真剣な)雨竜が見えてくるかも?  もう、今回はペッシェ役の子安さんに尽きる!!たまには真剣な戦いにもかかわらず漫才(?)をしている二人も良いものです。でも次回はマジメにやって欲しいですなあ。  

BLEACH 破面(アランカル)・ 虚圏(ウェコムンド)潜入篇 2BLEACH 破面(アランカル)・ 虚圏(ウェコムンド)潜入篇 2 折笠富美子 森田成一 阿部記之 アニプレックス 2008-01-23 売り上げランキング : 2015 おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

images