モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

ジージェネスピリッツ、プレイ中 その11

 今回は自軍で使用可能なキャラクターについてです。といっても、このジージェネスピリッツでは、命中率・回避率の確率数字が当てにならないと評判です(苦笑)10%でもかわせないことはよくあることのようです。(ただ、スパロボと比べると確かに当てになりませんが、何回か試すと確率通りの結果が出ているように思います)従って、命中や回避に影響を与えるパイロット能力よりもユニット能力が重視されがち。なのですが、パイロット能力が高ければ当てやすくかわしやすくなりますので、気にしても損はありません。ここでは優秀なキャラクターを紹介します。 SDガンダム Gジェネレーションスピリッツ    ○能力値限界について  能力限界とは、LV99時点の射撃~整備までを足した数だそうです。どの能力が高くなるかは各キャラそれぞれ傾向がありますが、ある程度ならばセーブ&ロードで対処できます。ちなみに能力限界値の限界値は457。この数値に達しているキャラは調整せずとも魅力以外の全ての数値がMAXまで成長します。つまり超優秀キャラにしてトップエース候補なのです。今回のキャラ紹介も能力限界値を参考にしてみていきます。  ・1st  参入してくるのは全部で7人。やはりというか当然というか、シャアとアムロがぶっちぎりです。2人とも入手するには1stをオールプラチナ狙うしかありません。1stはある程度進んでからプレイすると攻略しやすいので、中盤辺りでプレイしてシャアやアムロをゲットしましょう。ゲットすれば即主力として活躍してもらいましょう。難点は二人の使用不可なシナリオが多いことかな?  ・IGLOO  意外(失礼?)にもヒデト・ワシヤが急成長する可能性大。課程にもよりますがトップエース組を狙えるほどの力を秘めていますので育ててみましょう。そのほかはモニクやオリヴァーも優秀です。二人とも条件を満たすと覚醒するのでじっくり育ててください。  ・08小隊  3人とも早熟タイプのようで、初期能力の高さに対して大きく伸びることはなさそう。シローは覚醒しますがトップウラスはやや厳しいか。  ・ブルー  (既に覚醒済みのマリオンを除いて)3人全員が覚醒するというレベルの高いブルーメンバーですが、その中でもユウとマリオンはずば抜けています。マリオンは初期能力こそ低いですが急成長する余地があり、トップクラス入りを十分狙えます。ユウは初期能力の高さに加えて限界値MAXというポテンシャルを秘めています。存分に使い回していきましょう。  ・戦記  ポテンシャルの高さならこのシナリオで参加するキャラは全員すさまじいものがあります。全員が覚醒し、ケンとマットは限界値MAX。サブキャラのはずの残り3人もエースパイロット顔負けの能力まで上昇する可能性を秘めていますので、戦艦のサブなどやらせずにパイロットとして育成することをオススメします。無論サブメンバーとしても優秀です。  ・閃光の果てに  4人全員が覚醒するなど、ここもポテンシャルが高いです。ただ、能力はやや早熟タイプが多いので、後半伸び悩むかもしれません(フォルドは逆に伸びるかも)  ・ポケットの中の戦争  限界値MAXのバーニィに尽きます。以上(笑)  ○宇宙の蜻蛉 stage2  シーマ艦隊がコロニーを奪取する話。ソロモン(この時はコンペイトウか)での核バズーカ発射の裏で行われていたミッション、OVA見たときは鳥肌が立ったなあ。星の屑作戦の真の狙いがここにあったとは・・・  さてstage2のほうは、要は護衛任務。シーマ艦隊の戦艦3隻を指定ポイントまで誘導すればクリア。  戦艦はムサイx2、リリー・マルレーン。護衛がゲルググMx3とシーマ専用ゲルググM。  当然、味方戦艦の撃沈がゲームオーバーなのでが、味方戦艦は他にMSを搭載しておらず、O軍を向かわせなければ防衛戦力が皆無という状態。特にムサイは油断しているとあっという間に堕とされるので要注意。  お分かりかと思いますが、プレイヤーの進軍にあわせて増援が現れます(苦笑)  基本はO軍を中心にして道を作っていきます。戦艦よりも先に先行して敵機を撃破。安全を確保して戦艦を通す、という形でOKです。  敵増援は何度か現れます。特に痛いのが後方からの敵増援。しかもマゼラン、マゼラン搭載のジム改x3、ジム改x3というかなりの数。味方戦艦を移動させずに初期位置に置き過ぎていると、あっという間に群がってきて撃墜されますのでご注意を。少しずつでいいので右方面へ移動させていくといいと思います。O軍はある程度進路が確保できれば反転しておきましょう。移動力のある機体をMAP左へ向かわせておくと楽になります。余裕があればマスターユニットを配置しておけば、攻撃の狙いをそらすことができますのでお試しを。ここも次世代機が数機あれば性能で圧倒できるので早めに行動しておけば難しくはありません。  ○Z stage1  Zは劇場版が元になっているんですね。BGM聴いて再確認しました。ZZとつながらないところを思いっきりスルーしているところが、かえって潔いです(爆)まあ、大筋の流れは変わらないので、それほど気にせずプレーできますが・・・  まずは前哨戦。おなじみのMK-Ⅱ奪取戦です。  潜入部隊orカミーユ機が脱出ポイントに到達すればクリア。援護とチャンスステップを使えば2ターンでクリアできますが、全ての敵機をクワトロ機で撃墜すればS登録可能です。それほど難しくないと思うのでチャレンジしてみてください。なお、これ以降のstageでも挑戦可能ですので。  そして本編。  これまで意外と無かった、カミーユの両親とエマの寝返りイベントが発生するシーンを題材にしてます。  敵の数は味方機と比べるとかなりのものだが、搭載機が意外と多いので、ある程度の周期で戦艦に搭載されます。なので攻撃の隙間ができるので思ったほど苦戦しないかもしれません。なおMk-IIをSにできます。前哨戦のリックディアスとあわせてこのステージだけでZガンダムが出来るてしまうのでかなりお得。  攻略ですが、カミーユ機をSにするなら、ある程度は単独で戦わせる必要があります。そばにいるジェリドはカミーユを追いかけますが、カミーユが攻撃範囲内にいない場合は他のキャラを狙ってきます。ついついカミーユ以外は攻撃しないんじゃないかと思いがちですが要注意。 もっともカミーユを超一撃状態にするとジェリドを一撃で撃破できる(超強気だけでは足りない)ため、うまくテンションの調節をして臨みたいところ。  ボスニア、ライラ部隊がアーガマの後ろ奥面に増援として出現します。初期位置のまま動かないとアーガマがねらい打ちされやすいのである程度移動しておこう。ボスニアは奥面から前面に移動しようとするが、常にボスニアに重なるようユニットを配置してやれば前面に上がって来れないため時間稼ぎにはいい。 逆に敵艦だけになった場合、前面と奥面を行ったり来たりすると敵戦艦が攻撃できないため回復時に活用したい。いずれにせよ、いっぺんに相手をするのはきついので、O軍はMAP下の本隊か増援のどちらかに攻撃を仕掛けて挟撃を避けるようにしましょう。  ちなみに第3軍のフランクリンはカミーユを狙ってきます。パイロットはともかく、機体が機体なだけにカミーユには悪いがさっさと落としておいたほうがいいです。カミーユはある程度敵機を撃退したか、HPがまずければ、アーガマと合流しましょう。S登録を考えるならライラ隊とも戦っておいたほうがS登録が容易になります。  なお、1面の割に捕獲できる数が多いので序盤の資金、経験値稼ぎとしては中々良質。機体も悪くはないので戦力としても使えますよーー  ○08小隊 stage1  前哨戦は、これまたジージェネシリーズではおなじみのシーンなので省略(爆)    本編ですが、これまで以上に辛いstgaeになっています。O軍が未成熟な時は、他のstageで戦力アップを図りましょう。  開始直後はシロー機を欠いた、陸戦型ガンダム2機とホバートラックのみ。初期配置位置のすぐ近くに砲台が設置されている上に、近距離に多くの敵が配置されているため、無策で08小隊を接近させるとかなり危険です。力押しはO軍の戦力が充実している際のみ行いましょう。  順序としては、O軍との合流を目指しつつ、左右どちらからか接近。砲台は厄介なので優先して撃破。ヘリコプターは、攻撃力こそ皆無なのですが、ミサイルランチャーがほぼまちがいなくヒットするのでテンションがなかなか上がりません。目障りならさっさと撃破してしまいましょう。序盤は陸戦型ガンダムのENに注意。危険な際は無理をせず後退するのも手です。    侵攻していくうえでまずやっかいなのがノリスのザク。 落とすとアプサラスなどがやってきてしまうため一番最後に倒すのがベスト。 とはいえ、ノリスは強敵なのでヘタに手をださないのも自殺行為なので、O軍で攻撃を向けさせるのがいいでしょう。最悪ノリスからの攻撃は必要ダメージと思って我慢しましょう。特に増援で現れるシローはノリス(だけではなく)その他の敵からの集中攻撃に注意。  ノリスを倒し、増援が発生した後は、損害状況に応じて行動しましょう。無理をせず密林へと後退するのも手です。 その場合、左右どちらかに味方を偏らせて配置すると、接敵するタイミングをズラせ、一度に相手をしなくて済みますのでオタメシあれ。  ちなみに予想されているアプサラスは初期登場位置から動かないので放置で問題ない。 増援を倒し終わったらアプサラスに接近。射程を確認してMAP兵器に注意しよう。MAP兵器の威力は5000なので、充分なHPがあり、次のターン確実にしとめられるなら、正面から受け止めてもOKです。    ○管理人のお気に入り&注目機体  ・F90Ⅱ  F90の発展系。なのですが武装・性能どれをとっても決め手に欠ける。戦力には成り得るが、F91→クロスボーンGのルートを優先させた方が良い。  ・F91  お待ちしてましたよ、次世代MS。ここから開発はできないのですが、クロスボーンGの設計素材となるので取っておきましょう。機体としても非常に優秀で、超強気状態でのビームライフル連射やMAP兵器など頼りになる要素が満載。  ・GP02  ジージェネではおなじみのバランスブレイカー(爆)今作品ではノーマル02から2種類の02に開発が可能です。1つはアトミックバズーカver。もうひとつはビームバズーカとミサイルを装備したver。ミサイルが非常に使いやすく、ハロポイントも稼ぎやすいので2種類とも手元に置きたいところ。ノーマルverがビームサーベルでしか戦えないのでレベルは上げづらいかもしれないが、パーツで補いつつ育てていこう。  ・ジムⅢ  ジムⅡの発展系。これまでの平凡な性能ではなく、ガンダムクラスとでも相手ができるくらいのポテンシャルを備えているので、多少前に出しても活躍ができるはずだ。なお、ジム系はまだ先がある。