モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

ジージェネスピリッツ、プレイ中 その12

 引き続き、自軍で使用可能なキャラクターについて触れていきます。今回は第2部で加入してくるキャラクターについてです。第2部は全体的に難易度が高く、長期戦になりやすいので、ある程度O軍が充実してきてからプレイするstageが多いと思います。その分、キャラクターやユニットの性能や素材が濃いものが多いのも特徴です。    ※能力値限界について  (前回でも触れましたが)能力限界とは、LV99時点の射撃~整備までを足した数だそうです。どの能力が高くなるかは各キャラそれぞれ傾向がありますが、ある程度ならばセーブ&ロードで対処できます。ちなみに能力限界値の限界値は457。この数値に達しているキャラは調整せずとも魅力以外の全ての数値がMAXまで成長します。つまり超優秀キャラにしてトップエース候補なのです。今回のキャラ紹介も能力限界値を参考にしてみていきます。  

 ・0083  全シナリオの中でも屈指の難しさを誇るstageが多い0083なのですが、キャラクターはわりと平凡?特徴的なのはバニングが覚醒する、ということくらいです。ちなみにコウはやや早熟派。単純な能力値では、最後までガトーには勝てません(爆)  ・宇宙の蜉蝣  stageが少ない分、加入キャラも少なめ。シーマはトップエースほどではないにしろ、エースクラスと渡り合えるほどの力まで成長する余地あり。  ・Z  アムロ、クワトロ、カミーユがずば抜けています。1stで未入手の方はこちらで入手しても良いでしょう。必要ポイントこそ1stよりも低いものの、難易度が高いため入手が難しいところは変わらずか?  ・ZZ  非常に能力値の高いキャラクターが多い。ルー以外はトップエースに名乗り出ることが可能なほどに能力値が上がる。特に序盤で加入するキャラやマシュマーは、人材不足の序盤で非常に重宝するはず。ZZ自体は難易度が高めですがstage1・2ならば序盤でも突破可能なので、是非プレイして加入させてください。  ・逆シャア  stageが少ないため人数は4人。メカニック向けのキャラが意外と少ないため、序盤で加入可能なアストナージは地味に重宝します。  ちなみにアムロ・シャアをこの逆シャアで初めて入手すると、能力限界値が1stやZで入手した時よりも下がります。つまり、能力値MAXにすることができなくなる、ということです。このように、複数作品で獲得可能な原作キャラクターは、時代が古い方の作品で加入させた方が、最終的には強くなります。  ※但し、トビアは例外。  ○宇宙の蜉蝣 stage3  最終stage。シーマにとって、もはや意地でしかない戦いが始まります。  まずは前哨戦。  リリー・マルレーンとゲルググMx3でコウのGP03Dを倒せというお話で、なかなか無茶です(笑)思わず数ターンなにもしないでターン終了、イベント発生で終了しないかな、と身構えました(爆)  とはいえ03Dには死角が存在します。そこにゲルググを潜り込ませて攻撃するのです。潜り込むまでに攻撃を受けるでしょうが全て回避。1機くらいの犠牲は覚悟しましょう。背後に回れさえすれば、あとはただ、斬って殴ってある程度HPを減らしましょう。撃破しなくてもクリアになります。  そして本編は0083同様、阻止限界点での三つ巴の戦い。  敵はジオン艦隊、第3勢力はコウの03Dのみ。  自軍勢力の全滅以外にゲームオーバー条件が無いので、制限ターンなどを気にすることなく攻略が可能。 ですが、自軍勢力では03Dはともかくノイエジールには対抗できないのでO軍支援が不可欠です。    攻略法ですが、まず03Dを撃破しましょう。やりかたは前哨戦同様、背後に回り込んでの接近戦でOKです。O軍が強力ならば同面にいるムサイは囮にしてしまいましょう。おそらくゲルググ全機で03を攻撃すればムサイの撃墜は免れるはずです。  この後ですが、ノイエジールが気になる方は2面のサラミスを3面に移動させ、自軍を集結させます。ノイエジールは他の敵よりも早めに自軍へと移動してくるので、数隻と共に3面へと突っ込んできます。そこを攻撃すれば、わりと容易に撃破可能です。言うまでもないのですがノイエジールにビーム兵器は厳禁です。パイロットのガトーの能力が高いため、中途半端な攻撃はかわされる可能性すらあります。援護・支援攻撃をフルに使い、1ターン内で撃破してしまいましょう。長引けばMAP兵器や後続到着でこちらが不利になります。ノイエジールさえ撃破してしまえば、あとは散発的に向かってくる敵機を撃破すればOKです。  短期決戦を望む方やO軍戦力に自信がある方は、2面へ全軍を集結させましょう。そこで散発的に移動してくる敵機を撃破するのです。マップ移動を妨害することで、移動してくる敵機を制限することも可能ですので、調節も可能です。強敵ノイエジールも自軍が落ち着くまで1面でウロウロさせておけば、難易度はグッと下がりますので(笑)  ○Z stage2  これまたZシナリオではおなじみのジャブロー降下作戦です。  今回はいきなり降下後の戦いです。味方機は少なく、かつ密林の中を進まねばならず移動力の点で苦しむことになりますが特に問題はないはずです。  勝利条件or敵を全滅させた場合でイベントが発生。MK-Ⅱとリックディアス隊と百式が強制移動させられ、制限ターン以内にゲストユニットをアウドムラへ移動させればクリアです。  イベント発生後は制限ターンが設けられていますが、発生前はターン制限はない。プラチナランクを狙うならば、イベント発生前にハロランクを多めに稼いでおきましょう。敵機は川を挟んでいくつかの森林地帯に配置されているので1カ所ずつ片づけていくことができるはず。O軍に空中対応(飛行可能)機体を用意しておくと、撃破がスムーズに進む。ジェリドのマラサイらが出現する場所は飛行可能ユニットでないと移動できないので注意。  発生後は、ひたすらアウドムラへ移動することになります。  百式(クワトロ)らリックディアス隊は、3機が固まってアウドムラを目指しましょう。基本的にあまり余裕がないので、多少のダメージは覚悟の上でどんどん進みましょう。移動力で百式が少し先行しがちなので、敵機HPを削る役目を担えると楽に進める。もちろん撃破してもいいが、リックディアス用に数機残しておくと、ボーナスステップで移動数が上がりターンが短縮できますよ。  Mk-II(カミーユ)はイベント発生後、少し遅れて出現する。こちらは移動力こそあれ、距離もあるので時間はかなりギリギリだと考えましょう。基本はボーナスステップで移動力を稼ぎたいので、まず敵機の内1機のみに反撃し、PP(プレイヤーフェイズ)で撃破→ボーナスステップ→別の1機のみに攻撃を集中・・・の要領で、移動しながら反撃していくと思います。余裕があるなら、O軍機体を向かわせるのも手です。もっともO軍機体を向かわせられるほどの余裕があるならば、敵軍全滅でのクリアを選んだ方が実は楽です(笑)    O軍ですが、地上の敵の処理をすることになります。マップ右部から左部のアウドムラ付近に移動、アウドムラに近づく敵機を迎撃していきます。  元から配置されている敵はアウドムラ周りのトーチカ、さらには増援でジムスナイパーやSFSつきハイザックジムキャノンなどの敵が、アウドムラに攻撃を仕掛けてきます。放っておくとアウドムラが沈むので早い段階で撃破してしまいましょう。  ちなみに(特にカミーユ機は)地上に出てからアウドムラまでギリギリの場合が多いです。地上の敵機を残量少しで残しておいて、ボーナスステップのカモにさせておくとゆとりがでてきます。  ○08小隊 stage2  08小隊シナリオ最終stage。stage1でもそうでしたが、O軍無しではクリアがとんでもなく難しい構成になっております。なんつったってEZ-8しか自軍いないんですもんえっ    まずは前哨戦。量産型ガンタンクを守りつつ、ノリスを撃破していく展開になります。  前哨戦ではありますが、S登録が可能です。といってもジムヘッドか陸戦型ガンダムなので、既持ならば気にせずにクリアしてしまいましょう。ちなみにジムヘッドは陸戦型ジム陸戦型ガンダムで設計可能です。  S登録するならば、左上のカレンジムヘッド(サンダースの陸戦型ガンダム)のいるほうへ全体を集合させるように移動させる。少々危険ではあるが量産型ガンタンクのキャノン砲で削ったあとビームサーベルでザクを倒していくのが確実。敵を撃破していけばテンションが上がり、超強気になれば一発でザク、ドムは倒せる。あとはEN切れに注意すればOK。  ある程度敵機を撃破していけばノリスが近づいてくる。ノリスは強敵なので08小隊全てを動員していきましょう。確率は低いですが量産型ガンタンクのキャノン砲も活用すると、時間短縮が可能になるかもしれません。ちなみにノリスのグフCに接近戦を挑むのはリスキーなのでミサイルランチャーなどで確実に削っていきましょう。全機を1機で撃破するとSになる(はずです)    本編  Ez-8がMAP中央で孤立しているのでO軍と早めに合流したいところです。なんつっても自軍は彼のみ、当然敗北条件に関わってきますので大きな負担はかけたくないところです。  シローはそこそこ強いが囲まれると危険。特にジムスナイパーの狙撃(MAP兵器)は天敵。邪魔ならさっさと潰すべし。  楽にクリアしたいなら連邦とジオンが削りあってもらえるように、左右どちらかに退避していよう。逆にハロランクを少しでも上げたいなら両軍とも相手をすること。  基本的にジオン側の方が個々の性能で勝っているので、先にジオン軍を叩いておいたほうがバランスは保てるかもしれません。但しジオン側のアプサラスⅢが動き出すとバランスが一気に崩れます。なのでぐちゃぐちゃになる前に、できるだけ残りの敵機を撃破しておきましょう。O軍の戦力にもよりますが、序盤、EZ-8をうまく逃がせるところまでがこのstageの難しいところ。そこさえ乗り切ればつぶし合う2大勢力の漁夫の利を得ることができますよ。  ○管理人のお気に入り&注目機体  ・クロスボーンX1  待ちに待った海賊ガンダム。機体性能・武器性能、アビリティ全て一流の強さを誇っており、1機あるだけで戦力が大きく上がるのは間違いありません。ここからさらに開発が可能なのでどんどん育てましょう。ちなみにこのX1、設計材料としても優秀なので、金銭的に余裕があれば1機余分に購入しておきましょう。  ・ジオング  手に入りそうで、実は手に入りづらい機体。エルメスから育てるか、1stの最終stageで自軍機体(サラミスやボールなど)を‘敵機’のジオングで撃破させて、S登録するという荒技で入手可能。入手した時点で戦力になりうるかどうかは微妙ですが、更なる開発で1軍レギュラーを射止める化け物機体になるので、NT載せて育てていきましょう。    ・ヘビーガン  性能としてはそれほど良い機体ではないのですが、設計や開発素材としては非常に有能です。1機は残しておきましょう。V時代の機体への開発も可能です。  ・ネオガンダム  シルエットフォーミュラ機体の最強機体。圧巻はGバード。Iフィールドすら突き抜けるほどのすさまじい破壊力は、トドメ・援護どれで使っても絶対的な信頼感をおけます。言うまでもなくEN消費量は多いのでOPなどで補強しておきましょう。難点はGバードに代わる、ビームライフルやマシンガンのような通常射撃兵器がないことくらいでしょうか。