モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

BLEACH 207話感想

 浦原さんの、十二番隊隊長就任から始まるサクセスストーリー(笑)  現時点ではちょっと想像しづらい、浦原さんとひよりのかけ合いが微笑ましいキャ思うところがありながらも、平凡なキャラを装う浦原と、苛立ちながらもどこかで新隊長・浦原の事を知りたいと思うひよりの、血で血を争う(?)コミュニケーションは、どこかありふれた風景でもあり、どこか暖かいものを感じさせる。  結局のところ、本当に相手のことが知りたければ、心だけではなく、肉体でも相手を感じあいながら誤解と納得を繰り返していくしかないんでしょうねえ。。。  ○名言  「下の者の、気持ちは汲んでも顔色を窺ったらアカン」  平子の名言。そう、リーダーはかくあるべし。  上に立つ者は、結局最後は一人ぼっち。決定権が自分にある以上、どれだけ悩んだり意見を聞いたりしても、最後は自分が決めなければならない孤独な立場。  そこに対してのアプローチは人それぞれでいいのだろうけど、自分が決めなければならないという項目は変わることはない。それを重みと感じるか、好きにできることを楽しむかは人それぞれ。結果はともかく、その過程において普通の人なら立ち止まるであろう‘権力の壁’を取り除くものを持っているのだから。  ○その他  ・曳舟さんとやらは、どこかで登場するのだろうか?ちょっと気になる存在。  ・平子と藍染、だましあいの駆け引きは続く・・・  ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック! 素晴らしい すごい とても良い 良い  

BLEACH 新隊長天貝繍助篇 5 【完全生産限定版】 [DVD]劇場版 BLEACH Fade to Black Original SoundtrackBLEACH バーサス・クルセイド ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ TREview