モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #22「未来のために」感想

 多分、これが本当に最後のドラマパート。  あとは、ただ戦うのみ。  ○will  正直、Aパートで十二分に満足してしまったhikariそれくらいCBの想いが凝縮されていて、もう本当に言うことがないくらい。  印象的だったのは、より天上視点から決意を語るマイスター3人に対して、個人の視点でありながらCB・世界全体の決意と方向性を指し示した刹那の言葉がクルーに(特にスメラギとフェルトに)響いたこと。    未来のために  変わらなければ未来と向き合えない    もう一度CBが1つの運命共同体として戦っていこうという決意であり、「イノベーターから解放する」「僕たちのような人間を二度と・・・」「連邦を打倒する・・・」という‘それぞれの目的で同じ場所を目指す’個々の戦いをするのではなく、マイスターも、ピーリス(マリー)も、沙慈も、クルーみんなも、目指す形は1つなんだという想い。  願いという、ミクロ視点からスタートした刹那の想いが、(結果はともかく)きちんとした着地を果たした瞬間であり、イノベーターとしても、人類の変革を指し示す超天上視点にまで広がったと言えるかも。  そして、CB全ての想いを集約する言葉が生まれたことは、スメラギにとってもうれしかったはずだし、CBを「私の家族」と思い定めているフェルトにとっては最高の贈り物になったと思う。フェルトが刹那に花を贈ったのは、自分とみんなが一緒であることの意思表示、刹那への感謝の気持ちであって、ニール→刹那へ移り変わったわけではないはず(?)  予断ですが、刹那とマリナって、当人たちがどう言っても周囲には想い人同士ととられてたのね(笑)  ただ、これ怖いのは、想いを託したフェルトに死亡フラグの影が・・・ラッセも危ない気配があるし、う~む、素直に喜べない(・・;)次回は悪夢の#23なのがさらに気にかかる(ファーストシーズンの#23でニールロックオンが散ったことは記憶に新しいところ・・・)犠牲無しでいけるとは思っていないけど、ここまで生き残ってきたメンバーなだけに完遂してほしいなあ(願)  ○新装備  セラヴィーはきちんと見分けられなかったけど、4機のガンダムが強化形態グッド!  待望のアリオス一撃必殺武装  ケルディムにV2バスターキャノン(違)  00に新型のイデオンソード(違)  さらにさらに0ガンダムまで出てくるとは・・・まさしく総力戦。強化形態verプラモ化しないかな  ○その他  ・刹那VSグラハムは割りと一瞬で片がつきましたね。トランザムというパワーアップモードだけでは刹那&トランザムライザーは越えられないし、何よりパイロットの深奥の差が出た結果。グラハムさんがCBとして戦ってくれることを期待(ビリーは・・・越えられるかな?)  ・マイスター3人が表明した決意とは別に、深奥に根ざしているよりミクロな想いがあって、むしろその想いの方が戦う理由として大きなウェイトを占めているのが改めて浮き彫りに(アレルヤ×マリーに一応の終着点が見えたのは大きいけど、ティエリア・ライルにはもう一波乱ありそう)  ・マネキン、コーラサワーが満を持しての反乱(*゜▽゜ノノ゛☆散々ガンダムに苦しめられてきた二人(特にコーラサワー)がガンダムと共に戦うとは、時の流れは怖いっ。  ・イノベーター、残りは数人と思いきや、なんだあの数は(驚)スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃のクローン軍団かっ、と画面に突っ込むワタシ(笑)  ・そしてリジェネも反乱。ただ射殺されたリボンズは、次回予告で普通に顔出していたので生存は間違いないかと。さらに言えば、リボンズの人格はヴェーダと一体化している危険性も(だからリボンズがいくらでも生み出せることのできるという不死の肉体?状態・・・)  ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック! 素晴らしい すごい とても良い 良い

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4 [DVD]機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 4機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(1)天使再臨 (角川スニーカー文庫) ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ TREview