モーション・グリーン

2018年年初目標の読破300冊を達成し、最終334冊!2019年も読みまくる!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2009年読破本40】機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(1)

 

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(1)天使再臨 (角川スニーカー文庫)

 

 

セカンドシーズン第一巻。

 

再びCBが始動するのだけど、敵方の技術や武装が充実してきたせいで、しばらく苦戦が続く。

 

そのうえキャラクター同志の絡みが怒りや憎しみ、戸惑いに包まれていることが多く、(いわゆる)鬱展開少し手前の息苦しさが、ここまでの罪と罰の重みを感じさせる。

 

ライルを巡るしこりやややこしさがあるせいで、なんだか大丈夫か?な雰囲気が漂っているのも、この時期の特徴か

(ライルをみて動揺するフェルトがまた泣かせるんだなあ)

 

 

 

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(1)天使再臨 (角川スニーカー文庫)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(1)天使再臨 (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 木村暢,米山浩平,海老川兼武,柳瀬敬之,羽音たらく,矢立肇,富野由悠季
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/03/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 4人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (22件) を見る
 
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(1) 天使再臨 (角川スニーカー文庫)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(1) 天使再臨 (角川スニーカー文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング