モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【2009年読破本145】覇者の決まる日

覇者の決まる日 (新人物文庫)
覇者の決まる日 (新人物文庫)

 戦国最後の?戦い、関ヶ原合戦。その攻防の裏に隠された切り札「大砲」開発、そしてその争奪戦を描いた歴史小説

 今で言うところの、大口受注を巡る、製造業者の「大砲」扱い獲得戦争。(今で言う業者の)各鉄砲鍛冶のビジネス営業活動や、技術闘争の暗闘など、結構スリルがあり、かつ現代に通じるところが多々あり。なかなか珍しい観点の小説で楽しめたのですが、結末がちょっと安易(笑)

 ちなみにこの小説だと大砲は家康方に渡るけど、関ヶ原の戦いにおいて、大砲は徳川方だけではなく石田方も使用したのでは?(というか、石田方の大砲使用の方が有名だけど・・・)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ