モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【2009年読破本209】服部半蔵

服部半蔵―家康を支えた諜報参謀 (PHP文庫)
服部半蔵―家康を支えた諜報参謀 (PHP文庫) 寺林 峻 Amazonで詳しく見る by AZlink

服部半蔵。この名前聞くとどうしてもアニメやらゲームやらで聞く姿(忍び衣装)を思い出す方は多いことだろう。ただ、この半蔵、史実で実在した徳川家康の配下武将であり、武功優れる勇将だったのだ。とはいえ、情報収集や謀略にも秀でていた向きもあり、この人物が何者であったかは、色々解釈があるようだ。

本書は忍者ではなく、武将でもない、諜報参謀という新たな半蔵像を描いた1冊。とはいえ、半蔵は“諜報参謀”見習いとして家康に鍛えられる展開なので、家康が半蔵よりはるかに諜報に精通しており半蔵が引き立たない(そして諜報と武将の道とで揺れ動くことが多く、物語後半近くまで腰が落ち着かないのもマイナスポイント)そして後年になっても半蔵が秀でてくるシーンが少ないので中途半端感は否めない。二つの道を悩みながら進む半蔵というコンセプトにした方が良かったのでは、という気がするなあ。

服部半蔵―家康を支えた諜報参謀 (PHP文庫)
服部半蔵―家康を支えた諜報参謀 (PHP文庫) 寺林 峻 Amazonで詳しく見る by AZlink

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村

本・書籍 ブログランキングへ