モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2010年読破本29】あるじは信長 2010年 2月 8日 (月曜日)

あるじは信長

 

 

 

「自分は悪くない」

「信長が悪いのだ」

 

希代の天才であろう信長に関わることで、良くも悪くも運命を変えられてしまった人々をめぐる短編集。

 

重い内容が多いにも関わらず、小物(?)の方々の描写がコメディチックなので、気軽に読みほどけるのが特徴。

 

とはいえ、自分に置き換えれば非常にリアル。

人事だと思えない、と感じてからは恐怖が・・・

 

あるじは信長

あるじは信長

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング