モーション・グリーン

ブログ開設10年を突破!マイペースで読破本とか特撮(仮面ライダー)とかアニメとかドラマとか。

2010年6月読書のまとめ

 6月の読書状況を確認しましょー  6月の読書メーター 読んだ本の数:16冊 読んだページ数:4053ページ  5月よりは、量・質ともに増えましたね。  先月から読み進めていた天地明察を読み終えたことで、何かステップアップしたものを感じた1ヶ月でした。とはいえ、あとは実践しなければ本当に活かしたとはいえない。さあ、ここからです。   BLEACH―ブリーチ― 45 (ジャンプコミックス)BLEACH―ブリーチ― 45 (ジャンプコミックス) いよいよ大ボス・藍染との決戦開始ですね。ただ、連合軍の切り札・一護が実力だけではなく、気持ちでも呑まれてるのがイヤな予感。鏡花水月の万能さに呆然とする一方で、そもそも鏡花水月って何?と何だか解らなくなる今日この頃・・・ 読了日:06月04日 著者:久保 帯人
こちら葛飾区亀有公園前派出所 170 (ジャンプコミックス)こちら葛飾区亀有公園前派出所 170 (ジャンプコミックス) さすがに改名は強引だろ・・・と思うのですが、まあ定着すれば、ね? 読了日:06月04日 著者:秋本 治
放課後の王子様 1 (ジャンプコミックス)放課後の王子様 1 (ジャンプコミックス) ある意味本編の‘サブカルチャー’笑える話し満載です。個人的にはコミュニティ結成話しがツボ。「実は僕が一番楽しみにしてます(笑)」という原作者コメントが、全てを物語ってます。恐るべしテニプリ。 読了日:06月04日 著者:佐倉 ケンイチ
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 公式ガイドブック (SE-MOOK)ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 公式ガイドブック (SE-MOOK) もうクリアした方は多いはず。でもクリアした後でも広野が広がっているだけに、何を目指したらいいの?に応えてくれる1冊。ただ、ランクSSに関しては次巻らしい・・・ 読了日:06月05日 著者:
天地明察天地明察 世界を繋ぐことの過酷さ、重要さ、そして何より挑むことのすばらしさ。自分のことだけやっていればいいと、己を狭くしてしまう全ての方々へ贈りたい1冊。「今の自分は?」「明察」と呼べるまで何度も読みたい本です。 読了日:06月06日 著者:冲方 丁
魏延 (PHP文庫)魏延 (PHP文庫) 前半こそ韓信の生まれ変わりという要因で暴れん坊から名将?へと変貌を遂げておきながら、晩年は暴れん坊に逆戻りという、どうも主人公が落ち着かない1冊。孔明との対立や、孔明亡き後の暗殺の真相など注目要素は多々あるのに・・・韓信の生まれ変わり要素など、義延への救済措置?を取り入れたのに活かしきれていないのも残念。 読了日:06月10日 著者:桐谷 正
龍馬暗殺 最後の謎 (新人物文庫)龍馬暗殺 最後の謎 (新人物文庫) 単行本の文庫化、にもかかわらず実証性と説得力に対し、古さを感じさせない1冊。龍馬周辺の証言はもちろん、暗殺当日前後の天候にまで視点を置くその周到さには、ただの読み物以上の見習うべきものを感じる。個人的にはこの1冊で大筋のなぞは解けたのでは?と思うのだがいかがだろうか・・・ 読了日:06月15日 著者:菊地 明
小説すばる 2010年 07月号 [雑誌]小説すばる 2010年 07月号 [雑誌] 【楊令伝】最終回・・・なのだが、えーーーという結末。事前に続編(水滸伝から行くと続々編)を知らなかったら、相当ショックだったろうなあ。落ち着いたら何度か読みつつ続きを期待しよう・・・ 読了日:06月17日 著者:
伊達成実 (PHP文庫)伊達成実 (PHP文庫) 結構燃える1冊。昨今は政宗よりも小十郎が人気とのことだが、この成実も忘れちゃいけない人物の一人。猛将としての戦いぶり、五体不満足になった苦悩などヒーロー要素満載、久しぶりにノンストップで読みきるほどのおもしろさだった。 読了日:06月19日 著者:近衛 龍春
仕掛力 (PHP文庫)仕掛力 (PHP文庫) 売れない時代のためのアイディアが詰まった1冊。「知ってるよ~」なものから「へ~」と唸ってしまうものまでたくさんのネタあり。項目がダーッと列挙されているので実例など詳細は薄いのでご注意を。純粋に要素・材料が欲しい方向けです。 読了日:06月20日 著者:村松 美尚
ビジネス・インサイト―創造の知とは何か (岩波新書)ビジネス・インサイト―創造の知とは何か (岩波新書) 非常におもしろい反面、取り上げている「ビジネスインサイト」「創造の知」が備わっていないと、わけがわからなくなる1冊。ただ、成功事例をより深く洞察すること、過程を細かく検証すること、そして自身で組み立てることの重要性を、改めて感じた。もう少し成長してから読みたいなあ。 読了日:06月22日 著者:石井 淳蔵
その時歴史は動かなかった!? (PHP新書)その時歴史は動かなかった!? (PHP新書) タイトルで吹き出してしまった1冊。指摘の正しさはさすがであり、結果ありきの歴史評に対し、きちんと過程から追う姿勢は読んでいて爽快。あと、後半で、結局NHK批判になっているのはやや興ざめ。 読了日:06月24日 著者:鈴木 眞哉
新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (10) (角川コミックス・エース 148-10)新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (10) (角川コミックス・エース 148-10) ここ数巻の流れを汲んだ感じ。そろそろエロネタをオチにするのは飽きてきた気がするけど・・・地味にシンジが万能キャラへと変貌しつつあるのが楽しみ。 読了日:06月24日 著者:高橋 脩作
東北戦国志 (PHP文庫 ま 37-2)東北戦国志 (PHP文庫 ま 37-2) 作家の神髄を感じた短編集。取り上げているテーマ・魅力的な登場人物・そして読者に感じさせる展開の妙。味わいのある短編で、読んでて圧倒されました。 読了日:06月26日 著者:松本 清張 南條 範夫
命もいらず名もいらず_(上)幕末篇命もいらず名もいらず_(上)幕末篇 上巻(しかも幕末篇)の割には、幕末まで進まなかったなあ。とはいえ、他者との距離感・自分の軸の作り方・己の内面を見つめる日々、など現在の私たちが考えるべき(考えてはいるけど目をそむけている)要素が満載で、何度もうなずきながら読んでました。後篇は歴史の表舞台にたつ鉄太郎(鉄舟)こりゃ、一気に読みきらなければ・・・ 読了日:06月27日 著者:山本兼一
グーグルに勝つ広告モデル (光文社新書)グーグルに勝つ広告モデル (光文社新書) 2年前の1冊だけど、色あせない観点ばかりで、チェックしまくりです。タイトルで誤解しがちですが、別に対グーグル対策の本ではなく、現代のマスメディアに対する分析と提言が中心の本です。その分析が秀逸すぎて、目からうろこでした。メディアはもちろん、それらを利用するクリエイターやマーケッターは必読です 読了日:06月28日 著者:岡本一郎
読書メーター ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ↑投票受付中です。