モーション・グリーン

2018年年初目標の読破300冊を達成し、最終334冊!2019年も読みまくる!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2010年読破本120】名臣伝

 

名臣伝 (双葉文庫)

 

 

徳川御三家の一つ、紀州藩創設時の名臣たちを取り上げた短編集。

 

戦国乱世と太平の世の狭間の中で、腕っ節だけでもなく、実績だけでもない、本当に大切な根っこのものを持ち続けた、漢の生き様を見せられた気がする。

 

主君・頼宣は、家康にも認められた戦国武将気質の荒々しい殿様

きっと、もう少し早く生まれていれば!なんて思いながらスゴしていたんだろうな。

 

そんな殿様を支えた名臣たちのいぶし銀。

引き立ちすぎて、主君・頼宣のやんちゃぶりは大丈夫?と気になった(爆)

 

 

 

 

名臣伝 (双葉文庫)

名臣伝 (双葉文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング