モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2010年読破本198】鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト (富士見ファンタジア文庫)

鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト (富士見ファンタジア文庫)

 

ようやく一歩を踏み出したレイフォン

世界と向き合うニーナ

己の使命を見いだしたフェリなどなど、

結構前向きに回転しだした第七小隊。

 

基本、この作品のキャラクター、みんな鈍いので(爆)、動き出すだけで心躍る(笑)

行動も、単なる恋愛模様から少し大人へと脱皮してきて、ようやく大きな世界への挑戦権が得られたのかもしれない。

 

まだまだ謎だらけの世界観なのだけど、大枠の方向性はだいぶ絞られてきたので読みやすくなった(嬉)

タイトル通りで行くと、次は夏、そして秋、そして冬・・・

レイフォンらにとっては雌伏の1年になりそうでだ。

 

 

鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト (富士見ファンタジア文庫)

鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト (富士見ファンタジア文庫)

 
鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト (富士見ファンタジア文庫)

鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト (富士見ファンタジア文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング