モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2010年読破本201】織田有楽斎

小説 織田有楽斎 (学研M文庫)
菅 靖匡
4059012645

 織田信長の弟、そして茶将として(東京 有楽町の地名元として)後世に名を残した有楽斎の生涯を描いた歴史小説

 芸術家としての才能を信長に見いだされた辺りはなかなか面白かったけれど、その後は芸術・武将・人格者のどの観点に置いても中途半端感がぬぐえない1冊だった。芸術家(茶道家)だけではなく、武将としても戦歴高いお人なのに・・・

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ