モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【2011年読破本142】ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち

ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち (ソフトバンク新書)
ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち (ソフトバンク新書) 本田 透

Amazonで詳しく見る by AZlink

 論調(口調?)が気に触るが、要素は非常におもしろい1冊。美化されている三國志の世界を、ネット用語やらイマドキ(?)事例を交えて「実際はこんな感じだった」表現で解説。言われてみるとナルホド確かにそうかも、という所もチラホラ。

 特に蜀が漢(国)を名乗ったことは、国の乱立化を招き、混乱を助長した、という論には頷けるモノがある。

 ただ、随所で妙なうんちくが炸裂する展開は、さすがに言いたいことを言い過ぎ(笑)と突っ込んでしまった。この手の本は好き嫌いがホントに分かれる・・・

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ