モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2011年読破本186】江の生涯―徳川将軍家御台所の役割

江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)

 

 

徳川二代将軍の妻・江に関する研究本。

 

二度の結婚・死別と別れ、三度目の結婚は姉さん女房、などなどエピソードに事欠かない江だが、意外に史料上では、謎の部分が多いらしい。

本人直筆の書状が(この時点で)一通しか見つかっていない、というのは特に驚いた。

 

本書では少ない史料と、時代背景・慣習・考え方に推測を交えて、江の定説を丹念に検証している。

初めての結婚・佐治一成に関する疑問や、江の実子に関する真説など結構大胆な展開と、(推測や状況証拠が多いが)ある程度の根拠を示しての説明は引き込まれるおもしろさ。

 

大河ドラマをきっかけにして登場人物の研究が進むのはよくあること。

江に関してはさらなる研究が進んでくれることを期待したい。

 

 

江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)

江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング