モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

☆【2011年読破本206】魔将軍―くじ引き将軍・足利義教の生涯

魔将軍―くじ引き将軍・足利義教の生涯 (双葉文庫)
岡田 秀文
4575663867

 「くじ引き将軍」

 「万人恐怖」

 そして最期は「将軍犬死にか」と揶揄された、破壊者にして改革者・足利義教を描いた歴史小説

 衰え始めていた室町幕府を謀略と武力で立て直し、増大した権力を持って敵対勢力を排除し続けた生涯は、まさに後年の織田信長を想起させるすさまじさ(とはいえ本書のオビ「信長も秀吉も家康もみな、この男の真似にすぎなかった」はさすがに言い過ぎ)。

 しかし苛烈な一面だけではなく、明確な国家観を持ち、リーダーシップを発揮していった、優れた為政者としての一面は評価しなければならないだろう。義教のような破壊者がいなければ(元々絶対的な権力を持ちづらい)室町政権はもう少し早く崩壊していてもおかしくはなかった。ただ、その破壊から再生は生まれることがなかった、というだけのことなのだから・・・

 また、最期に至るまでの、幼少時の屈折した感情や、他者を信じ切れない孤独さなど義教のバックボーンがきちんと描かれているのも好印象。分量は多いながらも、最後まで義教の生涯を見守り続けることができる力作である。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ