モーション・グリーン

読破本・特撮(仮面ライダー)・アニメを取り上げるブログです。

【2011年読破本224】小太郎の左腕

小太郎の左腕

 爽快感があるものの、物語の深みとしてはやや物足りない1冊。

 武将としての役割と、己の生き様との間で苦悩していく大人たちと、純粋であるが故に利用され、傷つきながらも、神の左腕を使っていく小太郎の切なさが交差する、重いテーマが内包されている・・・のはわかるのだけれど、快男児ばかりだからか、ライトな書き方だからか、盛り上がりにやや欠ける。まあ、実際、こんな天才狙撃手がいたら、相当やっかいだっただろうなあ、とは思うのだけれど・・・

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ