モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2012年読破本68】機動戦士ガンダムAGE アウェイクン 2巻

機動戦士ガンダムAGE(2) アウェイクン (角川スニーカー文庫)

 

第一部・フリット編完結。

 

前巻に引き続き、アニメ以上のすばらしい出来映え。

特にディケとエミリーの切なくも力強い描写が非常にいい味を出している。

それが終盤のフリットが二人に思いを預けるシーンにつながり、思わずウルッとくる展開へ・・・

 

エミリーがフリットに告白したり、

ユリンがなぜデシルに付いていったかを理由づけたり、

そしてアニメでは単なる異能力扱いのXラウンダーが、人と人とが感じあえる可能性を持っていることを見せてくれたり、

ラストバトルがめちゃくちゃ燃える展開だったり、と。。。

 

とにかく、補完としても、ノベルズ版としても、唯一無二の存在になりうるシリーズになってきたことを予感させる1冊。

 

アニメの展開じゃ納得できない、そんな声をあげる前に読んでもらいたい。

 

 

機動戦士ガンダムAGE(2) アウェイクン (角川スニーカー文庫)

機動戦士ガンダムAGE(2) アウェイクン (角川スニーカー文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング