モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2012年読破本121】古戦場 敗者の道を歩く

古戦場 敗者の道を歩く (講談社+α新書)

 

 

「敗者の道を歩く」という本のタイトル通りの1冊。

 

滅ぼされた大名の城や、敗戦の原因になった戦場など、歴史のターニングポイントとなった場所。

実際に著者が現地を廻っただけあって、臨場感あふれるレポートと、実際の雰囲気と風景を見ることが、どれだけ歴史の理解につながるかを感じさせてくれる。

 

各場所の歴史紹介については広く浅く触れているだけなのが残念。

せっかくだからもう少し踏み込んだ内容も欲しかった。

 

 

古戦場 敗者の道を歩く (講談社+α新書)

古戦場 敗者の道を歩く (講談社+α新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング