モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2012年読破本148】楊令伝感想

楊令暗殺.

前作最大の事件。犯人の欧元の背景が明らかに。

小説すばる 2012年 08月号 [雑誌]

小説すばる 2012年 08月号 [雑誌]

 

 欧元はそもそも偽名と言うより‘本当に’欧元だったのか、そりゃ疑いようも無いなあ。という謎解きはありつつも王貴に、王清、そしてチョ律にも青春の?春が・・・。

 

王貴と岳飛が面識を持ったことで(兵糧という、形を持った結びつきで)梁山泊と岳飛はまた1つ、つながりをもった。それが南宋の謀略が発動した時、どう動いていくのだろうか?

 

そして南の秦容の開拓地は、いつものまにか梁山泊セカンドハウス(退職者再雇用場)になってる(笑)

 

 

小説すばる 2012年 08月号 [雑誌]

小説すばる 2012年 08月号 [雑誌]