モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2012年読破本152】鋼殻のレギオス21 ウィンター・フォール 上 (富士見ファンタジア文庫)

 

鋼殻のレギオス21 ウィンター・フォール 上 (富士見ファンタジア文庫)

 

予期された“敵”が現れた。

 

苦戦はするだろう、みんな生きてはいないかもしれない。

なんかそんな雰囲気は流れていたが・・・

 

いざ、現れると、天剣が当たり前のように散っていく

もはや異次元バトルすぎて、読んでる側の測定感度がマヒしてる。

 

この手の作品って、強さを把握したり、勝つすべを考えたりするもんだけど、見守るしか出来ないわ、コレ(汗)

 

ハイア・クララが天剣なのが違和感だなあ、アイツラこの前までレイフォンと闘ってたり、学園生活満喫してたじゃん(苦笑)

あ、これも感覚マヒの影響か・・・

 

さて、世界存亡の危機にレイフォンが参戦。

もはや、拠り所であった強さを求められない戦場で、彼は何をしようとしているのか・・・

 

 

鋼殻のレギオス21 ウィンター・フォール 上 (富士見ファンタジア文庫)

鋼殻のレギオス21 ウィンター・フォール 上 (富士見ファンタジア文庫)

 
鋼殻のレギオス21 ウィンター・フォール 上 (富士見ファンタジア文庫)

鋼殻のレギオス21 ウィンター・フォール 上 (富士見ファンタジア文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング