モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2012年読破本183】るろうに剣心 ─銀幕草紙変─ (JUMP j BOOKS)

るろうに剣心 ―銀幕草紙変― (JUMP jBOOKS)

 

 

和月さんと二人三脚な黒崎さんが描く、キネマ版のるろ剣小説。

 

実写映画の脚本用に書かれたものが基になっているところは、マンガのキネマ版同様(ただ刃衛の掌の設定など、どちらかというとマンガの方が内容・展開は近い)

 

剣心が神谷道場(薫)に「ただいま」と言うまでを密度濃く描いているので、原作読んでた方でも違和感なく読めるはず。

(おそらく原作の短期連載想定プロットが基になってるのだろう)

 

バトルシーンはマンガには及ばないけど、視点をテンポ良く変えていく人物描写や心理描写は秀逸。

実写からるろ剣を知った方はもちろん、原作を知っている方でも、るろ剣世界を一層深く味わえること請け合いだ。

 

るろうに剣心 ―銀幕草紙変― (JUMP jBOOKS)

るろうに剣心 ―銀幕草紙変― (JUMP jBOOKS)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング