モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2012年読破本226】カンピオーネ! 4 英雄と王 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

 

 

カンピオーネ!〈4〉英雄と王 (集英社スーパーダッシュ文庫)

カンピオーネ!〈4〉英雄と王 (集英社スーパーダッシュ文庫)

 

 

今巻の相手は英雄ペルセウス。

さらに、アテネ再び。

さらに(別の場所で)ハタ迷惑なドニ・トラブル(笑)

 

多極的な戦いが繰り広げられていく、護堂にとっては文字通り身体を張った戦いが続く。

 

ただ、そこらへんが記憶に残らないほどリリアナメイン回(笑)

 

そして、

ここまでの中で最もヒロインしてるのは間違いなくリリアナさんという事実(爆)

 

エリカはまだ明かされていない課程があるし、祐理はまだ自覚症状が薄いし・・・

 

そこらへんのモテっぷりを含めて、護堂の魅力がほとばしるのもこの巻の魅力。

ただモテるだけの草食男子ではなく、いざ戦いとなると、強さとしたたかさと巧みさを織り交ぜた要素が、ニクいほどいい場面で発揮されてるからなあ。今はまだ神殺しとしての魅力かもしれないけど、本質は主人公たるイイ男です!

 

カンピオーネ! IV 英雄と王 (集英社スーパーダッシュ文庫)

カンピオーネ! IV 英雄と王 (集英社スーパーダッシュ文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング