モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【2012年読破本228】ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)

 

 

ソードアート・オンライン1アインクラッド (電撃文庫)

 

 

アニメ化をきっかけにに読み始めたけど、なんとおもしろい作品なのか!

今まで読んでいなかったことをホントに後悔した、久しぶりの大当たりシリーズ。

 

 

ゲームオーバー=現実の死

文字通りデスゲームを生き抜くキリトたちの戦い。

 

時にシビアに、

時に生活観を伴って、穏やかに展開していく。

 

構成の旨さや世界観の見事さもさることながら、とっつきにくい仮想世界の説明がクドくないのが魅力。

 

これまで僕たちの世代に満ちあふれている“ゲーム感”をいい意味で信頼し、共有してくれていることを感じさせる。なんだか無二の親友にあった気分だ(苦笑)

 

また、思考はデジタルでありながら、根っこは泥臭いところがニクい。

人間の根本に重きを置く、その見事なバランスにも脱帽。

 

人気の理由がすごくわかる、すばらしい作品だ。

 

ソードアート・オンライン1 アインクラッド (電撃文庫)

ソードアート・オンライン1 アインクラッド (電撃文庫)

 
ソードアート・オンライン1アインクラッド (電撃文庫)

ソードアート・オンライン1アインクラッド (電撃文庫)

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング