モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2013年読破本16】新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (7) 寂寥の狂詩曲 (上) (カドカワコミックス・エース)

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (7) 寂寥の狂詩曲 (上) (角川コミックス・エース)

 

今巻は「プリペンダー5」と本編続きの2本立て。

 

後半のデュオ視点話がとにかく腹抱えて笑いまくった。

いじめられすぎで、かつハブられすぎのデュオ(爆)

貧乏くじ引きは親子変わらずだなあ。

 

 

それに対して、「プリペンダー5」は、ヒイロとリリーナの絡み以外は、やや完成度低し。

計画練った作戦にしては、みんなあっさり失敗しすぎ(涙)

もう少し二転三転展開が欲しかった・・・

 

ここらへんは流星五人の宿命か。

あまりに情勢に流されすぎる中、リリーナの決断が鮮やかで涙を誘う。

 

ようやく過去と現状がつながり始めたが、決着点は未だ見えず・・・

 

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (7)  寂寥の狂詩曲 (上) (カドカワコミックス・エース)

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ (7) 寂寥の狂詩曲 (上) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者: 隅沢克之,矢立肇,富野由悠季
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2013/01/24
  • メディア: コミック
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング