モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【2013年読破本35】鋼殻のレギオス23 ライク・ア・ストーム (角川ファンタジア文庫)

鋼殻のレギオス23 ライク・ア・ストーム (富士見ファンタジア文庫)

 

暗くなりがちな本編の中にあって、1人気を吐く娘・クラリーベル。

 

彼女メインの短編集、いやー、おもしろかった。

 

久しぶりに学園パートが戻ってきた~とニヤニヤしながら読んだよ(笑)

レイフォン周辺に欠けていた、明るく一途な(バカともいう)娘、いなかったもんなあ。

良くも悪くも彼女がレイフォン争奪戦に加われないだろうな~ということが分かるのが悲しいけれど(涙)

 

ちなみに、この短編集、比較的時間軸がバラバラで、短編ごとの時間経過も一定ではないので、戸惑う危険あり。

また、作品内で出てくる小ネタ(閃光のレイ、とか)は少し前の作品読まないとわからないかも。

 

さらに、最後の短編は、本編と密接にかかわる話なので、意識せずに読み始めると、調子整えるのに時間かかる可能性あり(まあ、最終的には落ち着きますが)

 

本編じゃ貴重な戦力のクララ。彼女がどこにいようとするのか、結構重要。

 

鋼殻のレギオス23 ライク・ア・ストーム (角川ファンタジア文庫)

鋼殻のレギオス23 ライク・ア・ストーム (角川ファンタジア文庫)

 
鋼殻のレギオス23 ライク・ア・ストーム (富士見ファンタジア文庫)

鋼殻のレギオス23 ライク・ア・ストーム (富士見ファンタジア文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング